ソフトンハウス・トップへ
積 緋露雪
虚妄の迷宮
BLOG HOME
思索に耽る苦行の軌跡
Calendar
<<7月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
Category
思索(98)
→リスト表示する
Archive
アーカイブはありません。
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
sano3661
この暑さ
asobow
この「女子中学生」をご存...
taka
最近の佑くん!...
sunya
往生院六萬寺・岩瀧山・滝...
tonton
主に小学生によるジャズや...
tonton
最近のドローン情報...
tonton
音楽打楽器や演奏形態...
tonton
最近の政治や国際情勢...
sano3661
サッカー
Messages
夢魔 二
幽閉、若しくは彷徨 四十...
黙劇「杳体なるもの」 七...
幽閉、若しくは彷徨 四十...
水際 七
幽閉、若しくは彷徨 四十...
睨まれし 七
幽閉、若しくは彷徨 四十...
ざわめき 七
幽閉、若しくは彷徨 四十...
嗤ふ吾 五
幽閉、若しくは彷徨 四十...
蘗(ひこばえ) 二...
幽閉、若しくは彷徨 四十...
夢魔 一
幽閉、若しくは彷徨 四十...
黙劇「杳体なるもの」 六...
幽閉、若しくは彷徨 四十...
水際 六
幽閉、若しくは彷徨 三十...
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁10件 1/1(1件)
2009/11/02 07:11:50 プライベート♪
思索
黙劇「杳体なるもの」 六

――つまり……《杳体》を《物自体》と名指せと? 





――さう言ひ切れるかい……お前に? 





――多分……《杳体》の位相の一つに《物自体》は含まれてゐる筈さ。





――するってえと、《杳体》は《物自体》も呑み込んでゐると? 





――さう……多分ね。





――其処だよ。まどろっこしいのは。お前はかう言ひてえんだらう! 「《杳体》をもってして此の宇宙を震へ上がらせてえ」と。





――ああ、さうさ。その通りだ。此の悪意に満ちた宇宙をこのちっぽけなちっぽけなちっぽけな《吾》をして震へ上がらせたいのさ。





――あああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……。





――飛び込んだぜ。





――うむ。飛び込んだか……。









(これ以降《杳体》の底無しの深淵に飛び込みし一人の「異形の吾」と、それを待ってゐたかの如くその「異形の吾」と同時に飛び込んだもう一人の「異形の吾」との対話に移る)









――ぬぬ。俺の外に《杳体》の底無しの深淵に飛び込んだ《もの》がゐるとは――。





――へっ、飛び込むのが遅いんだよ。如何だい、《杳体》へ飛び込んでみた感想は? 





――未だよく解からぬ。しかし、如何足掻いても《飛翔》してゐるとしか感じられぬな、この《自由落下》といふ代物は。





――《自由落下》? 《自由飛翔》かもしれないぜ。





――まあ、どちらでも構はぬが、しかし、頭蓋内の闇、即ち五蘊場に《杳体》が潜んでゐたとは驚きだな。





――《主体》に《杳体》が潜んでゐないとしたなら一体全体何処に《杳体》があるといふんだね? 





――へっ、それもさうか。確かに《主体》に《杳体》がなければ、《主体》がこれ程《存在》に執心する筈もないか。





――さて、ところで、その《主体》だが、君はこの《主体》を何と考へる? 





――何と考へるとは? 





――つまり、君にとって《主体》は何なのかね? 





――《私》ではないのかね? 





――《主体》が端から《私》であったならば、君もそれ程までに思ひ詰めなかったのじゃないかね? 





――ふっ、さうさ。その通りだ。





――《主体》はその誕生の時から既に《私》とは「ずれ」てゐる。





――その「ずれ」は時が移ろふからではないのかね? 





――それもあるが、仮令、時が止まってゐたとしても《主体》と《私》は永劫に「ずれ」たままさ。





――それは《主体》が《存在》するが故にといふことかね? 





――さう、《存在》だ。現在では《存在》そのものが主要な問題となってしまったのだ。





――そして、《存在》は竜巻の如く《主体》を破壊し始めた? 





――ああ……。《存在》が何時の頃からか《存在》のみで空転し大旋風を巻き始めて《主体》も《客体》も破壊し始めた……。





――それ故《主体》も《客体》も《世界》も全て自己防衛の為に自閉を始めざるを得ず、その結果、それらはてんでんばらばらに《存在》し始め、しかし、それらを繋ぐ為には《杳体》なる化け物が必要で、《存在》が《存在》たる為には《杳体》なる化け物を生み出さざるを得なかった。なあ、さう思ふだらう? 





――しかし、元来《存在》とはさういふ《もの》じゃないのかね? 





――元来? 





――さう、元来だ。





――それは《存在》とはそもそも有限なる《もの》に閉ぢてゐる故にか? 





――ふっふっ、《存在》はそもそも有限なる《もの》か? 





――無限であると? 





――無限であってもおかしくない。また無であってもおかしくない。





――それは君の願望に過ぎないのじゃないかね? 





(六 終はり)







自著「夢幻空花なる思索の螺旋階段」(文芸社刊)も宜しくお願いします。詳細は下記URLを参照ください。
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-05367-7.jsp



TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
Profile
積 緋露雪
性別男性
年齢45歳
誕生1964年2月25日
星座うお座
血液O型
身長172cm
体型痩身
職業物書き
地域関東
性格穏やか
趣味読書,クラシック音楽鑑賞
チャーム特になし
自己紹介
3度の飯より思索好き今もって独身
Parts

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
Favorite
お気に入りはありません。
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。