ソフトンハウス・トップへ
お疲れぷろぐらま
ソフトンハウス製作日記
ソフトンハウスや日々のことを書いています。
ソフトンハウス
サーバー構築・システム開発
コンサル業務を受託しています。
ご興味のある方はお疲れぷろぐらま
までお気軽にご相談ください。
Calendar
<<1月>>
......1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Blog Parts
にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ
blogram投票ボタン
Messages
au接続障害について...
6月19日〜21日まで停...
ウクライナ侵攻の理由とは...
ジェイムズ・ウェッブ宇宙...
弦(String)(ひも...
双子の恒星
ビラミットとクレオパトラ...
自衛隊機のスクランブル...
仮想世界をつくりたい...
仮想世界
ストレンジレッド...
宇宙は誰が作ったのか...
核融合と月
隣国にとっての約束とは...
月見バーガーと食欲の秋...
5G
Team Foundat...
SQL Serverフル...
東日本大震災から6年・3...
リスティング広告について...
→リスト表示する
Latest Blog
ks1234
子供の入院付き添い生活を...
tonton
2022年9月の動画関連...
tonton
輸入品で自国で作れる賄え...
tonton
東映時代劇
tonton
留学生を増やす理由とは?...
tonton
中国人と日本人 違い...
零の旅人
富岡製糸場
asobow
大きくなぁ&#12316...
tonton
2022年08月の動画関...
tonton
難民
tonton
冷凍食品の今
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁5件 1/107(531件)
2022/07/07 10:52:45 プライベート♪
ITコンサルタント
au接続障害について

この文章は今回のau騒動について書いていますが、私自身の主観に基づくものであり、なおかつ多分に推測が含まれている事を考慮してお読みください。

モバイルデバイスの通信方式は3GからLTEへ移行された時点(2014年頃)にVoLTE(Voice over LTE)が導入され、音声データもIPネットワークとして取り扱えるようになりました。

この機能により会話をしながらもデータ通信を行えるようになりましたし、VoLTEはQoSと呼ばれているネットワークの技術による優先順位付けができることから、音声データを最優先にすることで高音質での会話ができるようになりました。

通信面では従来制御の中心部であるコアプレーンに設備していたRNC(Radio Network Controller)を基地局側にも設備できるようになり、モバイルデバイスが電波をつかむスピードが向上しました。

一般的に機能をセパレートにすれば処理速度が向上し、故障による機器全体のシャットダウンが避けられます。3GからLTEへの移行に伴い、この機能のセパレート化が進んだことにより、大容量高速通信時代となりました。利用者にとってとても利便性の良いことですが、思わぬ落とし穴もあったのです。

今回のauの騒動では、運用上のメインテナンスとしてVoLTEに接続しているルーターの交換を行ったところVoLTEからアラームが上がり、切り戻し(元の状態に戻すこと)が実施されました。ここまでの手順は作業前に想定されており、シミュレーションもしていたことでしょう。

また、「アラームが上がった」という表現から、このルーターは基地局に向かうためのものではなく、内部、おそらくコアプレーンの利用者情報や課金情報などのデータベースやセッションの制御機器へ向けたルーターであろうと推測できます。

交換したルーターの設定に不具合があったか、ルート情報やデータの行先を管理しているスパンニングツリーの情報に不具合が発生したのか、あるいはそれ以外のことが原因かは公開されていないので判りませんが、そのような状況となり、VoLTEはユーザーのリクエストを保持したまま通信の回復を待つことになりました。

なお悪いことに接続の高速化を担っている基地局側に整備されているRNCは、そのような状況に陥っていることを知らず、次から次へと通信(電波)のコネクションを確立させ、コアネットワークに対して音声データやデータ通信のセッション確立を試し続けます。

今や音声データ通信のダムと化してしまったVoLTEはその処理能力を大幅に超え、なおかつタイムアウトによりセッションを失い始めます。その一方、モバイルデバイスは定められたリトライ時間で音声データ通信のリクエストを送り続け、データ通信側はVoLTEとは無関係のところで緩慢ながら動作を続けてしまいました。

その結果、利用者の位置情報や利用状況を把握するためのデータベースに矛盾が生じてしまい、それら矛盾を解決するためのデータベースメインテナンスが必要となり、西日本と東日本に分けてその作業を実施し、大幅な時間を要することになってしまいました。

110番などの非常通信について、ソフトバンクは2017年まで3Gにフォールバックして通信する方式でしたが、現在ではVoLTEで直接接続されています。今回の騒動でも接続できなかったとの話が聞こえていますので、auも同様の方式なのだろうと思われます。

私自身も過去にネットワークの運用保守で似たような経験があり、その時は顔面蒼白になりました。なのでエンジニアの気持ちは察するに余りあり、とても気の毒だなあと思う事しか理です。ご苦労様でした。

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2022/06/11 14:00:07 プライベート♪
なし
6月19日〜21日まで停止します

サーバー移設に伴うメインテナンスのため

平成4年6月19日より6月21日までの3日間

サーバー移設と移設に伴うメインテナンスのため

ソフトンハウスをお休みいたします。

ご迷惑をおかけしますがご理解ご協力のほど

よろしくお願い致します。

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2022/03/03 00:07:11 プライベート♪
雑談
ウクライナ侵攻の理由とは

ロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻の48時間後に発表しようと準備していたメディア用のメッセージが誤ってアップされすぐに削除されました。しかしそれはネット上に保存されています。もちろんフェイクの可能性もありますが文末にリンクをご紹介します。

48時間という短い時間で軍事作戦に勝利する想定であれば侵攻前に勝利宣言を準備するのもうなずけますし、侵攻前に対話する準備があると流した映像のネクタイの色とその二日後に進行を開始したことを告げる映像のネクタイの色が同じであったことから双方は同時に収録されていたのではないかと思われていますので、そのように準備されていたとしても不思議はないでしょう。ただプーチン大統領の思惑とおりには進まなかったようです。

話は少しアジアに移りますが、数年前に知り合った台湾出身の若い女性に「あなたは中華民国の出身ですか」と聞いたことがあります。その多少意地悪な質問に彼女は「台湾」と答えました。今でも中華民国と答える人もいるのでしょうが、台湾で生まれ育った人たちは、とりわけ若い年代の人々は国に愛着を持ち、台湾が祖国であるとごく自然に、あたりまえに感じている事でしょう。ウクライナの人々もそれは同じで、ソ連邦の崩壊後にウクライナは独立し、今の若い人々は台湾同様、ウクライナに生まれ育ち、ウクライナを自国として愛しています。

プーチン大統領は同一民族としての強いロシアの復活を目指しています。それはすなわちロシア、ベラルーシ、ウクライナの連合です。旧ロシア帝国はバルト3国やポーランドなどを含む広大な領地でしたが、彼は少なくともこの3国が民族的にも、あるいは宗教的にもロシアと同一であると、同一の国家であると強く思っており、これまでの西欧主導による支配からの脱却とロシアがベラルーシとウクライナの傀儡政権を通してヨーロッパへの復帰と強い影響力を持とうとしていることは間違いないでしょう。また、プーチン大統領はキリスト教徒であり、キエフにはソフィア大聖堂などの歴史的な聖地が多く、これもロシアの一部として強く思いをはせる要因かもしれません。

しかし、プーチン大統領の想いとは真逆に、ウクライナの人々はウクライナという国を愛し、自らの力で国を守ろうとしています。ウクライナの人々が自らの国を自らの力で守ろうとしているからこそロシア軍は苦戦し、世界各国はその粘り強い抵抗に感銘を受け、ウクライナを支援しようとしています。つまり、この戦いは歴史の亡霊に操られた指導者と新しい時代を生きようとする者たちとの戦いなのです。

人の命ほど重いものはありません、即時の停戦を願うとともにウクライナとロシア双方の犠牲者に哀悼の意を捧げたいと思います。


https://web.archive.org/web/20220226051154/https://ria.ru/20220226/rossiya-1775162336.html

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2021/09/11 00:22:17 プライベート♪
宇宙のお話
ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡 ファースト・スター発見への夢

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡

ファースト・スター発見への夢

宇宙は今でも光よりも速い速度で広がっています。「アインシュタインの相対性理論があるんだから光より速いものはないはずでは?」そんな声が聞こえてきそうで、それはそうなのですが、空間が広がる速度はその法則が適用されません。現に誕生から138憶年と言われている私たちの宇宙ですが、既に半径450億光年の広がりをみせています。

私たちの体は星のかけら、つまり恒星の核融合によって生まれた元素、あるいは超新星爆発や、かつて連星であった中性子星同士の衝突によって生まれた重い元素でできています。

ビックバンで産声を上げた宇宙は、数十万年の混沌とした状態を経て落ち着き始めました。そして原子核が電子を捕らえ、水素やヘリウムを作り始めます。これを宇宙の晴れ上がりと呼んでいます。

それから間もなくして、物質とダークマターの重力の力で最初の恒星が誕生しました。この恒星は「ファースト・スター」と呼ばれており、この恒星こそ、私たちのルーツと言えるのです。もちろん私たちの母なる大地である地球のルーツでもあり、生命の源である太陽のルーツでもあります。

望遠鏡で遠くを見ることで、宇宙の過去を覗くことができます。宇宙は光の速度さえも遅く感じるほど広大ですから、光が地球に届くまで多くの時間がかかるからです。あなたが今日浴びた太陽の光は8分20秒前の光ですし、例えば10億光年先にある恒星が放った光は10億年かかって地球にたどり着くのですから、地球で観測した時は10憶年前の光になっているということになります。ですから、遠くを覗き込めば覗き込むほどに、私たちは過去を覗き込んでいることになります。なにか不思議な感じがしますよね。

ドップラー効果というものをご存知でしょうか。救急車のあれですね、ピーポーの音程が近づくときには高く、遠ざかるときには低く聞こえる現象です。遠くの中華屋さんに頼んだ出前のラーメンが到着した時には麺が延びている、といったことではありません。冗談はさておき、光にも同じ現象が起きます。それを赤方偏移と呼びます。

冒頭でお話したとおり、宇宙はダークエネルギーの力で空間が膨張しています。空間を飛んでいる光の波長もその作用で膨張、光の場合は膨張とは言わず波長が伸びると言いますが、そのような作用で光は、ここで言う光とは可視光線の事ですが、その波長が伸びて赤外線になります。それが赤方偏移です。光の発生源が遠ければ遠いほどに赤方偏移の度合いが強くなります。

つまり、遠くの恒星が発した光を見るためには、可視光線を捉える通常の望遠鏡ではなく、赤外線カメラを使えばよいということになります。赤外線とは温度そのもののことで、太陽の光が暖かく感じるのは目に見える可視光線の作用ではなく、それよりも波長の長い赤外線が飛んでくるからなのですが、赤外線を捉えようとするとき、捉えるために用意した赤外線カメラよりも温度の低い赤外線を捉えることができません。「なんで?」と思うかもしれませんが、そういうものらしいのです。

現在稼働しているハッブル宇宙望遠鏡もかつての修理ミッションで近赤外線を捉えられるようバージョンアップが図られたのですが、下げられる温度には限界があり、「ファースト・スター」の光を捉えるには至りませんでした。ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は極低温にすることができる設計になっているので、念願の、私たちのルーツである「ファースト・スター」の初観測に期待が寄せられているのです。

そのジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、度重なる延期を経て、ついに今年2021年12月18日に打ち上げが決定しました。さあみなさん、私たちのルーツを探る冒険が始まりますよ。

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2021/06/13 12:52:33 プライベート♪
宇宙のお話 雑談
弦(String)(ひも)理論を解りやすく解説

宇宙は特異点から始まったとか、ブラックホールの中心は特異点だとか、とかく話題になる「点」の概念ですが、点が長さと面積のないものと定義してしまうと、「ゼロ」は数学的に計算ができませんから、特異点や素粒子の構造を研究しようにも数学的な限界が生まれてしまいます。

そこで考えられたアイディアが「ひも」理論です。

数学的な点では計算ができませんので、恐ろしく短いひも(10^-35)と定義すれば計算できるという訳で、この長さの最小単位をプランク長といいます。

現在知られている基本素粒子は17種類ですが、素粒子は「ひも」でできており、その振動の仕方により区別されると論じています。従って「ひも」の振動の仕方が重要となりますが、理論上考えられる素粒子をすべて振動で表現するには「縦横高さ」の3次元では足りず、他に6次元必要となってしまいました。こうして6次元を足して9次元とした理論が「ひも理論」です。

この他にも時間を加えた10次元の「超弦理論」や、さらに1次元を加えて11次元とする「M理論」が有名です。ちなみにM理論の「M」を意味する理由は特にないそうです。M理論ではとてつもない数の素粒子を生むことができることから、多次元的宇宙の理論的根拠だとする意見もあります。いわゆる永遠のインフレーション理論です。

この「ひも」にも「開いているひも」と「閉じているひも」の2種類があるとされており、「開いているひも」の双方の端は「ブレーン」と呼ばれる膜に捕らわれており、容易に動くことができませんが、「閉じているひも」は自由に動き回れるため別の次元に移動してしまうことがあります。

重力を司る重力子(未発見)こそがこの「閉じたひも」であり、宇宙を構成する4つの力(強い力、弱い力、電磁気力、重力)のうち、極端に重力の力が弱い理由を説明できるとしています。つまり、他の次元に重力が逃げてしまっているという訳です。

また、ブラックホールを2次元的な「穴」とみたとき、「閉じているひも」の半分が事象の地平面を超えて内部に落ちた状態では見かけ上「ひらいたひも」として捉えることができ、この現象からブラックホールに落ちた物質の情報はその表面に記録されるという理論が考えられました。そしてそれを発展した理論として以前記事にした宇宙ホログラフィック理論があります。

いかがでしたでしょうか。このように「ひも理論」はミクロな世界のみならず宇宙における多くの減少も説明できることから統一理論に最も近い理論とされており、現在も多くの人が研究を続けています。

手のひらをじっと見ても小さすぎる「ひも」や折りたたまれた6次元を見ることはできませんが、数千億の銀河にまたたく恒星よりも多い「ひも」がその手のひらでダンスをしているのです。

最後に、極大の宇宙から極小の世界を模したサイトをご紹介して今回の記事を締めたいと思います。

https://htwins.net/scale2/

(多少簡略化して記載していることをご了承ください)

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ≫ [最終]
Profile
お疲れぷろぐらま
性別男性
年齢55歳
誕生7月中旬
星座かに座
血液B型
身長173cm
体型がっちり型
職業プログラマ
地域宮城県
性格温厚
趣味写真・ドライブ
チャームつぶらなひとみ?
長所のんびり
短所白黒はっきり
特技プログラム作り
自己紹介
ソフトンハウスの制作をしています。
Category
ITコンサルタント(65)
Windows 7(17)
Windows Server(57)
アフリエイト・SEO対策(8)
おしゃれ(2)
ぐるめ(2)
なし(11)
宇宙のお話(39)
宇宙のお話 雑談(1)
景気を良くしよう。(17)
構築プロジェクト(3)
雑談(162)
製作日記(128)
東日本大震災(19)
→リスト表示する
Favorite
はぶりんブログ
ティップの大冒険
デェ〜王
ROSE HEART
ソフトンハウス
Archive
2022年07月 (1)
2022年06月 (1)
2022年03月 (1)
2021年09月 (1)
2021年06月 (1)
2021年05月 (3)
2020年07月 (5)
2019年09月 (3)
→リスト表示する
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。