ソフトンハウス・トップへ
積 緋露雪
虚妄の迷宮
BLOG HOME
思索に耽る苦行の軌跡
Calendar
<<4月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
Category
思索(98)
→リスト表示する
Archive
アーカイブはありません。
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
sunya
「お地蔵さんになったお医...
kortodarma
<飾>
sano3661
4月になりました。A...
asobow
檄、もの言わぬ彼は何を思...
kortodarma
<始まる>
sano3661
4月になりました。...
zzmmjuy6
喫煙可のお店
tonton
動画共有サービス...
tonton
suspense mus...
tonton
ロボットとアートやクリエ...
kortodarma
<無題>
Messages
夢魔 二
幽閉、若しくは彷徨 四十...
黙劇「杳体なるもの」 七...
幽閉、若しくは彷徨 四十...
水際 七
幽閉、若しくは彷徨 四十...
睨まれし 七
幽閉、若しくは彷徨 四十...
ざわめき 七
幽閉、若しくは彷徨 四十...
嗤ふ吾 五
幽閉、若しくは彷徨 四十...
蘗(ひこばえ) 二...
幽閉、若しくは彷徨 四十...
夢魔 一
幽閉、若しくは彷徨 四十...
黙劇「杳体なるもの」 六...
幽閉、若しくは彷徨 四十...
水際 六
幽閉、若しくは彷徨 三十...
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁10件 1/1(1件)
2009/12/12 06:54:55 プライベート♪
思索
夢魔 二

――別に如何仕様もしないが、しかし、虚空とはそもそも何なのかね? 





――ふほっほっほっほっ。「在ると思へば立ちどころに出現し、無いと思へば立ちどころに消滅するところの、その時空間自体」のことぢゃて。





――ちぇっ、それは主観、それも絶対的な主観のことではないのかね? 





――さて、お前は夢が徹頭徹尾お前の《もの》だと断言出来るかね? 





――くっ、口惜しくてならないのだが、俺にはさう断言出来ぬのだ! 





――つまりぢゃ、それは主観は主観で完結出来ぬといふことぢゃが、はて、其処で何か言ひたいことはあるかね? 





――つまり、主観と吾等が呼んでいる《もの》は、この肉体同様、耳孔、眼窩、鼻孔、口腔、肛門、生殖器等々、外部に開かれた穴凹だらけの《存在》に違ひないといふことではないのかね? 





――その外部が虚空ぢゃよ。





――主観の外部? 主観の外部は客観ではないのかね? 





――ふほっほっほっほっ。さて、客観とは何のことかね? 





――ちっ。





――客観とは主体の傲りの表はれではないのかね? 





――主体の傲り? 





――さうぢゃ。「《吾》此処に在り、それ故、客観は主観に従属せよ!」といふことを暗黙裡の前提として、正にその主体が己のことを主体と名指す《吾》のその悪癖故に、主体は客体を悪し様に扱ふ。其処でぢゃ、さて、《吾》は本当に《吾》かね? 





――つまり、《吾》そのものが虚妄だと? 





――ふほっほっほっほっ。虚妄故に《吾》を《吾》が虚妄と断言することは、《吾》が《吾》に対する《存在》の責任を放棄することに直結する故に、《吾》は《吾》として実在する《もの》と狂信する外ないのぢゃ、ふほっほっほっほっ。





――何故《吾》が《吾》を虚妄と名指すことが《吾》に対する《存在》の責任放棄に結び付いてしまふのかね? 





――《吾》が《吾》を虚妄であると断言することは、或る「神」の視点から眺めると言へばよいのか、否、つまり、悪意的にその事を曲解すればぢゃ、《吾》はその時全的自由を獲得したと一見見えるかもしれぬが、しかし、その実、《吾》がその様に振舞ふことをこの《吾》は絶対に受け入れぬし、また、全的自由なんぞ、この《吾》に持ち切れる筈がない! 





――つまり、《吾》が野放図に堕してしまふからかね? 





――はて、つかぬことを聞くが、お前は絶対の無限なる《もの》を持ち切れるかね? 





――ふっ、否が応でも《吾》はその無限なる《もの》を持ち切る外ないんだらう? 





――ふほっほっほっほっ。その通りぢゃて。《吾》はその無限なる《もの》から遁れたい故に《吾》なる《存在》を虚妄と看做したいのぢゃ。





――だが、しかし、《吾》はそもそも泡沫の夢の如く生滅する虚妄の一事象に過ぎぬのぢゃないかね? 





――ふっ、その通りぢゃ。しかし、《吾》には決してさうは出来ぬ、つまり、この《吾》の《存在》を虚妄と看做すことは出来ぬ宿命を負ってゐる。





――宿命? 何の宿命かね? 





――《吾》が《吾》故に《吾》ならざる《吾》へと絶えず変容する外に此の宇宙での存在意義がないといふ宿命、ふっ、つまり、此の無限にすら思へる宇宙に対峙するには、《吾》は《吾》を徹底的に擁護せずにはゐられぬ宿命だからぢゃて。





――そして、《吾》は《吾》を絶えず弾劾せずにはゐられぬ《もの》として此の世に《存在》することを強要される……違ふかね? 





――それは「神」の摂理と言ひたいところぢゃが、詰まる所、《吾》は《吾》にのみにその《存在》を弾劾される《存在》としてしか、ふっ、《存在》出来ぬ悲哀……。





――やはり《存在》は悲哀かね? 





――ふほっほっほっほっ。それは絶えず《吾》に「《吾》とはそもそも何《もの》か?」といふ猜疑心が爆発する危険を孕んだ《吾》といふ《存在》が「先験的」に持つ危うさ故に、《存在》はそれが何であらうと悲哀なのぢゃ。





――へっ、だが、《吾》が《吾》で完結するなどといふ愚劣極まりない存在論にしがみ付く時代は疾うに終わってしまった事だけは間違ひないぜ。





(二の篇終はり)







自著「夢幻空花なる思索の螺旋階段」(文芸社刊)も宜しくお願いします。詳細は下記URLを参照ください。
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-05367-7.jsp



TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
Profile
積 緋露雪
性別男性
年齢45歳
誕生1964年2月25日
星座うお座
血液O型
身長172cm
体型痩身
職業物書き
地域関東
性格穏やか
趣味読書,クラシック音楽鑑賞
チャーム特になし
自己紹介
3度の飯より思索好き今もって独身
Parts

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
Favorite
お気に入りはありません。
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。