ソフトンハウス・トップへ
お疲れぷろぐらま
ソフトンハウス製作日記
ソフトンハウスや日々のことを書いています。
ソフトンハウス
サーバー構築・システム開発
コンサル業務を受託しています。
ご興味のある方はお疲れぷろぐらま
までお気軽にご相談ください。
Calendar
<<1月>>
...1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
Blog Parts
にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ
blogram投票ボタン
Messages
隣国にとっての約束とは...
月見バーガーと食欲の秋...
5G
Team Foundat...
SQL Serverフル...
東日本大震災から6年・3...
リスティング広告について...
Windows Serv...
WSUS 4.0...
東京オリンピック 202...
iSPP被災地スタディツ...
Windows 8 イン...
環境構築エンジニアを劣化...
Windows Serv...
Windows Serv...
Windows Serv...
『3.11 被災地の証言...
WindowsXP 80...
風邪をひきました。...
Hub無償提供のお知らせ...
→リスト表示する
Latest Blog
gsoy
第4の携帯キャリア、楽天...
sano3661
年が明けて
asobow
2020年の新スタートは...
kazu
始動
tonton
帰宅後の生活や高齢者の日...
tonton
夫々の年代における体力維...
tonton
内外youtuberの関...
tonton
ダンスや振付について...
[新着順]  [最初] ≪前ページ 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁5件 12/104(519件)
2011/03/31 13:27:12 プライベート♪
雑談
状況。

現在の会社の状況です。

社内の棚や機器類はほぼ復旧が完了しました。

サーバー類は倒れたものがいくつかありましたが、全機弊社製造の機器なので比較的早く復旧しました。

建物自体は頑丈なので壁などに亀裂はありません。

床のマットやエアコンなどは未だズレたままです。

業務も先週からディスクワークを中心に開始しております。

会社の業務の性質と地理的関係から、各地方自治体へIT関連の応援に出向く事が多くなっています。

また、中央からの視察や打ち合わせに参加するなど、私の休日はボランティア中心になっています。

会社の所在地が被災地と隣接しているため業務も支援が最優先です。

自治体の情報系システム保守も行っているため、余震に備える必要があることから、仙台を離れるのが難しい状況です。

それにもまして、ガソリンも被災地優先であるため、他県に比べてガソリンの供給が追い付いていません。

そのため、一部のお客様にご迷惑をおかけしております。

忙しいが何もできない、そんな状況です・・・。

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2011/03/27 17:41:24 プライベート♪
雑談
リアルぶぅ。

リアルぶぅの頑張ろう日本バージョンを描いてみました。

GanbarouIP

未だ行方不明の方や、避難所生活を強いられている方が、津波の被災地を中心にたくさんいらっしゃいます。

みなさんのご無事をお祈りしております。

仙台では電気、水道の復旧が進み、一部ではガスの供給が再開されてきましたが、活動に必要なガソリンの供給が十分ではありません。

仙台市近郊の塩釜基地は稼働を始め、タンカーも入稿し始めましたが、タンクローリーの不足が円滑な流通を阻害しているようです。

支援、復旧にもガソリンは必要ですし、事業用の車両にガソリンがなければ東北の経済活動も停滞してしまいます。

できるだけそういった車両にガソリンが回るよう協力しましょう。

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2011/03/25 13:25:44 プライベート♪
ITコンサルタント
インフラ。

とある仙台近郊の市で、災害時に市民へ情報を提供するシステムが最近構築されました。震災後、そのシステムが復旧するまでの顛末です。

私はその構築に関し、市側のアドバイザとして参加していたのですが、震災直後から使えなく(アクセスできなく)なっていました。

市側のインフラが弱く、23年度に整備予定だったため、混乱の中で電力供給がうまく行っていないのだろうと思っていました。

何せ、想定以上の震災ですからね。

仕方ないと思い、復旧には1日、2日はかかるだろうと思っていました。

ところが日曜の午後になっても復旧しません。

私は震災の中、車で市役所に向かい状況を確認してきました。

そこで目にしたのは、整然と稼働しているシステムでした。

OSもシステムも正常に機能し、目立ったエラーログもありません。

話を聞くと、最初は混乱したそうですが、すぐに整理し、システム自体は立ち上げに成功したそうです。

という事は、インフラの問題という事です。

秘書課に行くと、何とか原因を!と頼まれたので、インフラのどの部分が壊れているのかを調査しに行きました。

代替可能なものであれば、私が復旧できますし。

防災とは別な、庁内の情報系システムを管轄している課に行ってみると、そこには運用委託業者のエンジニアがいました。

私の身分を名乗り、理由を聞くことができました。

「キャリアがルーターまで来ていないんです。」

・・・・絶句。

稼働しているルーター、サーバー、スイッチのランプの点滅具合も正常。

異音、異臭もしていません。

確かに情報系もすべてが正常に動作していたのです。

市が契約しているのは、日本で最も大きなキャリア会社です。もちろん公民館等も地域網で結ばれています。

しかも、災害時の通信手段として用いるため、地域網を有効利用する為に、昨年度においてIP電話が可能な交換機に取り換えたばかりです。

IP電話は電話機の交換時に対応していく予定だったので、利用できないのは仕方ないのですが、まさか市庁舎にキャリアが来ないとは。

当然、Webもメールも利用できません。

その理由を秘書に告げ、災害対策本部からキャリア会社に復旧を急ぐよう伝えてもらう事にして引き上げました。

引き上げたのには、電気が復旧し、災害情報を得るためにアクセス集中が予想される某自治体サイトの監視をする事もありますが、大きな理由は、「そこに居ても私は何もすることができない」からです。

まさに私にとっては想定外でした。

その後、1,2日後に一時復旧しましたが、またダウンし、復旧したのは5日後の16日でした。

落ち着いたら、この問題は議論される事でしょう。

また、この問題は複数の行政で発生し、宮城県内で数多くの自治体がWebページの閲覧が不能な事態となりました。

そんな中、宮城県や県警のページを閲覧できたのが幸いで、各自治体の被災情報や避難情報が掲載されていました。

インフラの重要性は再認識すべきでしょうね。

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2011/03/24 12:29:15 プライベート♪
雑談
そして止まらない。

原発は止める事ができる。

おそらく、原子力発電に投じてきた多くの資金を風力発電や太陽熱発電に振り向け、LNGによる発電を増やせば代替えは可能だろう。

しかし、日本には止められないものがひとつだけある。

太平洋沿岸のプレート運動だ。

原発の被災も、東日本沿岸の被災も、津波という巨大なエネルギーによって壊滅的な被害を受けた。

その備えが足りなかった。

このエネルギーに対抗しうる力を日本は持たなければならない。

 

日本人は、過去の災害に多くの事を学んできた。

阪神淡路大震災では、自衛隊の出動が物議をかもした。

今では災害時の救援訓練を日常行っている。

レーガン大統領の名を冠した米国最新鋭の「原子力」空母が日本の近くで救援活動を行っている。

日本全国で阪神淡路大震災規模に耐えうる建築基準で建物が建てられた。

だから今回の震災で倒壊した家屋は当時より多くはない。

多くの人々がその命を守ることができた。

学んだことは大きかった。

 

だが、残念ながら、多くの方が犠牲となってしまった。

次は大津波を教訓としなければならない。

 

日本はODAを通じ、数々の国々に支援を行ってきた。

また、真っ先に他国の被災地に飛び、救援活動を行ってきた。

ODAはばらまきだという批判もあったが、それは実を結び、日本人は世界から愛されていることを知った。

今まで国家など気にしなかった若者でさえ、今では日本人であることを誇りに思っている。

 

これからの日本が安全であれば、他国はその技術を享受できる。

原発は止める事が出来ても、地球の鼓動は止められない。

みんなが少しずつ、何かを我慢して、安全な日本を創る努力をしよう。

これからは、安全と信頼を世界に輸出しよう。

私は、被災した中、こんなことのできる日本人を誇りに思う。

http://www.c7f.navy.mil/imagery/galleries/monthly/2011/03-March/slides/110323-N-1003M-097.htm

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2011/03/23 10:23:05 プライベート♪
雑談
オタクが日本を救う。

ゆとり世代と言われる人たち。

その中で私が注目しているのは、オタクと呼ばれる人たちです。

オタクたちは、今回の大震災で自分が多くの知識を持ち、情報の選別に長けていることに気が付くでしょう。

なぜ、彼らが情報の選別に長けたのでしょう。

それは、あらゆるメディアデバイスを使いこなす上に、何ら分類されていない、つまりフィルタのかかっていない膨大な情報から、自らが必要とする情報を選別する事が、彼らにとっては自然な行為だったからです。

おそらく彼らは「原子力発電所」というひとつのキーワードから、数多くの知識を情報デバイスから取り込み、核物質の最小単位である粒子の分野まで簡単に情報を把握し、分析する事ができるでしょう。

また、彼らが信じているのは「正確なリソース」から出る情報だけで、これはオタク技術者として絶対的に守るべき規則なのです。

素人の「にわか学者」、「御用学者」と呼ばれる政府に都合の良い発言をする学者の意見など、聞いても彼らはスルーしてしまうはずです。

文末に「〜らしい」などと記述されているものは、彼らにとって何の価値もないからです。

そう、彼らは情報の選別に重要な、不必要な情報を無視する「スルースキル」をも持っているのです。

いちいち学者や政府を批判したり、吠えたりしません。

そのため、放射能汚染に関するマスコミの反応や報道をひややかに見て聞き、自分の意思決定とそれらを比べることにより、より安全に、より確実にどうすれば良いかを自然に分析しているのです。

10mの堤防が無意味であることを、彼らは知っていたはずです。

想像力と臆病なほどの危機感を持っている彼らであれば、25mの堤防を当たり前のように作ったはずだからです。

復旧が進むにつれ、彼らは自分の出番が近い事に気付くでしょう。

日本が彼らを必要とする時代に向いてきたからです。

今頃、彼らはウズウズしてきたはずです。

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [新着順]  [最初] ≪前ページ 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 次ページ≫ [最終]
Profile
お疲れぷろぐらま
性別男性
年齢55歳
誕生7月中旬
星座かに座
血液B型
身長173cm
体型がっちり型
職業プログラマ
地域宮城県
性格温厚
趣味写真・ドライブ
チャームつぶらなひとみ?
長所のんびり
短所白黒はっきり
特技プログラム作り
自己紹介
ソフトンハウスの制作をしています。
Category
ITコンサルタント(64)
Windows 7(17)
Windows Server(58)
アフリエイト・SEO対策(8)
おしゃれ(2)
ぐるめ(2)
なし(10)
宇宙のお話(33)
景気を良くしよう。(17)
構築プロジェクト(3)
雑談(158)
製作日記(128)
東日本大震災(19)
→リスト表示する
Favorite
はぶりんブログ
ティップの大冒険
デェ〜王
ROSE HEART
ソフトンハウス
Archive
2019年09月 (3)
2017年06月 (1)
2017年04月 (1)
2017年03月 (1)
2017年02月 (1)
→リスト表示する
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。