ソフトンハウス・トップへ
tonton
できごと
こんなこともありました。
BLOG HOME
こんなこともありました。
Calendar
<<6月>>
......1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
Category
IT(11)
グッズ(10)
テレビ(4)
ドローン(1)
なし(10)
ニュース(24)
ミステリー(9)
ロボット(3)
映画(3)
音楽(24)
外国(26)
気象(3)
恐怖(2)
経済(4)
健康(4)
資源(4)
写真(4)
社会(43)
省力化(1)
乗り物(8)
情報(13)
食生活(4)
心理(4)
政治(21)
装飾(1)
動画(35)
動物(6)
日記(9)
日常生活(90)
文化(33)
未来(2)
面白いこと(1)
歴史(10)
→リスト表示する
Archive
2024年05月 (5)
2024年04月 (5)
2024年03月 (5)
2024年02月 (5)
2024年01月 (5)
2023年12月 (5)
2023年11月 (5)
2023年10月 (5)
2023年09月 (5)
2023年08月 (5)
2023年07月 (5)
2023年06月 (5)
2023年05月 (5)
2023年04月 (6)
2023年03月 (5)
2023年02月 (5)
2023年01月 (5)
2022年12月 (5)
2022年11月 (5)
2022年10月 (5)
2022年09月 (5)
2022年08月 (5)
2022年07月 (5)
2022年06月 (5)
2022年05月 (5)
2022年04月 (5)
2022年03月 (5)
2022年02月 (5)
2022年01月 (5)
2021年12月 (5)
2021年11月 (5)
2021年10月 (5)
2021年09月 (6)
2021年08月 (5)
2021年07月 (5)
2021年06月 (5)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
jotf1967
6月20日(木)...
jotf1967
6月19日(水)...
asobow
暑ーい夏、ひとり遊びにア...
jotf1967
6月18日(火)...
jotf1967
題名なし
jotf1967
6月17日(月)...
jotf1967
6月16日(日)...
jotf1967
6月15日(土)...
jotf1967
6月14日(金)...
jotf1967
6月13日(木)...
jotf1967
6月12日(水)...
Messages
2024年05月の動画関...
ノートンと中国サイバー部...
ユダヤ人の企業等...
江戸時代に日本人が興味を...
バッパーショータの動画...
2024年4月の動画関連...
国の政策を速く変えるには...
核をもつことの有利不利...
浮世絵アートやシーン...
Pinterest写真展...
2024年3月の動画関連...
短絡的思考や思考方法...
政治家の前歴や目的...
地震に強い住宅建物は...
オノマトペ擬音から音響効...
2024年2月の動画関連...
欧米の交通事情・その他飛...
スフィアハンドブック...
信じること疑うこと...
江戸時代の職業....
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁3件 1/1(1件)
2023/09/26 19:00:20 プライベート♪
政治
百田新党立ち上げに伴う一般的な意見
百田新党(仮)という言葉が最近聞かれるようになり、マスコミでも取り上げられるようになって来た模様。ただ決断したには違いないが、方向性や議員候補を立てるにあたっては現時点では見えない部分も多い。自民党を始めとする国会議員に我慢がならないのが発端のようではある。

結党理由ライブ「そもそも、なぜ百田尚樹は日本保守党を立ち上げたのか!」
https://youtu.be/ZluZ7LsIo4Y 2023/09/16 百田尚樹チャンネル

この動画では百田さんが新党を立ち上げた経緯がわかる内容になっている。

R5 09/19 百田尚樹・有本香のニュース生放送 あさ8時!
https://youtu.be/exPoviuhz_4



有本さんも情報面で共有する部分も多く、方向性としては共通する性格をお持ちのようで政治系youtuberとして相性の良い共同運営者になっているように見える。

twitter(X)などやってないので現時点では言いたいことがあっても百田さんにはアクセスすることは多分できない。

Xなんてネーミングは変える方が良いのではと思ったりするがイーロン・マスクさんが決めたことなので文句も言えない。別名バツ印のイメージがあるのは否めないが、そのダメ印の意味もひょっとしたら盛り込み済みなのか?

ニュース記事に取り上げられたことには旺盛な好奇心と情報量、持前の正義感からなんでも言及してくれる気さくさを感じる。

朝のニュース動画番組は誰かが記事を取り上げてランキング形式で発表され、最近は旧虎ノ門ニュースのように、その分野に関連するゲストを招いて意見を交わすことも時には行われている模様。

日々起こっていることは殆ど政治に結びついているとも言えるので今のところ何でも取り上げるのはやむを得ないのかも知れない。

百田さんは小説家でジャーナリストではないようだけれど、結構ジャーナリスト的目線で切り込んでいる面も持ち合わせているようにも見える。ジャーナリストを政治家として推せるかというと、起こった後からしか取り上げない場面ばかり見ているので可能性は少ないとは思われるけれど、時にはその目線はテーマとして大切かも知れない。

政治家として国会議員と交流が始まったと仮定して隠れ蓑にしたい議員が入党したい意向を示したら(過去とんでも発言したような議員が参加したい意向を示した場合受け入れるのか?はっきり拒むことが出来るのかという問題もある。

人は交流するほど寛容になる一方まるで個人相互としては何も知らないのかそういうフリをしているのか分からない場面も見られる。

百田さんは記憶が良いので過去の議員の発言や行動もよく覚えているとは思われるが。統一教会臭い集会に招かれたり執筆を依頼された場合はどういう行動をとるのか注目される。

参政党の旗は統一教会の旗とも言われる。(輿水正さんの動画から)
又、米国のD.S.勢力にはどう対処するのかいまいち見えない。

法律に疎いとか無知で専門家が少ないのが国会議員の実情。法律に疎いと外国から何をされても何の疑問も感じないのでこれが困りもの。相互主義という言葉も知られるが隣国に対してどう考えているのか不明。

法律は詳しく幅広い知識を持っていることが法律を作るのが仕事の国会議員としては最低限必要なはず。ちなみに国家資格は300以上ある模様で取得資格数日本一という凄腕も過去に話題になったことはある。

これによって世襲議員も遠ざけることができるし、知名度だけで当選した議員という面も見直されることになりはしないか。

法律同士がつながるような連続性を持てば申し分ないのではという気がするがその辺りは百田さんの手腕が問われるかも。一方で意見が限りなく近いと思われる岩田温さんも結党についてなんらかの問題を感じているように思われる。

人材育成に予算を使う話を良く聞かれるが、効果があるとは思えない。個人個人が自覚して自分に合った身に着け方でないと効果は出ないと思われる。決してそこからが出発点になるわけでもないとは思われる。

専門性も重要だけれど広範囲のことに詳しくなることは百田さんの動画を見ていても重要で貴重だと思われる。専門以外は素人以下ではこの先きっと困ることになるはず。

その点実務者に限らず法律にも幅広い知識を持つ単独あるいは数種類の国家資格所持者が国会議員としては望ましいもので強みになり得るはず。ただし現時点ではデメリットに関しては検討はされてない。

百田さんの持ち味長所は正直、率直、公明正大、好奇心旺盛、正義感、機敏なアンテナ張り、記憶力と知識情報量の引き出しの多さ詳しさ、時には再現劇や単刀直入な発言等国民の意見を代弁してくれる面が期待される。そして何事にもざっくばらんな関西人という持ち味がある。

自宅以外は酒禁止にしないと万博の件然り色々勧誘のツールとして利用されることもあり得るのではという気がする。

外国のニュースや国情にも詳しく大いに好奇心を示すところなど有利。外国歴史を始めとして情報が幅広くて記憶が長らく保持されているのは1つの武器にもなっているはず。

特定の宗教団体のように現在は記事にならなければいかに人に知られないところでアクドイことをやっていても問題視しないとすると後々不自然なところが露呈するはず。

国会議員候補を立てるには広告で言えば訴求性のようなものが求められ、意見が合うとかファンのレベルの候補では困る訳で、百田さんのクローン人間のような候補が望ましいはず。百田さんには頼るべき人間は存在しないように見えたりするが実情はどうなのか。候補を立てるには他人まかせにせず本人自ら面接を行うことが必要かも知れない。

中国の脅威については言葉、話し合いで問題解決しようとしても効果はほぼないはずという印象を受ける。行動を見て態度を準備すべき。なぜなら隣国は100年200年を念頭に計画をすすめており窓口も異なると見えるから。

政治への目的と問題意識、未来予測、具体的なアイデアや想像力や創造力、政策、税金の使い方、場合によってはムダ金をなくした節約の精神、資料活用による分析と問題解決、例えば人手不足はどの分野に多いのか、具体策としての案も期待される。

政策等でやり方が分からないと自分自ら統計資料など集めてからたたき台を出しそれに改良を加えて行くという手法も必要なはず。しかし現状は分からないと安易に外国のやり方を取り入れたがる。データを集める気もないし国情に合わせたという考え方もできていないように見える。

米国が移民を積極的に受け入れる姿勢は聖書の影響が感じられるが、これを我が国の仏教国に当てはめるとどうなのかという問題がある。キリスト教自体が本音と建て前の両建てなので今になって気付き始めたらしい。マインドコントロール込みの宗教も神に頼らず最善の方法が見つかるはずだけれど。

イスラムの土葬 郷にいっても勝手にどうぞ好き放題も今後問題になって初めて考えるといった習慣が続いている模様。

最近アメリカに渡ってキッシーは信頼の置けない国連を再樹立すべきことを発言しているが、期待できない。またまた例のように分担金のようなものを多く支払いたくなったのか。ほかに支払うべき分担金は?だって言いそう。

国会議員に立候補するには名前をいかに憶えてもらうかとか、得意分野だけ熱弁をふるうようなことの無いようにランダムな100問の質問に答えられるようにしておくのも信頼感を持ってもらう手立ての1つにならないのか。

国家資格はその方面の法律を当然知っておかなければならないし、実務においては倫理規定に拘束されるので法律を知らない議員として捕まる可能性は低くなる。浅く広く知っておくことは重要。現時点では全て実務者には限らなくて良いと考えられる。 

日本に居ながら政党名に日本という名前を使うのはどうなのか 日本会議 日本学術会議、日本共産党など日本をつけるのは外国勢力をほのめかす胡散臭いイメージがある。(輿水正さんの過去動画の意見から)

政権を取った場合に末永くイメージが根付く名前が良いし、保守では改革すべき部分のイメージが薄い。永続性という意味では日本人はわかっているので敢えて日本という文字を使わない。日本の字を使った場合スポーツの場合勝てばニッポンと発音し負ければにほんと発音してなぜか使い分けられる傾向が見られる。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
Profile
tonton
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。