ソフトンハウス・トップへ
tonton
できごと
こんなこともありました。
BLOG HOME
こんなこともありました。
Calendar
<<4月>>
.123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
Category
IT(11)
グッズ(10)
テレビ(4)
ドローン(1)
なし(9)
ニュース(24)
ミステリー(9)
ロボット(3)
映画(3)
音楽(24)
外国(26)
気象(3)
恐怖(2)
経済(4)
健康(4)
資源(4)
写真(2)
社会(42)
省力化(1)
乗り物(8)
情報(13)
食生活(4)
心理(4)
政治(19)
装飾(1)
動画(34)
動物(6)
日記(9)
日常生活(88)
文化(33)
未来(2)
面白いこと(1)
歴史(9)
→リスト表示する
Archive
2024年03月 (5)
2024年02月 (5)
2024年01月 (5)
2023年12月 (5)
2023年11月 (5)
2023年10月 (5)
2023年09月 (5)
2023年08月 (5)
2023年07月 (5)
2023年06月 (5)
2023年05月 (5)
2023年04月 (6)
2023年03月 (5)
2023年02月 (5)
2023年01月 (5)
2022年12月 (5)
2022年11月 (5)
2022年10月 (5)
2022年09月 (5)
2022年08月 (5)
2022年07月 (5)
2022年06月 (5)
2022年05月 (5)
2022年04月 (5)
2022年03月 (5)
2022年02月 (5)
2022年01月 (5)
2021年12月 (5)
2021年11月 (5)
2021年10月 (5)
2021年09月 (6)
2021年08月 (5)
2021年07月 (5)
2021年06月 (5)
2021年05月 (5)
2021年04月 (5)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
jotf1967
4月22日(月)...
jotf1967
4月21日(日)...
jotf1967
4月20日(土)...
jotf1967
4月19日(金)...
jotf1967
4月18日(木)...
jotf1967
4月17日(水)...
kazu
あぜ道で
jotf1967
4月16日(火)...
jotf1967
4月15日(月)...
jotf1967
4月14日(日)...
jotf1967
4月13日(土)...
Messages
2024年3月の動画関連...
短絡的思考や思考方法...
政治家の前歴や目的...
地震に強い住宅建物は...
オノマトペ擬音から音響効...
2024年2月の動画関連...
欧米の交通事情・その他飛...
スフィアハンドブック...
信じること疑うこと...
江戸時代の職業....
2024年1月の動画化関...
好奇心の音楽への延長...
好奇心
近年の戦争の方法...
トルクメニスタン...
2023年12月の動画関...
面白生き物カメラ...
戦争では難民・流民その他...
消費税が負担になる...
ペロブスカイト太陽電池...
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁3件 1/1(1件)
2022/12/27 19:00:10 プライベート♪
IT
中国のITはどういう風に発達して来たか
中 国 の I T 産 業 製 造 ア ウ ト ソ ー シ ン グ の 現 状 山 田 陽 子
http://www.rikkyo.ne.jp/univ/masutani/sotsuron03.pdf
急 速 に 普 及 す る パ ソ コ ン
中 国 の I T 産 業 は 9 6 〜 2 0 0 0 年に 年 平 均 3 2 . 1 % の 成 長 率 を 達 成 し 、そ の 製 品 生 産 額 は 2 0 0 0 年 に 初 め て 1 兆元 台 を 突 破 し て 製 造 業 の ト ッ プ に 躍 進 し た 。
---------------------------------------------------------------------------
中国ITのすごさを印象付けた10のモノ・コト
https://japan.zdnet.com/article/35122167/  2018-07-10
1.レノボ(聯想)2.淘宝網・天猫 3.山寨機 4.微博(Weibo)5.微信(WeChat)6.小米(Xiaomi)
7.O2Oサービス、シェアサービス 8.芝麻信用 9.ビリビリ動画・アズールレーン 10.TikTok 

中国のIT企業が急成長中!その理由は?|Tik Tokや荒野行動も中国発!
https://coeteco.jp/articles/10718 2022.05.20
目次:
・中国のIT企業、成長する基盤はどこにあった?
・2010年代後半に中国のIT企業が急加速した理由とは?
・中国のIT、注目企業にはなにがある?
・「中国」というブランドの伸張
・まとめ|ITの世界地図を塗りかえるかも知れない中国企業の躍進に注目!

---------------------------------------------------------------------------

中国の教育制度と留学事情 August 14, 2015
https://www.clair.or.jp/j/forum/pub/docs/427.pdf

1978 年に導入された改革開放政策以降、中国は飛躍的な経済成長を遂げ、2010 年には、日本を抜いて世界第2位の経済大国となった。

1978 年の改革開放以降、中国が海外へ送り出した留学生数は、2013 年までに累計で 305 万 8600 人に達する。

一方、我が国においては、2008 年に「留学生 30 万人計画」を打ち出した。その趣旨は、人口減少に伴う労働力不足に対応するために、海外の優秀な人材の受け入れ拡大を進めるというものだ。

中国人に最も人気のある留学先であるアメリカは、全体の 30%を占め、この8年間で約3倍の数にふくれ上が
っている。
---------------------------------------------------------------------------
IDEスクエア
https://www.ide.go.jp/Japanese/IDEsquare/Column/ISQ000011/ISQ000011_006.html
第6回 IT技術がもたらす行政のイノベーション(中国)

電子政府を目指す中国
新型コロナウイルスとの戦いで、中国が如何にIT技術を応用しているのかについてはメディアでもしばしば報道される。外出している人を見つけて知らせるドローン、健康状態をスマホで証明するQRコードなどさまざまな技術が応用され、日本でも話題になっている。
中国政府がIT技術をガバナンスに積極的に取り入れる理由として、膨大な行政組織の効率向上が挙げられる。行政組織のなかにおけるビッグデータの構築。

行政窓口の設置から始まった改革
中国では1990年代半ばまで役所に総合窓口はほとんど存在していなかった。90年代の後半になると、広東省、浙江省などでは総合窓口を設置する試みがなされた。

胡錦濤の時代(2002〜2012年)になると、中央政府は「サービス型政府」というスローガンを打ち出し、大都市を中心に行政窓口(中国語では「政務大庁」あるいは「政府服務中心」)の設置を推進した。

習近平の時代になると行政窓口の普及はさらに進み、大都市から中小都市へ、沿海地域から全国へと広がった。政策効果を検証するため、行政窓口に関する全国的な調査(2017年)が行われ、県レベルでの設置率は94%に到達していた。

手のひらにある行政窓口

プラットフォームをめぐる政府間競争

外部の圧力とIT技術がもたらしたイノベーション

利便性だけでは終われない
---------------------------------------------------------------------------
Quora アメリカと中国。どちらがIT技術が高いと思いますか? →中国です。
https://bit.ly/3BTvgtf
IT技術が庶民の生活にいかに貢献しているかを両国で比較することはできると思います(2019年現在)。

中国の庶民の生活に浸透したQRコードとキャッシュレス文化は、とても便利で快適でした。その他にも顔認証システムでの便利性など話は尽きません。
---------------------------------------------------------------------------
戦略年次報告 2021 拡大する米中の技術覇権競争
https://www.jiia.or.jp/strategic_comment/2022/02/16/StrategicAnnualReport2021jp02.pdf

米中は人工知能(AI)、量子、極超音速などの新興分野での技術優位のみならず、半導体や情報通信機器などの重
要技術分野におけるサプライチェーンのあり方をめぐっても競争する。

技術の優位をめぐる米中競争
AI に関する国家安
全保障会議(NSCAI)は3月に公表した最終報告書で、このままでは米国は AI 分野で中国に追い越さ
れるとの懸念を示し、米国のイノベーション促進と優位性維持のための方策などを提言した。

中国も技術優位を求めて奔走している。33 月に発表された第 14 次五か年計画は AI、量子情報、集積回路、
脳科学、航空・宇宙科学技術を含む 7 分野に注力する姿勢を明らかにしており、技術革新を重視する中
国当局の決意を示した。

経済的相互依存の中の競争
技術覇権をめぐる競争は、技術の優劣をめぐるものにとどまらない。競合する国家が経済的相互依存関
係にあるなかで、各国の産業や技術基盤を繋ぐネットワークが外交政策や国家安全保障上の目的のため
に使われることもある。相互依存の武器化で国境を横断するサプライチェーンのリスクに対する懸念が高まった。


展望と提言
---------------------------------------------------------------------------
日本と中国の「IT化」に大差が生じた決定的要因
https://toyokeizai.net/articles/-/402691 2021/01/14

経済大国だった日本が、なぜ中国に追い抜かれてしまったのか?
その秘密は「リープフロッグ」にある。遅れてきた者が、先行者をカエルが跳ぶように追い越すことだ。世界の覇権争いの歴史を振り返ると、リープフロッグ=逆転勝ちの連続だったといえる。

国際ランキングで、トップから34位に転落

世界競争力ランキングで日本の順位をみると、ランキングの公表が開始された1989年から1992年まで、日本は1位を維持していました。その後、順位が下がったのですが、1996年までは5位以内でした。

しかし、1997年に17位となり、その後、低迷を続けました。そして、2019年では、過去最低の30位まで落ち込んだのです。ここで止まらず、2020年版では、日本は34位にまで低下しました。30年の間に、トップから34位という、大きな変化が生じたのです。デジタル技術では、2020年に日本は62位でした。対象は63の国・地域ですから、最後から2番目ということになります。
---------------------------------------------------------------------------
アメリカも警戒する、イスラエル人技術者への中国からのスカウトメールとは?
https://news.yahoo.co.jp/articles/75719c76bd25973c42a0606b67950bf0fb8d779a 10/28(金)

<過去20年、ハイテク部門にターゲットを絞った投資と買収を進める中国。言い寄られたら無視できないイスラエル。放置すれば、半導体、ドローン、AIなど防衛・安全保障技術も筒抜けになる危険性が>



「イスラエルの高度な能力、特に先端技術、サイバー、医薬品、農業に関する能力は、中国の勢力拡大計画のほぼ全ての側面に貢献する可能性を持つ」とベン・モシェは書いた。どんなスマートフォンにも侵入できるというスパイウエア「ペガサス」は、イスラエルに拠点を置くNSOグループがライセンスを供与している。

アメリカが中国への半導体輸出などで規制を強化したため、中国政府は代わりにイスラエルから入手することを考えている。

広東省広州市の海国図智研究院が今年4月に発表した論文には、「イスラエルの多国籍・国内半導体企業は新しい世界的な半導体研究開発拠点として、中国の半導体産業にとって戦略的意義がある」と記されている。

一方でイスラエルは、インテルをはじめとする多国籍企業の現地法人を通じて中国に何十億ドル相当の半導体を輸出しており、これを通じてアメリカの技術が中国側に渡っている可能性がある。

---------------------------------------------------------------------------
IT先進国「北欧」を徹底解説!その実情からなぜ先進国となれたのかの背景まで分かりやすく解説します。
https://www.geekly.co.jp/column/cat-technology/1908_010/ 2021年9月1日

ITと聞くと、アメリカや中国をイメージする人が多いかもしれませんが、実は北欧が今IT先進国といわれています。
目次
北欧がITに強いって本当?
IT先進国ランキングでは常に上位
技術力よりも知識量
実は北欧生まれのアプリ
Skype
Spotify
なぜ北欧はIT先進国になれたのか
少ない人口だからこその俊敏さ
ITが社会の基盤となっている
北欧のIT事情
プログラミングの英才教育?
数手先のことを既にやっている
電話番号があれば何でもできる?
手ぶらで鉄道に乗る?
北欧はこれからのIT社会のモデルケース
もはやムーミンどころの騒ぎではない
まとめ
---------------------------------------------------------------------------
中国におけるIT産業の発展と比較優位の原理
https://www.rieti.go.jp/users/china-tr/jp/010820newkeizai.html

中国では、改革・開放政策を背景に、IT産業が急速に発展している。そして多くの人が、IT産業に大きな期待を寄せている。彼らはIT産業が高度成長の起爆剤となって、中国経済が新たな発展段階へと移行することを願っている。また同時に、多くの中国人は、先進国のIT産業もスタート段階にある現在、先進国と中国の経済的なギャップを埋めるためには、今即時にその競争に加わらなければならず、そのためにも政府が強力にIT産業を支援すべきだという認識を持っている。彼らは、中国が最先端のIT産業において先進国に追いつき、そして追い越すことも可能だと考えている。これにより中国の国民経済の発展、ひいては現代化の実現を期待している。

---------------------------------------------------------------------------
中国人プログラマーの実情--使用OS、ブラウザ、言語、そして気になる年収は?
https://japan.zdnet.com/article/35069305/ 2015-08-25

7月にCodeforgeが発表した「中国程序員調査報告」によると、年代構成は20代が4割、30代が4割、40代が1割となっている。精神力と体力の面から30代で多くのプログラマーが限界を感じるようだ。男女比は8:2、つまり女性1人に対して男性が4人いることになる。

使用しているOSは、Windows 7(66.1%)が最も多いが、次のWindows XP(15.9%)も気になるところ。中国全体でのWindows XP利用率は百度統計によると42.6%あり、それに比べて少ないが、まだ使われている。ブラウザ別では、中国では百度や騰訊など様々なベンダーから中国産ブラウザが出ていてある程度のシェアはあるが、プログラマーが使用するブラウザシェアでは、世界的標準であることを主な理由にGoogle Chrome(55%)が最も高く、中国産ブラウザの利用者はそれぞれ1桁となっている。

スマートフォンに関しては搭載OSは、Androidが79%、iOSが18%。ブラウザではAndroid Webkit Browser(30%)が最も高いが、続く国産のQQ手机瀏覧器(19.34%)も健闘する。その次がSafari(16.9%)。

使用言語はC++(26.2%)、MATLAB(20.5%)、C(18.7%)、Java(15.5%)の開発者が多い。以下C#、Visual Basic、PHP、Delphiが1桁台で続く。

1元が20円前後の円安の今、北京や上海では平均して年収が300万円に迫りつつあるわけだ。職種別で見ると、iOSアプリ開発では24万9000元、以下PHPは24万3000元、Javaは19万9000元、Androidは14万8000元、ウェブは14万6000元。

漢文風のプログラミング言語「文言(wenyan-lang)」がめっちゃエモいと話題に
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/1225211.html 2019年12月18日


---------------------------------------------------------------------------
【中国より劣る?】日本のプログラミング教育 松戸市議会議員 大塚けんじ
https://ameblo.jp/kenjiotsuka77/entry-12752356399.html 2022-08-09

---------------------------------------------------------------------------
中国のIT技術教育の歴史
https://bit.ly/3YEPIYL

中国が行っているプログラミング教育とは?国としても急成長!親の教育熱がスゴイ
https://coeteco.jp/articles/10707 2022.05.16

目次:
・中国について
教育において中国はSTEM教育に注力しています。STEM教育とは科学、技術、工学、数学の教育分野を総称したもので、子どものうちからITに触れて自主的に、課題を解決する力を養う教育です。中国ではSTEMの学士号を取得した学生が世界一の470万人を誇り、今後も増加傾向にあるとのことです。(2030年には20%増加する予測)

・中国のプログラミング教育の歴史
1984年にコンピュータが学校教育へ導入されました。
2000年に初等教育における情報技術教育が本格的に始まりました。小中学校では「情報技術」科目を小学校3年生から設置しました。
2017年に小学校の「情報教育」の開始を1年生に引き下げることを規定しました。また、AI教育プロジェクトを推進しており、小中高校でAI教育に関する授業科目を設置して、プログラミング教育を更に推進しています。

・中国のプログラミング教育
親のテクノロジー教育に対する熱量が高く、子どもにかける教育資金を惜しみません。人口が多い中国において、受験での成功が将来のキャリアに繋がり、競争社会に勝ち抜くためです。2014年の調査で、中国主要4都市で課外学習をしている児童が70%を超えている結果も出ています。

・中国のプログラミング教育のねらい
プログラミング教育の目的として、日本では論理的思考能力の育成を重視しているのに対して、中国ではSTEM教育によって次世代のAIを扱える人材の育成を重視しています。これは、中国はITの人材不足が課題であることと、未来のAI時代を見据えているためです。

・学習内容
中国のプログラミング教育において使用されている教材は、ロボットカー、LEGOに近い製品のScratchやオンラインプログラミング学習のKittenなどです。

・現状の課題
課題として2つ。
1つ目は、世界各国共通の課題ではありますが、教師のITスキル不足です。
2つ目は、小学生から高校生の間に、プログラミングを学習する機会が1%程度に留まっていることです。

・中国のプログラミング教育の効果
世界トップ100のうち中国のベンチャー企業が15社ランクインしており、AI、モバイルの領域で世界をけん引する企業もあります。

・まとめ 
---------------------------------------------------------------------------
中国のソフトウェア開発現場はこんなにスゴイ
https://atmarkit.itmedia.co.jp/farc/rensai/redge35/redge35b.html  2005/6/25

Liu教授の説明を聞いた筆者はコンピュータに向かい、現代中国のソフトウェアエンジニアリング手法を解き明かすほかの指標を探した。すると、筆者の手に余るほどの参考資料が見つかったが、これらを見ていくと、明確な目標を持ち、それを達成するための計画も用意している様子が浮かび上がってきた。
---------------------------------------------------------------------------
中国プログラミング教育最前線(1)山東大学ソフトウェア学院
八つの基礎をたたき込んでIT職人を輩出──山東大学ソフトウェア学院
https://www.ajitep.org/news/1it.html  2017年09月22日
---------------------------------------------------------------------------
中国IT教育の「10年の変遷」--Scratchは使用禁止、家庭学習で使われる進化版電子かばん
https://japan.cnet.com/article/35181204/  2021年12月24日

中国の小中高の情報教育に関するカリキュラム体系の歴史と現状
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsetstudy/2021/2/2021_JSET21-2-A13/_article/-char/ja/ 2021 年

1 中国における教育公平および質向上を目指
した ICT 活用の系譜と現状,課題
https://www.jstage.jst.go.jp/article/konpyutariyoukyouiku/35/0/35_12/_pdf



中国の小中高の情報教育におけるカリキュラム体系の歴史と現状に関する一考察
file:///C:/Users/user/Downloads/13-1-12.pdf

---------------------------------------------------------------------------
中国 プログラミング教育
https://bit.ly/3FMMWYS

世界のプログラミング学習はこんなに進んでいる!中国編
https://bit.ly/3vbNvq0

中国語版プログラミング言語学習環境「Kitten(編程猫)」の開発会社が実施した調査から
9歳〜14歳の利用者を対象に実施したアンケートの結果、子どもたちの9割弱は「自身の興味があるからプログラミングを学習している」と回答した。

アメリカでは小学生から高校生の間に約68%がプログラミング学習の機会があるのに対して、中国では1%程度に留まっているといいます。

「Kitten(編程猫)」はScratchに似た中国語版プログラミング言語学習環境で、最大の特徴は、機械学習を活用した自動対話システムで、その場に教師がいなくても不明点を質問しながら学習を進めることができる点です。
---------------------------------------------------------------------------
小学校の英語教育
http://www.cubeland.net/jirei_htm/500034/  2007/02掲載

 写真1をご覧いただきたい。中国の広州の小学校英語の授業風景である。中国で英語の授業と聞いて耳を疑った。しかも小学校である。我が国の小学校の英語は、英語ではなく英会話であるから、聞き慣れ親しむという目標になっている。しかし中国では、徹底したスキル教育である。

AI技術者への登竜門 中国は10歳から
https://www.nikkei.com/telling/DGXZTS00001430X20C22A4000000/

人工知能(AI)開発のトッププログラマーを目指すには、いつからスキルを身につければいいのか。
世界的な競争は小中学生の頃から始まっていた。中国勢は10代前半から主要コンテストで上位に食い込む。企業も採用に役立てようと競プロのスコアに注目する。

---------------------------------------------------------------------------

中国IT先進国
https://bit.ly/3PJJGSo

中国IT教育の「10年の変遷」--Scratchは使用禁止、家庭学習で使われる進化版電子かばん
https://japan.cnet.com/article/35181204/

中国が行っているプログラミング教育とは?国としても急成長!親の教育熱がスゴイ
https://coeteco.jp/articles/10707

本 中国のサイバー攻撃
https://amzn.to/3ViyJIA

ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する 山田敏弘

目次
プロローグ 二〇××年末、東京
第一章 ナタンズの姿なき攻撃者
第二章 スタックスネットを見破った男
第三章 二一世紀のマンハッタン計画
第四章 「デジタル・パールハーバー」が起こる日
第五章 「ムーンライト・メイズ」と「タイタン・レイン」
第六章 アメリカが誇る世界最強のサイバー軍団
第七章 インフラを狙え!
第八章 暗躍するNSAと「サイバー兵器」
第九章 「ゼロデイ」が生んだ、新しい死の商人
第十章 小さなサイバー大国イスラエル
第一一章 サイバー空間の新世界秩序
第一二章 ロシアがトランプ大統領を誕生させた
エピローグ 二〇一七年、そのとき日本は……

---------------------------------------------------------------------------
中国のサイバー攻撃隊
https://bit.ly/3VgDTVJ 検索結果

自衛隊「サイバー防衛隊」540人態勢で発足…中国は17万人、北朝鮮も6800人
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220317-OYT1T50257/  2022/03/17

サイバー戦で中国の攻撃を日本はなぜ防ぐことができないのか?
https://news.yahoo.co.jp/articles/e9d577bfc0618d90de495d07973b28035a9023a4  8/12(金)

中国 サイバー攻撃 事例
https://bit.ly/3PN8jOe 検索結果

中国軍「サイバー攻撃隊」日本企業200社以上を攻撃(2021年4月20日放送「news zero」より)
https://youtu.be/r7k_Hr5DYOY

中国共産党員を書類送検 JAXAにサイバー攻撃か(2021年4月20日)
https://youtu.be/jNYGZ_rKN5s

中国人民解放軍「61419部隊」とは【警視庁記者徹底解説】(2021年5月12日)
https://youtu.be/oCT2_jsc9sE

我が国に対するサイバー攻撃
https://www.moj.go.jp/content/001361646.pdf

中国のサイバー攻撃の実態 平成28年度
https://ssl.bsk-z.or.jp/kakusyu/pdf/jyousekikenkyu29.2.pdf

中国 サイバー攻撃 事例 画像検索結果
https://bit.ly/3PJstbY


中国 サイバー攻撃 日本 検索結果
https://bit.ly/3va4fhr

サイバー攻撃国、日本政府が積極的な「名指し非難」に転換…北や中露を念頭
https://www.yomiuri.co.jp/national/20211017-OYT1T50176/ 2021/10/18


サイバー攻撃 国 ランキング 検索結果
https://bit.ly/3Q0XlF7

最もハッカーに狙われた国は?…サイバー攻撃を受けた国ランキング ロシア侵攻のウクライナは5位
https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/omoshiro/202203/0015109030.shtml  2022 . 12 . 17 ( 土 )

1位はダントツで「アメリカ」(198回)だったそうです。2位はイギリス(58回)、3位はインド(32回)だったほか、現在ロシアの侵攻を受けているウクライナは5位(24回)、日本は11位(16回)

日本を狙うサイバー攻撃 発信元は中国からオランダに
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/barchart-race-cyber-attack/ 2020年7月24日



最もサイバー攻撃を実行している国家はロシア
https://japan.zdnet.com/article/35177843/ 2021-10-11

日本のサイバー能力は北朝鮮、韓国より下 Yahooニュース 10/15(土)
https://news.yahoo.co.jp/articles/389e6059b50b555908606202e0d48bd31d34240b
「2020年に最初に発表されたパワー指数が再び公開された。ランキングのトップはアメリカ、2位は中国
ロシアは3位に入り、イランやウクライナ、ベトナム、韓国といった国がチャートを急上昇している」

---------------------------------------------------------------------------
中国サイバー軍 WIKI
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E8%BB%8D

中国政府を背景に持つAPT40といわれるサイバー攻撃グループによるサイバー攻撃等について 外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page6_000583.html

中国名門大学と軍がサイバー共同研究、過去に論文執筆
https://jp.reuters.com/article/tk0640091-china-cybersecurity-university-idJPTYE92O03J20130325 013/3/25

サイバー部隊、中国で膨張 軍傘下の大学が精鋭生む
https://www.nikkei.com/article/DGXNASGU2801S_Y3A220C1SHA000/ 2013年3月4日

超高層ビルが林立する上海浦東地区。会社名の表示がない12階建ての白いビルがひっそりと建つ。入り口を守る警備員の襟には「総参謀部」の印。人民解放軍でサイバー攻撃を手掛けているとされる総参謀部第3部(技術偵察部)の精鋭「61398部隊」だ。

中国が「ネット藍軍」を創設したわけ
https://spc.jst.go.jp/news/110605/topic_1_02.html 2011年06月27日-06月30日

中国のネットワークハードウェア・ソフトウェアはほとんどが米国製のものだ。この点から見ると、中国はコンピュータの『ユーザー』でしかなく、ネットセキュリティがとても脆弱だ。このため、中国はネットセキュリティを保障する部隊を創設する必要性が十分にある」と指摘する。

中国61398サイバー部隊の正体――彼らは何ものなのか?
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20140710-00037236 2014/7/10

中国人民解放軍管轄下の代表的な高等教育機関には、中国人民解放軍国防科学技術大学、中国人民解放軍理工大学、中国人民解放軍信息工程(情報工学)大学、中国人民解放軍空軍工程大学、中国人民解放軍海軍工程大学などの5大巨頭があるが、中でも中国人民解放軍信息工程大学は、サイバー部隊の人材を輩出するメッカだ。


我が国に対するサイバー攻撃
https://www.moj.go.jp/content/001361646.pdf

我が国企業等を標的としたサイバー攻撃が相次いで発覚

国家的関与が指摘される事案が継続して発生

---------------------------------------------------------------------------
参考本 サイバー攻撃の新常識 - 米・露・中国・北朝鮮の攻撃分析から学ぶ 小林偉昭 2019/12

はじめに

第T編 これだけは知っておきたい基礎
1. 知っておきたい社会インフラの基礎
(1) インフラとインフラサービスとは
1.1 インフラはシステムで構築されている
(1) 情報システムと制御システムとは
(2) 軍事システムとは
(3) システムはコンピュータとネットワークで構築されている
1.2 インフラの分野間の相互依存性
(1) 社会インフラの分野間での相互依存性
(2) 軍事インフラ分野は社会インフラの特定重要分野に依存
2. 知っておきたいサイバー空間の基礎
(1) 基本的な4つの構成要素
(2) インフラサービスはサイバー空間に依存している
(3) サイバー空間は企業などの所有物
(4) 企業のサイバー空間はどんなサイバー空間
(5) サイバー空間には属性がある
(6) サイバー空間は悪用や攻撃にも利用される
(7) 軍事ではサイバー空間は第5の戦場へ
3. 知っておきたい脆弱性(ぜいじゃくせい)の基礎
(1) ハードウエア、ソフトウエア、プログラム
(2) 脆弱性(ぜいじゃくせい)とは
(3) 脆弱性の公表及び脆弱性の更新プログラムとゼロデイ攻撃
3.1 ソフトウエアの脆弱性を狙った攻撃手法を理解しましょう
(1) バッファオーバーフローの脆弱性を狙う攻撃例
(2) 文書ソフトの脆弱性を狙う標的型メール攻撃例
4. 知っておきたいインターネットの基礎
(1) インターネット通信の基礎
(2) 世界に広がるインターネット
4.1 インターネットの脆弱性を狙った攻撃手法を理解しましょう
(1) 境界点での盗聴・改ざん、検索・規制と閉鎖・規制
コラム1 身近なところでのサイバー攻撃はあるのか?
(1) 自動車
(2) 医療機器
(3) スマート家電
(4) 信号機

第U編 米国、ロシア、中国、北朝鮮のサイバー攻撃の現実 これが新常識だ!
<総論編>
1. 社会インフラはサイバー攻撃(戦争)のターゲットになっている
<米国編>
1. 米国の政府と軍のサイバー攻撃への取り組み
(1) セキュリティ脅威の増大
1.1 米国国土安全保障省DHS
(1) 政府の重要インフラに対する無償セキュリティ評価サービス
1.2 米国国防総省DoD
(1) 米国国家安全保障局 NSA
(2) 米国サイバー司令部 USCYBERCOM
2. 多分、こうだっただろうコバ劇場 米国編
2.1 米国軍によるイランへのサイバー攻撃
(1) 米国軍によるイラン核施設へのサイバー攻撃
(2) 2019年イラン軍へのサイバー攻撃
2.2 米国軍による北朝鮮の人民武力省偵察総局へのサイバー攻撃
2.3 国家安全保障局NSAによる情報収集活動及びサイバー攻撃
(1) スノーデン内部告発までの経緯と米国内の関連動向
(2) 情報収集:ベライゾン社通信履歴収集
(3) 情報収集:プリズム
(4) 情報収集:アップストリーム監視
(5) 情報収集:脆奪
(6) 情報収集:裏口(バックドア)
3. 米国の中国サイバー攻撃への報復
(1)中国人民解放軍の5人の将校を訴追
(2)天津国家安全局の2人の中国人ハッカーを訴追
4. 米国の政府と軍のセキュリティ堅牢化への取り組み
(1) 米軍によるバグバウンティプログラム
(2) 米軍によるサプライチェーンのセキュリティ向上
(3) サイバー演習の実施
コラム2 心理戦争とは
コラム3 国家による民間の情報窃取は、犯罪か、インテリジェンスか、戦争か?
コラム4 米国・ロシア間での電力網などへのサイバー攻撃
<ロシア編>
1. ロシアの政府と軍のサイバー攻撃への取り組み
(1) ロシア連邦保安庁(略称:FSB)
(2) ロシア連邦軍参謀本部情報総局(略称:GRU)
2. 多分、こうだっただろうコバ劇場 ロシア編
2.1 ロシア軍による米国大統領選へのサイバー攻撃
2.2 ロシア軍によるバルト3国やCIS諸国へのサイバー攻撃
(1) エストニアへのサイバー攻撃
(2) ジョージア(旧グルジア)へのサイバー攻撃
2.3 ロシア軍によるウクライナへのサイバー攻撃 破壊型ランサムウエア攻撃
2.4 ロシア軍によるウクライナへのサイバー攻撃 サプライチェーン攻撃
2.5 ロシア軍による韓国平昌冬季オリンピックへのサイバー攻撃
2.6 ロシアが関与したとみられるサイバー攻撃
コラム5 サイバー戦争に関係するプーチン大統領
<中国編>
1. 中国の政府と軍のサイバー攻撃への取り組み
(1) 国家安全部と国家安全局
(2) 人民解放軍連合参謀部
2. 多分、こうだっただろうコバ劇場 中国編
2.1 中国軍による米国先進技術情報窃取 軍事・防衛企業への標的型メール攻撃
2.2 中国軍・政府による米国先進技術情報窃取 脆弱な企業へのサプライチェーン攻撃
2.3 中国政府による米国先進技術情報窃取 標的型メール攻撃によるMSPへの攻撃
2.4 中国による東京オリンピック・パラリンピックへのサイバー攻撃の兆候
2.5 中国の政府と軍による日本へのサイバー攻撃
2.6 中国の愛国ハッカーによる日本へのサイバー攻撃
コラム6 中国サイバー攻撃チームのキャンペーン活動
<北朝鮮編>
1. 北朝鮮の政府と軍のサイバー攻撃への取り組み
(1) 人民武力省偵察総局 サイバー戦指導部
2. 多分、こうだっただろうコバ劇場 北朝鮮編
2.1 外貨獲得目的のバングラデシュ銀行へのサイバー攻撃
2.2 外貨獲得目的の身代金要求型サイバー攻撃
2.3 外貨獲得目的の外国送金等へのサイバー攻撃
2.4 北朝鮮からの各国へのサイバー攻撃
<日本編>
1. 日本の政府と防衛省のサイバー攻撃への取り組み
(1) 内閣サイバーセキュリティセンターNISC
(2) 防衛省のサイバーセキュリティに関連する組織
2. 中国と北朝鮮による日本へのサイバー攻撃

第V編 サイバー攻撃に立ち向かうための考察
1. セキュリティ脅威の理解
2. リスク分析の実施
(1) リスク分析手法
(2) 事業継続計画BCPとPDCAサイクル
(3) 脅威への意思決定手法OODAサイクル
3. 個社レベルからサプライチェーン、さらに業界、地域や国家レベルへ
3.1 セキュリティ自助活動
3.2 セキュリティ共助活動
(1) 地域でのセキュリティ共助活動
(2) 英国WARPのセキュリティ共助活動
(3) 米国と日本でのサイバー脅威情報共有のセキュリティ共助活動
3.3  セキュリティ公助活動
(1) IPA(経済産業省)による実運用システムのリスク分析
(2) NICT(総務省)によるインターネット上のIoT機器の脆弱性調査
(3) 地域のセキュリティ向上施策
(4) IPAのサイバーレスキュー隊J-CRAT(ジェイ・クラート)
(5) サイバーセキュリティ協議会
3.4 国家レベルの取り組みの必要性
(1) セキュリティ人材育成の課題
(2) 公的セキュリティ評価・対策体制の整備と継続運用による人材育成
4. セキュリティ標準・認証とセキュリティガイドライン
4.1 国際標準ISO/IEC 27001とIEC62443
4.2 国と業界主導のセキュリティフレームワークやセキュリティガイドライン
(1) 米国NISTのサイバーセキュリティフレームワーク
(2) 電力業界とビル業界のセキュリティガイドライン
(3) 金融業界の安全基準
5. 社会インフラのセキュリティ対策のポイント
コラム7 破壊型ランサムウエア被害企業の対策公開:A.P. モラー・マースク社
コラム8 金銭目的型ランサムウエア被害企業の対策公開:(株)日立製作所
コラム9 制御システムのセキュリティ認証の現状と概要

第W編 主要なサイバー攻撃へ対策の考察
1.  標的型攻撃への対策
2.  サービス妨害攻撃(DoS・DDoS攻撃)への対策
3.  サプライチェーン攻撃への対策
(1) 製品のバックドア利用型サプライチェーン攻撃
(2) ソフトウエア更新時のバックドア利用型サプライチェーン攻撃
(3) 脆弱な企業利用型サプライチェーン攻撃
4.  ランサムウエア攻撃への対策
5.  ビジネスメール攻撃への対策
6.  2020年東京オリンピックを標的としたサイバー攻撃への対策
(1) ロシアからのサイバー攻撃の想定と対策
(2) 中国からのサイバー攻撃の想定と対策

あとがき

最後に セキュリティとセキュリティ仲間と筆者
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
Profile
tonton
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。