ソフトンハウス・トップへ
前野岳洋
前野岳洋のすぐ使えるビジネス文書例
BLOG HOME
前野岳洋(ビジネスマナーコンサルタント)です。使えるビジネス文書をシチュエーションごとにご紹介します。
Calendar
<<7月>>
......1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Category
マナー(19)
前野岳洋(138)
→リスト表示する
Archive
2017年06月 (1)
2017年05月 (1)
2017年04月 (2)
2017年03月 (1)
2017年02月 (2)
2017年01月 (3)
2016年12月 (2)
2016年11月 (2)
2016年10月 (1)
2016年09月 (3)
2016年08月 (2)
2016年07月 (2)
2016年06月 (2)
2016年05月 (3)
2016年04月 (2)
2016年03月 (2)
2016年02月 (3)
2016年01月 (3)
2015年12月 (3)
2015年11月 (3)
2015年10月 (2)
2015年09月 (1)
2015年08月 (1)
2015年07月 (1)
2015年06月 (2)
2015年05月 (1)
2015年03月 (1)
2015年02月 (3)
2015年01月 (3)
2014年12月 (3)
2014年11月 (4)
2014年10月 (5)
2014年09月 (2)
2014年08月 (4)
2014年07月 (3)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
tonton
ロボットと音楽とを結び付...
sunya
『葬儀と供養の意義につい...
taka
最近の佑くん!...
零の旅人
ちょっと新潟まで...
kortodarma
<連れて>
前野岳洋
仲人としての最初のロきき...
kortodarma
<アリとセミ>...
asobow
スマホ、ひとり遊び、ぐに...
kortodarma
<ミサイル>
kortodarma
<タダ>
guntaro
既に7月Σ(・∀・|||...
Messages
仲人としての最初のロきき...
里帰りは、新婚旅行から帰...
結婚記念日に、旅行券をペ...
ハネムーンのプランニング...
親と同居する親と同居する...
計画づくり3つのポイント...
報告の目的とポイント報告...
子どもに嘘をついたり、黙...
子どもとのスキンシップ。...
職員免許法 主要な改正事...
披露宴のスタッフ(前野岳...
披露宴の席次を決める...
結婚指輪を選ぶ(前野岳洋...
知っておくと便利な話し方...
知っておくと便利な話し方...
きらいなものをすすめられ...
先客より上座にすわらない...
豆は、窓を開いて外へまく...
節分の豆は、年男がまく(...
幼稚園開園○周年・挨拶文...
→リスト表示する
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁3件 1/7(19件)
2017/06/23 17:45:04 プライベート♪
里帰りは、新婚旅行から帰った最初の日曜日にするのがよい
新夫婦は結婚式から三日目、または五日目の奇数日に嫁の実家をはじめて訪問するものとされてきました。

昔はこの里帰りに、嫁は、待小袖という婚家で新調してくれた家紋入りのきものを着て、嫁だけが一泊して帰ったものです。

いまは、結婚後夫婦そろってはじめて実家を訪問することを里帰りと考えればけっこうです。

旅行から帰ってなるべく早い機会に出かけたいものですが、家族みんなとゆっくり会える日となれば日曜日がいいでしょう。

新居を構えたのなら、はじめに夫の家、つぎに妻の家を訪ねます。

あるいは、土曜日に妻の実家をたずねて一泊してくつろぎ、帰宅の途中で夫の実家を訪問するのもよいと思います。

前野岳洋(ビジネスマナーコンサルタント)
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/04/14 12:10:52 くらし
ハネムーンのプランニング
行き先は、予算に応じて選びます。

まず候補地をいくつか選んで、全体の予算をどれくらいにするかを決めてから、項目別に予算を割り当てていきます。

予算の細かな部分が決まってくると行き先も次第にしぼりこめてくるはずです。

計画がすべて予算どおりにいくとはかぎりませんので、少々多めに見積もっておく必要があります。

現地で予算オーバーなどということのないようにしましょう。

新婚旅行で楽しい思い出をつくるためにも、交通費にお金をかけて宿泊費や食事代を削るより、行き先をワンランク下げて、宿泊や食事に充分予算をとったほうが賢明ではないでしょうか。

前野岳洋(ビジネスマナーコンサルタント)
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/03/07 14:54:57 ビジネス
計画づくり3つのポイント
管理者・監督者がつくる計画の多くは、部門別の短期的実行計画である。

計画は綿密で、実効性が高く、変化に適応し、部下の協力を得られるものが必要だ。

1. 目的をハッキリする
(1)仕事の目的や、上司の方針を確認する 
(2)自分の使命や任務を考える

2. 計画に必要な情報・客観的事実をつかむ
(1)計画に必要な情報・記録・規則・手続き・問題・関連などとの事実を分析検討する 
(2)現在の組織のもつ人員・技能・資金・設備・製品・サービスなどの経営要素を正しく評価する
(3)関係者を参画させ、その意見を傾聴する

3. 目的達成の最適案をプランニングする
(1)計画自体の重要性・緊急性・欲求性・主体性など多角的に吟味し、達成可能の最適案をいくつか考える 
(2)技術・資金・経費・法規的に可能か点検する 
(3)将来予測される問題・障害を把握し、あらかじめ対策を練っておく

前野岳洋(ビジネスマナーコンサルタント)
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ≫ [最終]
Profile
前野岳洋
性別
年齢
誕生
星座
自己紹介
ビジネスマナーコンサルタントの前野岳洋です。書状は丁重さの程度によって使い分ける電報はかなり形式化したメッセージの伝達方法で、しかも"とりあえず"といった性格が強いため、丁重さに欠けます。そこで、即時性という点では電報に劣りますが、タイミングを逸しないうちに、御祝状、お悔み状などの書状を手配したほうがよい場合があります。
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。