ソフトンハウス・トップへ
tonton
できごと
こんなこともありました。
BLOG HOME
こんなこともありました。
Calendar
<<12月>>
.....12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
Category
グッズ(1)
テレビ(4)
なし(4)
ニュース(23)
ミステリー(1)
映画(1)
音楽(12)
経済(1)
政治(4)
動画(9)
日記(9)
日常生活(1)
→リスト表示する
Archive
2017年11月 (1)
2017年10月 (2)
2017年09月 (4)
2017年08月 (2)
2017年07月 (1)
2017年06月 (2)
2017年05月 (1)
2016年07月 (1)
2016年05月 (1)
2016年03月 (1)
2016年02月 (2)
2016年01月 (2)
2015年12月 (2)
2015年10月 (2)
2015年09月 (5)
2015年08月 (2)
2015年07月 (2)
2015年06月 (3)
2015年05月 (2)
2015年04月 (2)
2015年02月 (3)
2015年01月 (2)
2014年12月 (8)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
kortodarma
<二匹のサル(続きの1)...
kortodarma
<二匹のサル>...
gsoy
ビットコインがすごくなっ...
前野岳洋
断わりの返事のエチケット...
KEI
久しぶりに
kortodarma
<焼き>
kortodarma
<間に>
asobow
新年から 貯めちゃう!!...
watawata
パソコンモニタ...
tonton
ネットで見られる映画...
前野岳洋
断わりの返事のエチケット...
Messages
ネットで見られる映画...
お笑いの分野ではどうなの...
知らされていない情報が多...
テレビを見ないと動画が情...
便利グッズについて...
youtubeのショート...
UFOや宇宙人の疑問 続...
UFOの目撃情報は信じら...
音楽を大人数でやるってい...
ひそかな音楽熱のようなも...
ロボットと音楽とを結び付...
新しい乗り物なのか?...
面白動物静止画や動画...
ライブカメラとはどういう...
K-POP 近年にない大...
最近 youtubeにア...
最近日本で国内の音楽を聴...
古い食料品をオークション...
音楽のピックアップ ...
イメージチェンジもありな...
→リスト表示する
[新着順]  [最初] ≪前ページ 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁3件 4/24(70件)
2017/08/09 07:27:40 プライベート♪
音楽
ひそかな音楽熱のようなもの
吹奏楽というと過去には天理高校がぶいぶい言わせていたもんだった。コンサートを聴く機会もありトローンボーンの音色はインパクトがありダイナミックで現在でも記憶に残っている。

あれから何年経つのだろうか。小学生?高度な曲を取り上げるようになり音色もよく出来ていてテクニックもあるようでやはり進化したというべきか。

楽器を持たせたらお世辞も入るがひょっとして世界一かも知れない。
しかし音楽面で果たして文化国家なのかどうかについては疑問な点もあるけれど、何が不足しているのかは議論の的にもなりそう。

文化的には落語とか川柳に興味を持つ国民性だし、テレビやラジオから推測すると演歌や歌謡曲に興味を持つ人たちが7割から8割がたぐらいいるのではないかと想像する。学校から帰ったら演歌や歌謡曲を聴いているのだろうか?

せっかくここまでやってきたのだし、何かを目指しているのだろうか?今はそれが見えない。課題曲のようなものは教職員独自のルートで出回っているのだろうか?

P. Sparke - The Year of the Dragon : Elementary School Brass Band
https://youtu.be/6O8DOXjGWB4


Japan Band Festival: Nakagurose Elementary School
https://youtu.be/IcsgOIAcypQ

Sing Sing Sing・京都橘高等学校吹奏楽部・第55回3000人の吹奏楽 オープニング ・55th 3,000 Band opening
https://youtu.be/ips_LTmgy5o


Japanese Girls' Brass 〜 Music of the Spheres 〜 精華女子高等学校 宇宙の音楽
https://youtu.be/JP7opO32bfI
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/07/27 18:50:55 プライベート♪
音楽
ロボットと音楽とを結び付けたい
ASIMO
新型ASIMOは周囲の人の動きに合わせて自ら行動する判断能力を備えたことによってこれまでの自動機械から自律機械へと進化したとされる。
https://youtu.be/JlRPICfnmhw

ASIMO on LIVE with Kelly and Michael
https://youtu.be/skXYr8BzjpM

Honda ASIMO 2016. Robot
https://youtu.be/5jkLUPeGkRs

Nao Robots Dancing together..All the single ladies 
https://youtu.be/vgEFC8Eb6i4
NAO Robots Thriller Dance
https://youtu.be/n8-SSwKMGnY

Evolution Of Dance by NAO Robot
https://youtu.be/2laujomh0JY

現在のアンドロイド
Los androides más humanos de la actualidad
https://youtu.be/y4zFJL5WynQ
サイバネティックヒューマンHRP-4C未夢_ダンスデモンストレーション
https://youtu.be/3JOzuTUCq6s
CEATEC2010のHRP-4C 2010年10月9日11時
https://youtu.be/l9A8QjADb6c
[ScienceNews] (25)シリーズ最先端研究室訪問 産業技術総合研究所 知能システム研究部門
https://youtu.be/p52qcDnANag

東京オリンピックには間に合わないかもしれない。1つの夢でもあるのだけれど。われらロボットたちが大人数で服やショートパンツをはいて髪をなびかせながら集団で踊るというのもワクワクするのではいのかと思う。

大きさや動力源、持続時間、転倒の心配などあるけど盆踊り型ではなく、個々が独自の動きをする調和のとれた振り付けを導入するってのはどうか。テレビ映像用になるとは思われるけれど。

Most robots dancing simultaneously - Guinness World Records
https://youtu.be/3otrUaWcLYU

今後中国の労働力人口が2億人ほど減少するそうで労働生産力を上げるためにもロボットの活用が欠かせないとして力を入れているのかもしれない。
-------------------------------------------------------------------

音楽 モンゴルPOP ウィー・アー・ザ・ワールド 2017年5月にアップされたもの
We Are The World - "Universe Best Songs 2017"
https://youtu.be/cwPCj3wXIkQ

Amarhuu & Nominjin - Could i have this kiss forever
https://youtu.be/QrJuklHOipc
ホイットニー・ヒューストンとエンリケ・イグレシアスの 2000年のデュエット曲

Amarkhuu Nominjin - Lunar Melody
https://youtu.be/h3PewcN1yZI

モンゴルの人たちはみなさんアメリカでの生活が長いように見えるけど実際はどうなの?

ユニバースのメンバーは多くはその都度顔触れが変わるオーディション選抜の人たちと予測でき従って素人に近い人たちかもしれない。日本では国営放送局が歌う人に鐘を鳴らしているらしいけれどこちらは思い出作りが目的なのか。ノミンジンとアマルフーは過去wikiでも見られるように多くの経歴を持ち指導者的な立場にあると想像できるけれど。

形式どまりではなく自ら楽しんでいるように見えるのが素晴らしく、この域に到達するのは難しいかもしれない。最大限に近い発声法やアメリカ風のこぶし回し、確かな個々の音程とハーモニー、そしてラップを始めグローバルなリズム感やからだでの表現方法とか。自然災害の多い日本ではあるけれど同じ曲が取り上げられたことは過去あったのかどうなのか。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/06/26 08:31:49 プライベート♪
動画
新しい乗り物なのか?
バック・トゥー・ザ・フューチャーの映画が上映されたのが1985年とされる。S.スピルバーグ監督、マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド出演でパート2から4まで作られたとされる。記憶はおぼろではあるものの最新技術のような未来を予測する場面も登場していたと思われる。
動画で探すとそれらしきものがあった。

Back to the Future Part 2 (3/12) Movie CLIP - Hover Board Chase (1989) HD
https://youtu.be/TkyLnWm1iCs

1989年とあるからあれから20年から30年経つと思われるが当時は映画でのトリックと思って見ていたけど。これはどうなのかという乗り物があった。

BELIEF  201403
https://youtu.be/A4vE_vpkr90

これまでロスオリンピックのロケットマンや
6 Futuristic Hoverboards You Must Try
https://youtu.be/Bo93JhEf0oE のような乗り物は動画でも見られたが前記のBELIEFの動画のものは映画に出て来たとおりのものに近くて動力源が分からない。ひょっとして画期的なものかもしれない。

しかしHover Boards https://youtu.be/CLBWIh3kQHs
の出演人物や他の動画を見ても疑わしいものは時間をかけて調べてみる必要はありそう。

いかによくできていてもすぐには信じない習慣も必要かも。顔が変わっていて開発者と思っていたら当時の俳優クリストファー・ロイドであったり、この動画もトリックものによく登場する人物。
Hover Boards - Behind the Scenes/VFX Breakdown 
https://youtu.be/NAjjCH71J74

従って結論は作りものであることが判明しました。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [新着順]  [最初] ≪前ページ 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 次ページ≫ [最終]
Profile
tonton
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。