ソフトンハウス・トップへ
tonton
できごと
こんなこともありました。
BLOG HOME
こんなこともありました。
Calendar
<<3月>>
.....12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
Category
IT(11)
グッズ(10)
テレビ(4)
ドローン(1)
なし(9)
ニュース(24)
ミステリー(9)
ロボット(3)
映画(3)
音楽(24)
外国(26)
気象(3)
恐怖(2)
経済(4)
健康(4)
資源(4)
写真(2)
社会(40)
省力化(1)
乗り物(8)
情報(13)
食生活(4)
心理(4)
政治(18)
装飾(1)
動画(34)
動物(6)
日記(9)
日常生活(87)
文化(32)
未来(2)
面白いこと(1)
歴史(9)
→リスト表示する
Archive
2024年02月 (5)
2024年01月 (5)
2023年12月 (5)
2023年11月 (5)
2023年10月 (5)
2023年09月 (5)
2023年08月 (5)
2023年07月 (5)
2023年06月 (5)
2023年05月 (5)
2023年04月 (6)
2023年03月 (5)
2023年02月 (5)
2023年01月 (5)
2022年12月 (5)
2022年11月 (5)
2022年10月 (5)
2022年09月 (5)
2022年08月 (5)
2022年07月 (5)
2022年06月 (5)
2022年05月 (5)
2022年04月 (5)
2022年03月 (5)
2022年02月 (5)
2022年01月 (5)
2021年12月 (5)
2021年11月 (5)
2021年10月 (5)
2021年09月 (6)
2021年08月 (5)
2021年07月 (5)
2021年06月 (5)
2021年05月 (5)
2021年04月 (5)
2021年03月 (5)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
tonton
2024年2月の動画関連...
tonton
欧米の交通事情・その他飛...
tonton
スフィアハンドブック...
tonton
信じること疑うこと...
tonton
江戸時代の職業....
kazu
Macに来ました。...
kazu
あれ!
asobow
小さな絵本で 大きくな&...
tonton
2024年1月の動画化関...
tonton
好奇心の音楽への延長...
tonton
好奇心
Messages
2024年2月の動画関連...
欧米の交通事情・その他飛...
スフィアハンドブック...
信じること疑うこと...
江戸時代の職業....
2024年1月の動画化関...
好奇心の音楽への延長...
好奇心
近年の戦争の方法...
トルクメニスタン...
2023年12月の動画関...
面白生き物カメラ...
戦争では難民・流民その他...
消費税が負担になる...
ペロブスカイト太陽電池...
2023年11月の動画関...
カーチス・ルメイに勲章を...
.同化するとはどういうこ...
オランダ人の背が高い理由...
ロボティック・プロセス・...
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁3件 1/1(1件)
2022/05/27 19:00:20 プライベート♪
情報
コロナ各国一律給付金など
世界各国 コロナ支援金額 検索結果
https://bit.ly/3Mhb3AT
--------------------------------------------------------------------------

EU コロナ対策で一般市民に配った一律給付金 検索結果
https://bit.ly/3oJ7icP
--------------------------------------------------------------------------
新型コロナ 緊急経済対策 急場の巨額出動
https://mainichi.jp/articles/20200407/ddm/002/040/031000c 2020/4/7



--------------------------------------------------------------------------
欧州、付加価値税の引き下げ相次ぐ、インフレ率にも影響 (EU、欧州) Jetro
https://www.jetro.go.jp/biznews/2021/02/3b70fbb79d39ff62.html 2021年02月12日

【COVID-19】「一律給付」と「ベーシック・インカム」:『みんなにお金を配ったら』
https://www.nri.com/jp/knowledge/blog/lst/2020/fis/kashiwagi/0417  2020/04/17
--------------------------------------------------------------------------
新型ウイルス経済支援、最も手厚い国はどこ?
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-52586299 2020年5月8日

一番上のグラフはグラフは新型コロナウイルスをめぐる経済政策パッケージの規模をGDPにおける割合でみた場合の上位20カ国

対応を考慮するとフランスが最上位となり、イギリスは47位から5位に浮上する。

多くの国では、貧困層や非公式経済部門で働く、ほかの救済プログラムでは援助を受けられない可能性が高い人、あるいは仕事が封鎖措置の影響を受けている人を対象としている。

例えばカナダは、新型ウイルスのパンデミック(世界的流行)で収入が途絶えた人に対し、月々2000カナダドル(約15万2000円)を最長4カ月間支給している。

一方コスタリカでは、失業者に対し月々220ドル(約2万3000円)の手当てが支給されている。


・過去ブログでは森永卓郎さんの10月26日の話では米国では過去3回1人当り35万円、4人家族だと140万円支給されたとされる。ばいでん政権のときにこれを行ったので現在米国は8%のインフレ率にも発展する元にもなっているかも知れない。

2番目のグラフは新型ウイルス経済対策における国民1人あたりの給付金額(出典:経済協力開発機構)

年収9万9000ドル(約1050万円)以下のすべての米市民(全世帯の約9割と推定)は、成人1人あたり最大1200ドル(約12万7000円)が支給される。

韓国では、所得が低い方から70%の世帯に対し、100万ウォン(約8万7000円)の小切手を送付している。

香港は今年2月、成人1人あたり1万香港ドル(約13万7000円)を支給すると発表した。

日本では、住民基本台帳に記載されている全ての人を対象に、1人あたり10万円が、シンガポールでは600シンガポールドル(約4万5000円)が支給される。

対照的に多くの欧州諸国では、増加するニーズに対応するため、1回限りの給付金ではなく、比較的強力な既存のセーフティーネット(安全網)プログラムに頼っている。例えば、イギリスの「ユニバーサル・クレジット」制度(低所得者向け給付制度)がこれにあたる。

賃金助成金
ほかの一般的な戦略は、ロックダウン措置の影響を受けている企業への賃金補助だ。企業が従業員の雇用を維持することで、規制解除後に経済がより早く回復することが期待されている。

オランダは、最も手厚い計画を進めている国の1つだ。政府は、対象となる企業の賃金コストを最大90%補助すると約束している。

一方フランスでは、総賃金の84%を補助している。また、最低賃金で働く人については、賃金を最大100%補助するという。

イギリスでは少なくとも3カ月間、一時帰休になった労働者の賃金の80%を、1人あたり月に最大2500ポンド(約32万9000円)までを、カナダでは賃金の75%を最大3カ月間補助するという。

これらの多くの計画は、既存の「短期労働」プログラムに基づいている。

--------------------------------------------------------------------------
世界各国コロナ対策、総額1445兆円 日本は2番目の規模
https://www.sankei.com/article/20210129-DGLU3QWSKJIMHN3WXTCPZTSC5I/ 2021/1/29

米国は36%増の4兆130億ドル。失業給付の拡充や中小企業への融資に加え、現金給付を2回実施した。ドイツが1兆4720億ドル。中国は9040億ドルだった。

--------------------------------------------------------------------------
ヨーロッパにおける新型コロナウイルス感染症対策とグリーンディール
https://www.mof.go.jp/public_relations/finance/202104/202104i.html

1.新型コロナウイルス感染症とヨーロッパ経済社会の現状
2.欧州連合(EU)の感染症へ対応
3.グリーンディールと「欧州復興計画」
4.まとめ
--------------------------------------------------------------------------
特集 新型コロナウイルス感染拡大の影響
https://www.jetro.go.jp/world/covid-19/  2022/05/20

--------------------------------------------------------------------------
・国が多民族国家であるので国民の生活を慮ってケチ臭いバラマキはできず、大判振舞を行っている可能性が見てとれる。従って我国とは幾分違った経済対策を行って不思議ではない。その後物価上昇が起こり8%ぐらいのインフレ率になっているらしい。これらのことを我国は真似しなくて良かったかもしれないけれど、結局金利格差で127円台という円安方向に傾いた。我国は金利も上げずそれなりの対応を取り、物価上昇を最小限に抑えてもらう必要がある。これが大幅に変化すると高齢者層の生活にも響いて来ると思われる。

米国はなぜ利上げした?円安はさらに加速?株価は?
https://www.asahi.com/articles/ASQ553FW5Q51ULFA00D.html 2022年5月5日
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
Profile
tonton
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。