ソフトンハウス・トップへ
お疲れぷろぐらま
ソフトンハウス製作日記
ソフトンハウスや日々のことを書いています。
ソフトンハウス
サーバー構築・システム開発
コンサル業務を受託しています。
ご興味のある方はお疲れぷろぐらま
までお気軽にご相談ください。
Calendar
<<8月>>
..12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
Blog Parts
にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ
blogram投票ボタン
Messages
Team Foundat...
SQL Serverフル...
東日本大震災から6年・3...
リスティング広告について...
Windows Serv...
WSUS 4.0...
東京オリンピック 202...
iSPP被災地スタディツ...
Windows 8 イン...
環境構築エンジニアを劣化...
Windows Serv...
Windows Serv...
Windows Serv...
『3.11 被災地の証言...
WindowsXP 80...
風邪をひきました。...
Hub無償提供のお知らせ...
ブログサイトに「いいね!...
サーバー機器移行...
復旧復興
→リスト表示する
Latest Blog
kortodarma
<非常識>
kortodarma
<任務>
asobow
「お盆玉」500円玉→1...
kortodarma
<一応>
kortodarma
<灰>
tonton
音楽を大人数でやるってい...
tonton
ひそかな音楽熱のようなも...
kortodarma
<贅沢>
gsoy
ドラクエって今もなお無敵...
kortodarma
<尚>
asobow
夏だ、お盆だ、アンパンマ...
[新着順]  [最初] ≪前ページ 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁5件 3/104(516件)
2012/05/06 14:04:00 プライベート♪
Windows Server
Windows Server 2008 R2 RDP RemoteApp

Remote Disktop の研究から早3日目。

http://softonhouse.jp/nori-sdc~16694

 4連休中の3日が終わり、買い出し以外まったく外出することなく、RemoteAPP とモバイル環境についての研究を行いました。

 構築するだけで、どうしてこんなにかかるのかという疑問もあるでしょう。 スマートに構築するだけなら確かに時間はあまり必要としませんが、その仕組みに係る様々な問題と環境、たとえばレジストリの中身とか、インストールの順番とか、実践するから時間がかかります。

 自宅 PC をネットに公開して、MacBook Air で動く Windows 7 上から LTE を使って接続してみるとか、グラフィカルなゲームソフトを動かしてみるとか、現実に即した実験も行いました。

 ともあれ、リモートディスクトップWebアクセス(RDWEB)の「役割サービス」をインストールし、RemoteAPP をインターネットから簡単に起動できるように構成しました。(5月6日現在も公開状態です)

20120506-01

 設定にはいくつかの注意点があります。まず、インターネットで公開する場合は、URLで示されるサーバー名と証明書が同一名である必要があります。そうしなければリモートアプリの証明ができません。試すだけであれば特に必要ではありませんが。 

 幸いなことに、RemoteApp の管理画面の上段には概要が表示されていまして、最低限必要な設定が行われているかどうかのアドバイスが行われています。このような事前アドバイスは MS が最近リリースしたサーバー製品に採用され、エンジニアの負担を軽減してくれています。(事前要件のチェック)

 さて、RemoteDisktopWEB (RDWEB)を利用すると、このような画面でログインすることになります。(もちろん使えるのは IE だけです)

20120506-02

 ActiveX を使用したWebなので、IE以外は画面表示はできるものの、動作しません。ログインすると以下のような、アプリが配置されたページになります。後はこの中から選んで利用します。

20120506-03

 EXCEL を起動してみます。普通にクリックすると RemoteApp へ接続中のダイアログが表示され、数秒のちにアプリが起動します。

 アプリの起動はリモートディスクトップへログインから開始するので、少々遅めなのですが、同じサーバーへ接続するアプリであれば、2つ目からはログインが省略されるため高速です。

20120506-04

 画面は32ビットで表示させていますが、インターネットからの接続ではとても使い物になりません。ビット数を落とす必要があります。イントラ運用でも実用的なのは24ビットといったところです。

 アプリを配布することもできます。rdp ファイルを発行して共有フォルダで共有するか、インストールパッケージを作成して、グループポリシーで配布することができます。配布し、児童インストールすると、スタートメニューに「リモートブログラム」というフォルダが作成され、その下にアプリが登録されます。もちろんインストールパッケージを直接クリックしてインストールもできます。

20120506-05

 RemoteApp は、最高度のセキュリティを保てるという事で、モバイル環境での利用など、今後幅広く使われる可能性を秘めています。

 しかし、Office 入りのノートPCが で10万円以内で手に入れられる現在、リモートディスクトップのクライアントライセンスが高額なため、一般事務処理で導入するにはさほど価格メリットはないと思えます。
 速度もそこそこですが、インストールされたアプリにかなうはずはありません。また、サーバーがダウンすると接続されているクライアントも一度に全部落ちてしまうという危険な側面もあります。

 RemoteFX に始まった RemoteApp の研究ですが、「顧客に勧める場合」は、サーバーの冗長性とネットワークの速度、グラフィックボードの性能に左右されるので、実際の環境下で十分な検証が必要なシステムでしょう。

 連休を使って行った研究はここまでです。狙った環境は、IKEv2 を使った IPSec通信で、リモートAPP を使用するというもので、思い通りに動き、私にとってはストレスの発散になりました。 (IKEv2 についてはまた後日)

では、また。

1
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
Posted by naofumikun (2012/05/14 22:14:49) 通報
アドレスの変更
メアドの変更を考えているのですが、何か手続きが必要でしょうか?
Posted by お疲れぷろぐらま (2012/05/17 19:29:37) 通報
MyMenu から、プロフィール、登録情報変更でアドレスを変えることができますよ。
2012/05/06 00:42:16 プライベート♪
Windows Server
Windows Server 2008 R2 RDP remoteFX その2

がっかりした前回でした。
http://softonhouse.jp/nori-sdc~16666

 気を取り直し、 terminal 版の Office 2010 をインストールしました。 セッションホストの構成をすることで、私の自宅PCはリモートセッション用のホスト様となってしまったのですが、ローカルにログインしている限り、それが気になるような現象は起きていません。

 terminal版の Office アプリケーションはコントロールパネルに追加される「リモートディスクトップサーバーへのアプリケーションへのインストール」から行います。

20120505-4

 続いて Hyper-V のゲストOSに remoteFX の追加を行いました。これでリモートディスクトップでグラフィカルな画面を利用することができます。

  20120505-1 ※ゲストOS画面です

 Windows 7 などのゲストOSで Windows Aero の半透明を利用するには、グループポリシーの「管理用テンプレート・Windowsコンポーネント・リモートディスクトップサービス・リモートディスクトップセッションホスト・リモートセッション環境」から、「RemoteFXを構成する(有効)」・「RemoteFXを使用するときに、視覚エクスペリエンスを最適化する(有効・最高品質・最高品質)」、「RDPデータの圧縮アルゴリズムを設定する(ネットワーク帯域幅)」、「リモートディスクトップセッションのディスクトップコンポジションを許可する」に設定します。

20120505-2

 もちろん、リモードディスクトップの編集で「32ビット」にしておくことを忘れないでください。24ビットでは透明にできません。

20120505-3

 さて、ここまで色々と行った中で、このセッションホストのライセンス、管理者は接続することができるのですが、実際は(高価な)ライセンスが必要となります。 ライセンスは「リモートディスクトップライセンスマネージャ」へキーを入力してインストールします。

20120505-6

 マネージャを「アクティブ化」し、「ライセンスのインストール」を実行すると組み込まれます。私はライセンスを2つ amazon で購入しました。これで堂々と使えます。このライセンスですが、リモートディスクトップで使うためにあるのではなく、RemoteApp を使うためにあると言っても過言ではありません

20120505-5

 さて、ここまで構築したら、次は RemoteAPP です。私の連休中の研究もいよいよ佳境に入ってきました。

……続きます。

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
Posted by お疲れぷろぐらま (2012/05/06 14:05:04) 通報
続きがあります。

http://softonhouse.jp/nori-sdc~16695
2012/05/03 20:44:25 プライベート♪
Windows Server
Windows Server 2008R2 RDP remoteFX

リモートディスクトップの話題です。

Windows Server 2008 R2 には Hyper-V という仮想化機能が標準でサポートされていますが、Virtual-PC などとは異なり、音やUSB、3Dグラフィックなどが利用できません。

最近では Direct3D などを利用したアプリケーションも多くなってきたので、R2 SP1 からは remoteFX という機能が Hyper-V に加わりました。しかし、これが曲者です。

この remoteFX を動作させるには、ゲストOS側のハードウエアとして remoteFX を追加するだけなのですが、ハードウエアに追加と簡単に言っても、それには準備が必要で、役割の追加を使い、リモートディスクトップ セッションホスト、リモートディスクトップ仮想化ホスト(コアとremoteFX)、それに リモートディスクトップライセンスが必要になります。

ライセンスサーバーは他のサーバーでもかまいませんが、セッションホストは必要で、これは「ターミナルサーバー」になることを意味します。(後述)

このような準備の後、ゲストOSの設定でハードウエアの追加を行うと、remoteFX が利用できるようになります。

インストール後は、Hyper-Vマネージャの標準のコンソールからアクセスすることができなくなります。その代りに、リモートディスクトップを使用するという事になるという訳です。グラフィックだけではなく、リモートディスクトップであれば音も出せますね。

曲者なのはそのあとで、 まず、ライセンスが必要になります。Windows Server 2008 R2 リモートディスクトップサービス CAL を購入しました。amazon でも売っており、1万4千円程でした。(相変わらず高いのはMS仕様です)

で、ライセンスを買えば「万事めでたしめでたし!」かと言えば、そうではありません。私のサーバーには Office が入れてあるのですが、起動すると文句を言われます。ターミナルサーバーで Office を利用するにはボリュームライセンス版の Office が必要です。と。

そうなのです、リモートディスクトップ セッションホストというのは、つまりターミナルサーバーなので、コンソールログインもターミナルとみなされ、単体ライセンスの Office は利用できなくなるのです。

つまり、今や当然ともいえるリモートでのグラフィック表示を行うために、めいっぱいターミナルな専用サーバーを立てろ、そしてそれはもうターミナルサーバー様だからクライアントとしては使うな!みたいな仕様です。

まあ、ただ、ボリュームライセンス版の Office があったとして、あるいは共有したいアプリがあったとして、このリモートホストサーバーは、全画面表示ではなく、アプリケーションだけをクライアントに表示して利用できる、言わばアプリレスクライアントを可能にする仕組みなのです。

たとえば、Microsodr Direct という直接認証する仕組みと、リモートディスクトップゲートウエイ、リモートディスクトップ Web アクセス などと組み合わせれば、インターネット上から安全に会社のアプリケーションをリモート接続できるという訳です。これならクライアントを盗まれても安全ですね。 (ライセンスを含めた設備投資は莫大かも)

大企業などでは導入を始めたそうですが、さて流行るでしょうか。

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
Posted by お疲れぷろぐらま (2012/05/06 00:43:46) 通報
この記事には続きがあります。

http://softonhouse.jp/nori-sdc~16694
2012/03/05 16:53:23 プライベート♪
東日本大震災
『3.11 被災地の証言-東日本大震災 情報行動調査で検証するデジタル大国・日本の盲点-』

自著の宣伝です。

 本日、インプレスR&Dから新刊「3.11 被災地の証言-東日本大震災 情報行動調査で検証するデジタル大国・日本の盲点-」が発行されました。

311book_1[1] 

 編著は「情報支援プロボノプラットフォーム(iSPP)」で、共同代表理事の私は6章を主体に、著者として執筆しています。

 ちなみに、本の表紙は仙台市の荒浜地区です。

 7月、福島、宮城、岩手のiSPP会員で連携し、NPOや支援団体の協力を得て仮設住宅などで面談調査をさせて頂いたほか、ネット調査も行い、あの日にICTは使えたのか、使えなかったのか検証した書であり、9月に調査書として出版した行動調査報告書の一般向け著書でもあります。面談調査の方は、iSPPの東北事務局が中心となって動きました。

 私が担当している6章では、地方自治体の災害対策本部で奮闘した職員の方の実名寄稿や、被災自治体を横断的に結ぶICTの連絡会である「ISN」の協力を得て、先に行われた災害セミナーの要点などが書かれています。

 被災後に私と会って苦労話をされた方など、自分の事か!と思う部分もあると思います。また、かつて、このブログで紹介したエピソードも書いてあります。ぜひ読んで頂ければ嬉しいかぎりです。ちなみに、印税のほとんどが調査でお世話になった方や、被災各地の図書館への献本、iSPPの活動費に充てられます。

 また、3月15日には東京で出版報告会が開かれ、会津、松崎、酒井の著者3名で投げ合いパネルディスカッションを行うほか、仙台市教育委員会への協力として行っていた「仙台市児童生徒による故郷復興プロジェクト」の報告会などが開かれます。

全文宣伝になってしまいましたね・・・。

 さて、先週後半から色々と被災地に行って仕事が進んでいませんので、遅れを取り戻すべくがんばります!

1
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2012/01/30 16:12:01 プライベート♪
ITコンサルタント
WindowsXP 800日の余命

 Windows XP が2014年4月8日にサポート期間が終了します。また、Office 2003 もサポートが終了してしまいます。

 はたして、この長期にわたって利用されている Windows XP は傑作だったのでしょうか。多くの人に利用され、愛されてはきましたが、実は Windows Vista があまりにもニーズを捉えることができなかったため、結果的にロングセラーになっただけかもしれません。

 今後 Windows 7 に乗り換えるか、Windows 8 を待つか、あと2年で決断を迫られる事になります。現状、最新の Windows 7 のアーキテクチャは Windows Vista です。Windows 7 は欠陥や使いにくさを修正したものです。そのためか、提供されてからまだ日が浅いにも関わらず、4GB 以上のメモリが利用できないなど、少々古臭い感が漂っています。

 この 4GB の壁ですが、あるツールを利用すると、突破する事が出来ます。ブログに書きたいところではありますが、あまりに提供元が不透明なのと、インストール後の動作モードが「テストモード」になってしまう(画面には出ないので調べないとわかりません)ので、紹介は致しません。どうしても知りたいという方は、「ReadyFor4GB」で検索してください。ご利用はあくまで自己責任で。

 そんな Windows XP ではありますが、むしろ問題になるのは Office 2003 かもしれません。Microsoft は Cloud 化を打ち出しており、これからの Office は方針的に不透明感があります。Microsoft にとっては、Zune を使って Office アプリをダウンロードし、様々な追加ツールを有償で、Cloud を通じて販売したいところなのでしょうか、はたして iTune のようにうまく行くでしょうか。iTune は「欲しいものをすぐ手に入れられる」事が成功をおさめた大きな要因です。Office、欲しいですか? Office を使いたい! と思っている人より、一般的に普及しているのが Office だから使っているという人が多いのではないでしょうか。iPhone でも iPad でも、はたまた Android を使っている方も、そのデバイスで Office を使っているでしょうか。

 iMac で修正したWord文章が、自動的に会社のPCのディスクトップへ張り付けてあるWordへ反映できる。そんなシームレスな機能がなければ魅力はありません。そう思います。

1
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [新着順]  [最初] ≪前ページ 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 次ページ≫ [最終]
Profile
お疲れぷろぐらま
性別男性
年齢55歳
誕生7月中旬
星座かに座
血液B型
身長173cm
体型がっちり型
職業プログラマ
地域宮城県
性格温厚
趣味写真・ドライブ
チャームつぶらなひとみ?
長所のんびり
短所白黒はっきり
特技プログラム作り
自己紹介
ソフトンハウスの制作をしています。
Category
ITコンサルタント(63)
Windows 7(17)
Windows Server(58)
アフリエイト・SEO対策(8)
おしゃれ(2)
ぐるめ(1)
なし(10)
宇宙のお話(33)
景気を良くしよう。(17)
構築プロジェクト(3)
雑談(157)
製作日記(128)
東日本大震災(19)
→リスト表示する
Favorite
はぶりんブログ
ティップの大冒険
デェ〜王
ROSE HEART
ソフトンハウス
Archive
2017年06月 (1)
2017年04月 (1)
2017年03月 (1)
2017年02月 (1)
2016年12月 (1)
2015年12月 (1)
→リスト表示する
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。