ソフトンハウス・トップへ
KEI
Salt & Pepper
BLOG HOME
しょっぱくて、カライ、そんな日々をつつうらうらボヤいてます。
カレンダー
<<2月>>
......1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
カテゴリ
ウチメシ(3)
こうのとり(32)
ソトメシ(3)
ベランダガーデニング(4)
雑記(7)
仕事(2)
相方(1)
本を書いたり出してたり(1)
→リスト表示する
最近の投稿
今年はイベントにそこそこ...
久しぶりに
おさぼり気味でもやってま...
リ・スタート -27-...
No.1-3 本年の営業...
No.1-3 誰がために...
エスパーニャ
No.1-3 三度目の正...
鶏が先か、たまごが先か。...
調理器具
No1-2 幕間 -23...
No.1-2 合格発表 ...
よもやま話 〜コウノトリ...
No.1-2 再び受験生...
また繰り返される...
No.1-2 そして、彼...
No.1-2 顔を洗って...
NO.1-2 セカンドス...
No.1-1 結果発表P...
N0.1-1 合格発表を...
→リスト表示する
[新着順]  [最初] ≪前ページ 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁3件 7/18(53件)
2013/07/30 19:33:04 プライベート♪
こうのとり
No.1-1 結果発表P
さて、第1回目IVF(ICSI)−第1回目ETの結果発表。
(※タイトルのNo.1がIVFの回数でハイフンの後がETの回数だったんですよん)

去る29日が運命(?)の妊娠判定日。
診察の1時間前に採血(妊娠すると増えると言われるhcgの値から判定)し、一時間後に診察室へ。
今日も院長診察。

「…生理、来ちゃったんだね…」

ええ。
実はですねー、ドキドキ29日まで待ってたかったんですがその前日の日曜日にガクッと基礎体温が下がって、「あ、これは…」と思ったらまんまと生理来ました(笑)。
なんで。
一応、不正出血ではない、という引導をもらうための診察でしたー

「一応、どうなのかわからないから採血受けてもらったんですけど、hcgの値は3ちょっと(正確な数字は忘れました)で、これは最後に打った注射の名残だと思うので、今回は着床しなかったみたいです。」


そうですかー
妊娠してないのは明らかだろうと思ってたんですが、かすりもしなかったのですね。
さすがにこれはショーボンとします。

でも。
院長は僕よりももっと苦悶に満ちた表情。
こんな辛そうな顔の院長、初めて見たよ…。

「今回のETは条件良かったんですけどね…残念ですが妊娠に至りませんでした」

院長曰く。

たまごちゃんのグレードは3BBでどちらかといえば良い方で、融解後変形なく非常に良い状態だったコト。
子宮内膜の状態も8mm異常で全く問題なし。
ホルモン値(黄体ホルモンの値が大事)も良好。
ETそのものもスムーズで問題なし。

これで着床に至らなかったのは、院長的にもツラい結果だった模様。

じゃあ、なんでダメだったのか?というと。
いくつかの原因を列挙してくれました。

@胚盤胞から孵化できなかった→ 孵化できないと着床できない
※たまごちゃんはヒヨコの様に外膜に覆われていて、最後はこの膜を破って飛び出すので孵化と呼びます
A僕自身が着床しにくい体質だった
Bたまごちゃんが染色体異常で力尽きた(生命力が余りなかった)

簡単に言うとこんな感じです。
@は時々起こる現象でして、孵化を助けるための孵化補助(AHA/アシステッド・ハッチング)という外科的処置もあるぐらです。
Aはものすごく確率は低いですが、そういう体質の人もいるとのこと。
Bは、胚盤胞まで育ってても染色体異常ではないということもない(初期妊娠の流産はたいがい母体側の問題ではなく胎児側の生命力の問題が多い)

なので。
個人的にはBだったのかなぁ?なんて思ってます。
何度もIVFをやっても妊娠しないことも現実としてあるので、やっぱり妊娠というのは神がかった奇跡というか運命のタイミングがモノをいう様な気がします。
うーん、残念無念です
でも、落ち込んでも何も生まれませんからね。
仕方がない、次行ってみよーという感じです。

相方にも報告すると
「残念だー。残弾(たまごちゃんは後3個で最低2回はET可能)あるけど、惜しいよね〜。」
と返信。
うん。
そう、そういう気持ちなんだよね。
ツライとか悲しいとかじゃなくて「惜しい」という気持ち。

もったいなーい!!

多分これが一番心境として近い。


さて。
判定日前に生理が来たこともあり、行く前に相方に今後の相談をしました。
で、今周期(もう生理来ているので)はお盆もあるからお休みしよう、ということになりました。
お盆は毎年長野県に拉致られまして(笑)、ETするならこの辺りもあり、とても心余裕で病院に通う自信がない。
(※毎年振り回されているので、たぶんストレス溜まる)
来周期(9月)の方が落ち着いていられるから9月にしよう!と。

余談ですが、今職場は毎年税理士試験を受けている次期所長(予定)がいないので人数が足りてない…彼の試験が終わるのが8月頭なので9月はちょっときつくなくなるはず。受かるかどうかはひとまず置いておいて

院長にそう伝えると
「うん、そうだね。その方がETの相談もゆっくりできるし、選択肢(自然周期かホルモン周期か)も増えるしね」
と快諾。
どうやら元々1周期は空けていたかった感じ。
「で、ですねー、この間にタイミングを取っても良いですか〜?」と質問。
相方の術後(つまり回復後)、採卵とETがあったのでずっと避妊していたんですよねー。
(さすがにIVF中に妊娠したらマズイので、そういう指示が出ていた)
折角回復したんだから、試してみたいのが理系人間の心情(笑)。

「あー…できれば避妊してもらった方が…チャンスを逃したくないならタイミングを取ってもらっても構わないんですが、その場合はETの選択肢が限られますので…」

あ。
院長、僕らが焦ってガッツいてると思った!?
いや、そうじゃなくて、純粋な興味というか実験というか
そこで別の質問。

「例えばなんですけど、次周期というかもう今周期なんですけど、続けてETってできるものなんですか?」

「今周期なら自然周期しかできないし、お盆もはさんでるからスケジュール取りにくいでしょうから、来周期の方がやっぱり良いですね」と院長。

そうか。
つまりタイミングを取ると選択肢が狭まる→自然周期のみ(ホルモン周期は前周期の高温期からスタートする)になる。
でもって、院長の中では確実にETする為にホルモン周期でやってみたいという腹積もりがあるんだ!(←当て推量。院長はこんなこと言ってない。)

色々話して最後に「出来るだけ避妊して!」と切実に訴えられました(笑)。
僕らは基本的に院長に全幅の信頼を寄せているので、あなたがそういうのならそうしましょう!と。


そして、次回のET相談の日程を少し話して診察終了。
去り際に院長が「3日のコ(今回キャンセルしたたまごちゃん)が伸びる(多分成長の意)とイイネ!!」と微笑んで言いました。

あー…慰められたー
なので、「次こそは(たまごちゃんに)頑張ってほしいです!」と笑って答えました。

診察後は看護士さんと次回の診察予約のお話。
看護士さんも予約の話の前に「お気持ち、大丈夫ですか…?」ととっても心配顔。
やっぱりデリケートな問題なんだなぁ、と思いました(なぜ他人事?)。
診察前に分かってたし、そんな一回でうまくいくとはそんなに思ってなかったし。
「大丈夫ですよー。休んでいる間にずっとなってた腰痛を直します(笑)!」とハキハキ答えたら、看護士さんの表情がほぐれました。

次回は8/7で第二回ET相談。
相方も仕事休もうかなー?と調整している模様(やっぱり協力的だよね、君は)。
そしてこれで一通りのIVF-ETが1クール終わったので、受付で不妊治療の助成金申請に必要な診断書の作成をお願いしてきました。
お休みの間に申請しておくか。

申請でまた四苦八苦しそうだな…お役所書類は分かりづらいから。


今回は残念な結果になってしまいましたが。
考えてみれば、普通の人(問題なく自然妊娠できる人)のタイミング法1回をやったのと同じ確率なんですよね、実は。
まあIVFの方が多少確率高いですけど、それだって10%ぐらい高いだけだし。
自然妊娠でも半年〜1年、タイミング法でも6回、人工授精でも6回程度なんだから、実は残念だけどそうそううまくいくもんでもないか、と。
高額&痛い治療をしている分「こんなに頑張っているのに、どうしてできないの!?」という気持ちは痛いほど理解できます。
その一方で確率論からいけば、1回でうまくいったら相当運が良いとしか思えない。
確率論に金銭や努力は加味されません。
どんなにサイコロ振ったって、細工してないサイコロならどの目も1/6の確率になります。
妊娠もそういうもんだよなー、というのが僕の持論です。
出るときは出る、出ないときは出ない。
回数重ねてなだらかになれば30%。
まあ今度で2回目なので今度は目が出るかも(笑)?

あと。
ET後、ずっと高温期が続いていた時に
「お腹にいるんだなー」と思って、不思議な幸福感を味わいました。
疑似妊娠体験(笑)?
体内に吸収されるまでは確実に子宮の中にいたので、まあ「妊娠の様なもの」には違いがないんでしょうけど。
自然妊娠やタイミング、人工授精だと確実に子宮内にたまごちゃんがいるかどうかは分かりませんが、IVFならではの確実さ。
なかなか感慨深い2週間でしたよ。

判定日前に生理が来た時に一番思ったこと。
「なんだよー!!もうちょっと夢見させてくれてもいいじゃんかー!!」
でした(笑)。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2013/07/22 18:20:23 プライベート♪
こうのとり
N0.1-1 合格発表を待つような?O
少し日が空いてしまいました。
みなさんお元気ですか?
KEIは相変わらず一か月前ぐらいから痛い腰が痛いままです(単なる雑談)。

さて、前回の続き。
先週の火曜日に無事ET(胚移植)を終えてきました。
今回はそのレポートです。

7/16の午前一に病院へ。
採血でホルモン値の確認しないと最終的なET決定ができないということで。
朝8:30から血を抜かれました。
今回、ほぼ1日おきに採血されたためか、いつもは腕の真ん中で採血してくれるのに一番外側の血管から採血(←端っこの採血は痛い)。
あぅ
現在、内出血したためかアザになってます…トホホ。
採血の結果は1時間ぐらいかかるため、診察は9:30。
この間は暇なので、携帯をいじったり、本を読んでたりと暇つぶし。

が。

9:10ごろ、いきなり看護士さんに呼ばれました。
あれ?
早くない???
(ちなみに今日は院長のフルコース)
診察室を開けて院長と顔を合わせると…

「あー…診察(内診)なしだったけ…ごめーん、もうちょっと待っててー」

と申し訳なさそうな、はにかんだ笑顔をする院長。

なんだ、やっぱりまだ検査結果出てないんじゃーん
で、さらに待つこと数十分。
再び看護士さんに呼ばれまして。
(「さっきはフライングしちゃいました。今度は本当です」と言いながら案内されました)
採血結果で良好な数字を叩き出したので、無事ET決定となりました。

「これから(凍結胚盤胞を)解凍するから、午後にまたねー」

と院長に気さくに言われ、いったん病院から退散(ETは午後1:00頃なので病院にいても仕方がない)。
とりあえず相方にメールを入れ(初ETで心配な相方が半休取って付き合ってくれるので)、近場のサンマルクでお茶。
その後はちょっとウインドウショッピングをして、昼12時前に相方と落ち合いました。
そこからお昼を食べ、午後1:00に病院に戻る。

ちなみに。

ETではお小水を溜めてね、と言われてまして。
これは膀胱に尿がたまっていると子宮が見えやすくなることと、子宮の入り口がまっすぐになって(膀胱で押し上げられる様です)移植しやすいんだとか。

移植1時間半まえぐらいからトイレ我慢してね。 かつ
ET後1時間ぐらい我慢できるぐらいがベストかな。

と看護士さんに言われてましたが…すげー難しいことをおっしゃる。
そんな生理現象をコントロールしろと言われても…。

で。
11:30に最後にトイレに行ってから、一応たまらないとマズイのでお昼に水分をガブガブ飲んでみたら。
案の定、病院ついた頃にはトイレにイキタイ…
行くなと言われると行きたくなるのが人間です(笑)。

移植する場所は前回採卵した時と同じフロアー。
で、同じ場所(つまり採卵と移植は同じ部屋なんですね)。
移植後は30分程度安静にしてから帰ってねーと言われていたので、最初に案内されるのはやっぱりリカバリールーム。
前回同様手術着を着て(今回は上半身は下着OKでした)、呼ばれるのを待っていると案外すぐに呼ばれました。
※ETは採卵ほど患者側は大変じゃなので(麻酔も点滴もいらない)、行きも帰りもスタスタ歩いてリカバリールームに戻ったら相方がビックリしていた

施術室は前回と変わらない装置(機械)はありますが、全体的に照明をかなり落としていました。
ちょっと雰囲気違う。
看護士さんも1人で(前回は3人はいた)、院長が来るまで談笑。
この待ってる間が結構大変で…トイレにイキタイ(笑)。
看護士さんに言ってみると、看護士さんがすぐに院長に連絡を取ってくれまして。

「まだ(施術室に来るのに)かかりますか?患者さんがトイレに行きたいって言ってるんですけど…えっ!?1人目ですよ?…ええ、はい、わかりました」

???

「あのね、院長まだ15分ぐらいかかりそうなんだけど、トイレ我慢できます?院長は我慢できなかったらトイレ行っても良いよー、って言ってるんですが。」


はいぃ??
じゃ、ここまで我慢したのは何だったんだよっ

せっかく我慢したので、我慢しますよ!
終わったらすぐにトイレに行ってもいい許可も頂いたので。


そして予告通り15分ぐらいで院長登場。
前回同様手術着院長はやっぱりイケメン(不謹慎)。
院長が来るころにはやっぱり前回同様、産婦人科のそれらしく足をがっちり固定され、かなーりみっともないあられな姿に(笑)。
ただ前回と違う所は…感覚も意識もはっきりしているというところ。
最初に金属の機械を入れられ内診&腹部エコー(子宮を見るので今回は下腹あたりにエコーをあてる)。

「おっ、良い状態にたまってるね♪入り口もまっすぐだし♪」

頑張ったかいがあったよ

でもって、陰部をかなーり念入りに消毒され(なんか綿棒みたいなのでグリグリされてるのがわかる)、それから難関の子宮へのカテーテル挿入。
検査の時に「イテー」と騒ぎ、「善処します」と答えた院長。
さて、今回は?

「ちょっとチクチクしますよ〜。」

あっ。
今回は痛くない!!(軽い生理痛みたいなのはある)
院長、エライヨ!政治家みたいな嘘つきじゃなかったよ!(←失礼発言)

この処理をしている頃、培養士さんが二人ほど側にいまして。
1人は隣にあると思われる培養室と行ったり来たりしてました。
(ETは培養士さんの最大の見せ場なのかもしれない)

「患者さん、準備できましたよー」と院長が隣の部屋に声をかけると、
隣の部屋から培養士さんのトップ(体外受精説明会で説明してくれた培養士さん)がやってきまして。

「これから胚盤胞を入れますね〜」

と院長と培養士さんの二人がかりでカテーテルに入れてました(と思う。さすがにみえないので)。

その後は後処理を終え、さっさか培養士さんと院長は退散。
僕は?というとちょっとはだけた手術着を着なおして、退室…してすぐにトイレ(笑)。
やっと人心地ついてリカバリールームのベットで安静。

しばらく相方と談笑していると、培養士さん登場。
多分、前回の採卵、今回の移植と最初に挨拶してたまごちゃんたちを育ててくれた担当の培養士さんだと思います。
培養士さんは、今回移植したたまごちゃんの写真とグレードの説明&全体的なたまごちゃんのグレードを丁寧に、かつ淡々と説明してくれました。
理系気質の相方と僕は妙に感心しながら「へぇ〜、なるほどー」とか言いながら聞いてました。
今回のたまごちゃんは胚盤胞グレードは3BBとそこそこ良いたまごちゃん。
改めて写真を見ると、当たり前なんですが、細胞のかたまりだなーなんて思ったり(笑)。
培養士さんは最後に「いつでも良いので、よかったらアンケート書いてください。入り口のポストに入れてもある程度たまってから回収しますので誰が書いたかとか分かりませんから」と封筒を一つ置いていきました。

その後は、看護士さんが次回の診察予約表と薬(細菌感染予防の抗生物質)をもってきてくれました。
ちなみ培養士さんも移植したたまごちゃんの写真付きの説明書との残りのたまごちゃんの個数とグレードが書かれた用紙とグレード説明に使った用紙とアンケート用紙といっぱい置いていったので、サイドテーブルはあっという間に紙の山です

そして30分後は前回みたいにフラフラもしてないので、相方と二人で寄り道せずに(しようとしたら相方に怒られた)電車で帰宅。
ET後は特に気にしないで日常生活を送ってください(飲食制限もなし)と言われたので、仕事をさぼっている以外はあんまり変わらない日常生活を送ってます。
(※たださすがに激しい運動は避けてね、とは言われましたが)
ETから2日後にもう一度採血でホルモン検査と注射があり、ホルモン値は良好で特に薬も処方されず、単に穴が2つ開いただけでした

妊娠判定日は29日。
移植から2週間後です。…なので、ダメなら生理が先に来ると思うのですが、そしたらどーすんのかなー?と思って質問したら。

「生理か不正出血か分からないので電話下さい。まれに子宮外妊娠される方もいるので判断できないんですよ」

とのこと。
そうか、そういうこともあるよなー。
(※着床するまでたまごちゃんは成長しながら体内をウロウロ漂うらしいので)
ちなみに、今のところもなーんにも体調に変化有りません(笑)。
良いんだか悪いんだか。
なるようにしかならんので、あんまり気にせず普通にマッタリ生活してます。
まあ、受験の合格発表待ち状態ですね(笑)。
今更ジタバタしたってしょうがない。


そうそう。
培養士さんが残していったアンケートは培養士さん向けのアンケート用紙でした。
説明の仕方は分かりやすかったですか?という様な質問で、言葉での5段階評価で丸を付けるというもの。
相方と笑ったのは

「培養士に求めるものは何ですか?」

の項目の中に

「コミュニケーション能力」

があって。
二人で「培養士さんにそれを求めるのは酷じゃないかー?」と言い合いました。
だって…バリバリ理系なんだもの(笑)。
研究職員、技術職員もしくはもう職人みたいな感じの培養士さん(女性)で。
いつもはたまごちゃんのお世話(培養)をしてるんだから、そんなに営業トークみたいなのは出来ないんじゃないかなぁ。
でも、僕らは理系(相方は薬学専攻、僕は数学専攻)で元SEと現SEだから何の違和感もなく説明を聞けたけど、文系とか慣れない人には感じ悪く(愛想がない)受け取られちゃったりして、こんなアンケートがあるのかなぁ、とか思いました。

僕らが「培養士にもともめるものは何ですか?」で丸を付けたのは、もちろん

「技術力」

だったのは言うまでもありません
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2013/07/15 17:59:39 プライベート♪
こうのとり
NO.1-1 決戦は火曜日にN
毎日暑くてうだるようです…どうもこんにちは、KEIです。

さてMの続き。
ただいま初ET(胚移植)に向けて準備中です。
で、タイトロープなようなスケジュールのまま金曜日に運命の判決(?)を言い渡されました。


院長「あー…木曜日に排卵しちゃったね〜。」
※移植は排卵日から3日目で木曜に排卵すると日曜移植となり(日曜は休診日)、今周期はお流れになる。


ショボーン…。
なんだよー、なんでそんなに急に育ったんだたまごちゃん!

と言っても、どうにもならないので。
院長がこんな提案を。

院長「初期胚(3日培養の8分割たまごちゃん)から胚盤胞(5日培養のたまごちゃんで着床直前)に変えてみる?」

あ。
変更してもいいのかー。
最初の院長のオススメは3日培養の初期胚だったので、初期胚移植にしてたんですけど。
ちなみに3日培養したら排卵日から3日、5日培養なら5日と体の周期とたまごちゃんの状態を合わせて移植するので、胚盤胞移植なら移植日が伸びます。

「僕はどっちでもいいよー。来周期に延期してもいいし。まあ来周期でも日曜日にならないとは言えないけどね。」

そーだよなー。
こればっかりは自然周期なら決めらんないからなぁ。

なので。

「初期胚と胚盤胞で移植に違いがありますか?」と尋ねる。


「移植方法は一緒だよ。違うのは戻す日にちだけ」

うーん。
今、ここで決断するしかない。

せっかくここまで通ったんだし(注射も打たれたし)、何も手だてがないのなら話は別だけど、あるんならやってみるか!

と、いうことで。
胚盤胞移植に決定しましたー。

で、火曜日の午後に移植になりました。
流れとしては

採血→診察→たまごちゃん解凍→移植→安静→帰宅。

朝8:30病院集合。
ハヤイ…寝不足になりそう…(笑)。

そして、連休ど真ん中の日曜日に注射だけ行きました
採卵周期ほどではないですが、移植周期もそれなりに穴があきました。
ふぅ、医学に頼るって大変ね〜(なぜか他人事)。

火曜日の移植の後は、その週はお仕事をおサボリしてまったりしまーす。
※義母には「そうして!」と快諾もらった。
移植はもちろん嬉しんですが、公然と仕事をさぼれるのが一番うれしかったりします。←悪い奴

なので、明日がんばってたまごちゃんをお持ち帰りしてきます。
うちのコウノトリ、そろそろ出雲から飛び出してきなさい


そうそう。
余談ですが、今回の院長はものすごーくお疲れモード満載でした。
まあ実際、院長は常にハードスケジュールなんですけど、ここまで覇気がない院長を初めて見ました。
いや、最初のころは気づかなかっただけなのかもしれないけど。
 ↑
という程度に抑えたお疲れモード感で、改めてスゴイ人だなーとも思いました。
1
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [新着順]  [最初] ≪前ページ 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 次ページ≫ [最終]
プロフィール
KEI
性別女性
年齢
誕生7月4日
星座かに座
職業バイトくん
地域関東在住
性格やや男っぽい
趣味ペーパークイリング
特技賞状書ける
自己紹介
SE→舞台関係→税理士事務所スタッフ、と共通性の無い職業についている。現在は主婦も兼業。
アーカイブ
2018年01月 (1)
2017年12月 (1)
→リスト表示する
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。