ソフトンハウス・トップへ
お疲れぷろぐらま
ソフトンハウス製作日記
ソフトンハウスや日々のことを書いています。
ソフトンハウス
サーバー構築・システム開発
コンサル業務を受託しています。
ご興味のある方はお疲れぷろぐらま
までお気軽にご相談ください。
Calendar
<<7月>>
...1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
Blog Parts
にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ
blogram投票ボタン
Messages
核融合と月
隣国にとっての約束とは...
月見バーガーと食欲の秋...
5G
Team Foundat...
SQL Serverフル...
東日本大震災から6年・3...
リスティング広告について...
Windows Serv...
WSUS 4.0...
東京オリンピック 202...
iSPP被災地スタディツ...
Windows 8 イン...
環境構築エンジニアを劣化...
Windows Serv...
Windows Serv...
Windows Serv...
『3.11 被災地の証言...
WindowsXP 80...
風邪をひきました。...
→リスト表示する
Latest Blog
kazu
ちょっと一息
お疲れぷろぐらま
核融合と月
sano3661
快晴♪
asobow
飛び出す あっ ぷっ ...
tonton
最近の動画関連のもの...
tonton
映画や舞台、音源やライブ...
tonton
欲望について
tonton
タイムスリップ過去はどう...
tonton
未来予測
sano3661
久々に
零の旅人
大洗海岸
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁5件 1/7(34件)
2020/07/07 10:44:59 プライベート♪
宇宙のお話
核融合と月

はやぶさ2による小惑星の鉱物サンプル採取技術価値が10兆円との評価を受けています。
人類による最終的なエネルギー獲得の方法はダイソン球による太陽エネルギーの獲得と言われていますが、人類はまだその段階にはありません。
しかし、太陽エネルギーの源である核融合を模した核融合発電については日本を含む世界各国での研究開発が進められています。
核融合発電は文字通りにイオン化させた原子の原子核同士を融合させる際に発生するエネルギーを利用して発電するものですが、そのためには超高圧もしくは超高温状態にすることが求められます。
太陽のように水素原子同士を核融合させるには膨大な圧力が必要であり、それを地球上で実現するのは現在の人類には不可能です。
そのため、それよりは融合しやすい重水素と3重水素を超高温の電磁場や高エネルギーレーザーでイオン化し、核融合エネルギーを得る実験が進められています。
しかし、重水素は海水に大量に含まれているものの、3重水素は地球上にわずかしか存在せず、その生成には核反応が必要になるなど生成が困難です。
そこで3重水素の代用となるヘリウム3に注目が集まっています。
このヘリウム3も地球上にわずかしか存在していませんが、月の鉱物から採取が可能なのです。
人類が再び月を目指したり、惑星から鉱物採取を試みているのには、このような側面もあるのです。はたしてヘリウム3をどの国が支配しようとし、支配するのか、若い皆さんは注目し続けてください。

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2010/12/14 16:01:19 プライベート♪
宇宙のお話
NASA 12月2日の発表

12月2日に NASA から発表があったものは、なんとなく肩すかしを食らったような内容だったという報道が多かったようですね。

宇宙人の存在を NASA が認めれば面白かったのですが。

モノ湖で発見された生命体ですが、実は重大な意味があるのです。

人間の遺伝子を構成する重要な物質に「リン」があります。

「ヒ素」はこのリンに分子構造が非常に似ていて、人間の体内に入ると、リンのような振る舞いをしてDNAの破壊へと導きます。

そのため、人間と同一系統を持つ地球上の生物にとって、ヒ素は非常に有害な物質なのです。

このDNAレベルで拒絶しなければならない物質を取り込んでも、なお生きられる生命体というものが発見されたのです。

それは一体どんな生物なのでしょう。

明らかに「今まで発見された地球上の生物とは系統が異なるもの」であり、人類とは根本的に違うのです。

つまり、地球上には2系統の生物がいるという事です。

現在の生命が誕生する以前に、別の系統の生物がいたのかもしれません。

今回の発見はその生命の生き残りなのでしょうか。

また、古代に隕石などで他の惑星から飛んできたのかもしれません。

もしくは、私たちの生命が他の惑星から来たのかもしれません。

いずれにしろ、宇宙には人間とは異なる系統が存在するという事が判明した訳です。しかもそれが地球上で発見されました。

その意味するところは、異なる系統の生物が確実に存在しているという事であり、生命が生息可能と推測できる範囲が、今までの考えよりも大幅に広がったという事なのです。

そういった意味では「地球外生命体は(ほぼ確実に)存在する」という会見でもあるのです。

ヒソで生きられるから何なのよ。

という一言では片づけられない出来事だったのです。

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2010/11/02 02:57:52 プライベート♪
宇宙のお話
ブラックホール

ブラックホールの話です。

けっこうどこでも語られていますよね。

ですからあまり書きませんでしたが、私の画期的な(!)宇宙理論を。

銀河の中心には大質量ブラックホールが存在します。

そういったブラックホールは銀河同士の衝突で大きくなります。

つまり、時間の経過とともに大きくなります。

私が考えるに・・・。

そうして巨大になった「極超質量ブラックホール」は、ブラックホールの中心にある特異点をも崩壊させてしまいます。

特異点が崩壊すると、宇宙ひもよりも小さな大きさとなります。

それだけ小さいと、ひもを結びつけているシートの隙間から、余剰重力と共に別な次元に押し出されます。

別な次元はこちらの世界で言うところの、反物質の世界です。

押し出された途端、元の世界と反対の力を持つ空間がその小さな特異点を引っ張り、空間を作ろうとします。

別な次元にあるため、物質は反物質との衝突で消滅しません。

その物質は、別な次元で「ダークマター」と呼ばれ。エネルギーは「ダークエネルギー」と変化します。

つまり・・・。

その別な次元へ押し出された瞬間がビックバンです。
(正確にはインフレーションですが)

ですから、宇宙の「ダークマター」と「ダークエネルギーは」別な次元からやってきた物質であり、見ることも取り出すこともできないのです。

このように、私の理論では、宇宙は中からの力で膨張しているのではなく、反対の物質の世界に迷い込んだことにより、外側に引っ張られているというものです。

どうしてこんな理論が成り立つかって?

特異点の時点で、物理の法則なんて成り立たないのです。

どうせ成り立たないのなら、勝手な理論でもいいではありませんか。

秋の夜長の空想でした。

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2010/10/24 20:10:34 プライベート♪
宇宙のお話
131億年

光の速度で131億年彼方の銀河系が発見されました。

宇宙がまだ6億歳の頃の銀河系ですね。

地球に131億年かかって届いたという事は、実際のところ、もうそこには存在していないかもしれません。

つまりは131億年前の光という事になるからです。

宇宙は「光の速さで何年かかるか」という単位で距離を表します。

あなたが空を見上げた時に見える星は、すべて過去の星という事です。

最も近い月でも15秒、太陽の光は8分。

太陽の中心近くで発生した光(光子)は、太陽内部の原子と衝突を繰り返し、その余りある重力とも相まって、表面に出るまでに 100万年かかると言われています。

今日浴びた光は、人類が誕生する以前の光も含まれているのです。

実際の宇宙は 137億年彼方よりもっと大きいのですが、宇宙の辺境にある光が届くことはありません。

宇宙は今でも「光より早く」膨張しているため、その辺りにある光は膨張速度に負けて地球に届くことはないのです。

従って、どのようにしてもその膨張を観測する事ができないのですよね。

人間の一生なんて「まばたきのようだ」と言われますが、宇宙の時間の流れにとってみれば、人間の一生など「無いに等しい」のです。

その無いような人生でも、しっかり生きたいものですよね。

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2010/10/01 20:38:00 プライベート♪
宇宙のお話
ひもで重力制御

最初にお断りしておきますが、私の空想です。

「超ひも」理論によると、重力はシート状の次元に束縛されていないため、飛び出してしまいます、

「CERN」で実験されているのは、「重力が消えてなくなる」つまり、「重力が他の次元に消える」事を証明することです。

もし、実験が成功すれば「超ひも理論」を証明する1つとなります。

まあ、それはそれとして。

重力の「ひも」がシートに結束されていなければ、なんとかして制御できるかもしれません。

重力を捉え制御できれば、例えば地球の空間で「浮く」事が出来ます。

今のように何兆円もかけて宇宙にロケットを飛ばさなくとも、自由に大気圏内外を行き来する事ができるようになります。

また、宇宙空間で地球の表面重力を再現もできますよね。

宇宙滞在が楽になるばかりでなく、空気などの気体を一定空間に留めることもできるようになります。

最近、原子時計の進歩によって、地上 30cm程 度の高低差における時間のズレ(相対性理論)を観測できるようになりました。

この観測精度があれば、重力を正確に計測する事ができるでしょう。

これらの技術はある物体の制作を可能にします。

そう、UFOです。

重力を無視して「ビューン」と飛び去るUFOは、まさに今述べた技術を利用していると考えられます。

人類も、あと数百年後にはその技術が生み出されている事でしょう。

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ≫ [最終]
Profile
お疲れぷろぐらま
性別男性
年齢55歳
誕生7月中旬
星座かに座
血液B型
身長173cm
体型がっちり型
職業プログラマ
地域宮城県
性格温厚
趣味写真・ドライブ
チャームつぶらなひとみ?
長所のんびり
短所白黒はっきり
特技プログラム作り
自己紹介
ソフトンハウスの制作をしています。
Category
ITコンサルタント(64)
Windows 7(17)
Windows Server(58)
アフリエイト・SEO対策(8)
おしゃれ(2)
ぐるめ(2)
なし(10)
宇宙のお話(34)
景気を良くしよう。(17)
構築プロジェクト(3)
雑談(158)
製作日記(128)
東日本大震災(19)
→リスト表示する
Favorite
はぶりんブログ
ティップの大冒険
デェ〜王
ROSE HEART
ソフトンハウス
Archive
2019年09月 (3)
→リスト表示する
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。