ソフトンハウス・トップへ
前野岳洋
前野岳洋のすぐ使えるビジネス文書例
BLOG HOME
前野岳洋(ビジネスマナーコンサルタント)です。使えるビジネス文書をシチュエーションごとにご紹介します。
Calendar
<<2月>>
....123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
Category
マナー(23)
前野岳洋(143)
→リスト表示する
Archive
2018年01月 (1)
2017年12月 (2)
2017年11月 (2)
2017年10月 (1)
2017年09月 (2)
2017年08月 (1)
2017年07月 (1)
2017年06月 (1)
2017年05月 (1)
2017年04月 (2)
2017年03月 (1)
2017年02月 (2)
2017年01月 (3)
2016年12月 (2)
2016年11月 (2)
2016年10月 (1)
2016年09月 (3)
2016年08月 (2)
2016年07月 (2)
2016年06月 (2)
2016年05月 (3)
2016年04月 (2)
2016年03月 (2)
2016年02月 (3)
2016年01月 (3)
2015年12月 (3)
2015年11月 (3)
2015年10月 (2)
2015年09月 (1)
2015年08月 (1)
2015年07月 (1)
2015年06月 (2)
2015年05月 (1)
2015年03月 (1)
2015年02月 (3)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
sano3661
寒さが
kortodarma
<以外の>
asobow
ららら♪ カバ殿さまが誕...
kortodarma
<友達>
sano3661
相変わらず
sano3661
いい天気ですが...
gsoy
また雪が降るかも!...
tonton
acting
tonton
facial s...
tonton
black woman ...
tonton
funny things...
Messages
鯉のぼり・吹き流しはどう...
相手を思いやり、筋の通っ...
断わりの返事のエチケット...
断わりの返事のエチケット...
大晦日と年越しソバと新年...
すっかりととのった正月準...
お食い初めは百日目か百二...
お食い初めは百日目か百二...
結婚礼法の発生と発達...
仲人としての最初のロきき...
里帰りは、新婚旅行から帰...
結婚記念日に、旅行券をペ...
ハネムーンのプランニング...
親と同居する親と同居する...
計画づくり3つのポイント...
報告の目的とポイント報告...
子どもに嘘をついたり、黙...
子どもとのスキンシップ。...
職員免許法 主要な改正事...
披露宴のスタッフ(前野岳...
→リスト表示する
[新着順]  [最初] ≪前ページ 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁3件 54/56(166件)
2013/06/29 00:59:34 ビジネス
英語を話すとき照れは禁物 その1(前野岳洋)
人前で英語を話すとなると、ついつい照れてしまうものだが、英語を話すときは思いきりカッコつけて発音するようにするとよい。

たとえば、日本人の発音ではマイケルとなるが、英語の発音は「マイコー」に近いのだ。

マイケル富岡というディスクジョッキーは、「マイコー富岡です」とカッコつけて自分を呼んでいる。

さて、発音に関して問題になるのが、日本に定着した外来語だ。

日本にはかなりの数の外来語(とくに英語)が入ってきているが、本来の英語の発音とはまったく違ってしまっているのも多い。

前野岳洋(ビジネスマナーコンサルタント)
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2013/06/26 03:37:47 ビジネス
文章の格調(前野岳洋)
書状の書き方については、書状の目的に応じた内容であることは当然ながら、文章の格調について注意したいものです。

秘書は、概して上役よりかなり若いでしょうし、性別が異なっていることも多いでしょう。

二〇歳台の女性秘書が五〇歳台の男性である上役の書状を作成することも珍しいことではないと思われます。

このような年齢と性別のギャップを越えて、上役の品格、貫禄にふさわしい文章をつくるのはかなりむずかしい仕事です。

文章の格調を保つには、まず"起承転結"を基本とする様式を守ること、次に語彙を豊富にすることです。

たとえば、私信ならば「お手紙をいただき、ありがとうございました」という一文をビジネス文書にすると「ご書信を賜わり、御礼申し上げます」となります。

これを、六〇歳から七〇歳台の男性の上役の社交文書にすると「貴翰を恭うし、厚く御礼申し上げます」と書くこともできます。

前野岳洋(ビジネスマナーコンサルタント)
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2013/06/25 02:36:41 ビジネス
良い手紙をじっくり研究する その2(前野岳洋)
これらの点は、ビジネス文書などにはみられない社交状の特徴で、決して珍しいことではありません。

そのほか、留意したいのは、「御」のかわりにできるだけ「ご」、「お」を使うこと、ただし「御祝詞」、「御祝」、「御礼」などのように「御」をつけて慣用されている語は別です。

宛名の敬称は「様」とするのが現代の通例で、「殿」はほとんど使われる機会がなくなったといってよいでしょう(宛名が役職名だけのときには使われることもあります)。

「勇」は一語で「かたがた」と読むことや、連体修飾語として使うときはコ方」を「ひとかた」
と平仮名で書くことなど誤用や慣例に注意しましょう。

慣例に通じておくこともさることながら、同じ表現のくり返しを避ける、ちょっとした工夫をするセンスも身につけておきたいものです。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [新着順]  [最初] ≪前ページ 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 次ページ≫ [最終]
Profile
前野岳洋
性別
年齢
誕生
星座
自己紹介
ビジネスマナーコンサルタントの前野岳洋です。書状は丁重さの程度によって使い分ける電報はかなり形式化したメッセージの伝達方法で、しかも"とりあえず"といった性格が強いため、丁重さに欠けます。そこで、即時性という点では電報に劣りますが、タイミングを逸しないうちに、御祝状、お悔み状などの書状を手配したほうがよい場合があります。
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。