ソフトンハウス・トップへ
KEI
Salt & Pepper
BLOG HOME
しょっぱくて、カライ、そんな日々をつつうらうらボヤいてます。
カレンダー
<<8月>>
...1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
カテゴリ
ウチメシ(3)
こうのとり(32)
ソトメシ(3)
ベランダガーデニング(4)
雑記(7)
仕事(2)
相方(1)
本を書いたり出してたり(1)
→リスト表示する
最近の投稿
今年はイベントにそこそこ...
久しぶりに
おさぼり気味でもやってま...
リ・スタート -27-...
No.1-3 本年の営業...
No.1-3 誰がために...
エスパーニャ
No.1-3 三度目の正...
鶏が先か、たまごが先か。...
調理器具
No1-2 幕間 -23...
No.1-2 合格発表 ...
よもやま話 〜コウノトリ...
No.1-2 再び受験生...
また繰り返される...
No.1-2 そして、彼...
No.1-2 顔を洗って...
NO.1-2 セカンドス...
No.1-1 結果発表P...
N0.1-1 合格発表を...
→リスト表示する
1 | 2 | 3 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁3件 1/3(7件)
2017/12/08 22:04:58 プライベート♪
雑記
久しぶりに
こっちのブログを書いてみた(笑)。

ここ2年ぐらい、ずぅぅっと小説を書いたりなんかして、印刷所に出して製本したりして、ついでにイベントに出店したりして……



同人活動やんけっ!



まあ、そういうことです。
(↑どういうことだよ)


ブログ、というか日記は、携帯小説の方で書いてたんですが、
最近はホームページの成れの果ての方で書いてたりしています。

こっちで書けばいいんじゃない?

なんて、思うでしょう?




いや、こっち、かなり赤裸々だから

色々ヤバイ。





書いてる小説の9割は創作だけど、残り1割ぐらいは実体験から掘り起こしているから、読者に「そうなのか……」的な思いをして欲しくないし、




はずい。めっちゃはずい。





でも、まあ、元気です。

そのうち、別のところで書いていたイベントブログをこっちにも転載しようかなぁ、なんて思っているので、気の向いた方は時々覗いて見て下さい。


修羅場ってるKEIが拝めます(誰得だよ)。


2017.12.8


1
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
Posted by ひろ (2017/12/18 06:08:55) 通報
お久し振り〜。
何となく予感がしたのか、検索して、久々にblogにアクセスしました。
同人活動してたなんて♪
小説書いてたんだね。
楽しみにしてるよ✨
Posted by KEI (2017/12/21 18:18:25) 通報
おお、お久しぶり〜!
誰も読んでないだろーとか、思ってたのに(笑)。
めっちゃ同人活動してますよー。
久しぶりに戯曲も書いて売ってます(脚色だけど)。
年明けに、またイベント出典するんでお暇なら是非〜(営業?)。
2013/11/17 18:34:31 プライベート♪
雑記
鶏が先か、たまごが先か。
連日午前様な相方がとうとう連日休日出勤に追い込まれて、やや暇を持て余しているKEIです、皆さんこんにちは。

SE稼業な相方は、まだ修羅場じゃないのに(リリース直前とかではない)修羅場にしたくない一心で前倒し修羅場を作ってます(笑)。
元同業としては痛いほど気持ちはわかるけれど、こればかりは変わってあげられませんからね…栄養ドリンクを用意してあげることぐらいしかできません。

いや、今回はそんな相方話をしたくて書いているわけではないんですが。

閑話休題。

ここ2年位前、急にハマった読書。
元々、中学時代に劇的に小説にハマっていたので、「再燃」って所でしょうか。
(※再燃…多分医療用語)
地元の図書館の検索システムがすごくよく出来ていて、データベース内容も豊富で。
読んでみたいけど買う程じゃない本なんかを借りるようになりました。
ちなみにジャンルはミステリーというか、サスペンスというか…
主に東野圭吾・海堂尊あたりなんかなので。
色恋話ではありません。

元々その手の話(ミステリー・ファンタジー)が好きで子供の頃から雑文なんかを書き散らかしてきてまして、社会人になったあたりで本格的に勉強をしたこともありました。

小説ではなく、戯曲を。

そうなんですよ、実は劇作家になりたかったんですよね。
シナリオライターではなく、劇作家。
2年ほど戯曲の勉強をしましたが、やはり狭き門で、結果としては作家じゃなく演出という方の仕事に就きましたが、それももう5年ほど前に辞めて。
今でもたまに書こうかと思うんですが…これがなかなか難しい。
書き方は人によって様々なんでしょうが、一応の劇作という作業の工程はこんな感じです。

1.「テーマ性」を考える→気に入った本から戯曲を起こすなんてのもやります
2.大筋のあらすじを立てる
3.↑あらすじからメインのキャラクターを掘り起こす(登場人物を練り上げる)
4.場割をつくる。
5.場割から箱書きを起こす。
6.箱書きから本を起こす。
7.書き上げた本の推敲をして、書き直し…の作業を数回
8.完成

まあ、戯曲だとこんな感じだと思います。
少し用語説明を。

「場割」
戯曲ですと、テレビの様な映像と違い、場所をコロコロと変えることが出来ません。舞台上の制約で、一場面のセットを組んでしまうとそう簡単にセットチェンジが出来ないんですよ。まあミュージカルですと抽象舞台装置で行くこともありますが、普通のお芝居だとまずありません。
これはセット転換に5分程度時間を要するからです。映像のように瞬時に切り替えることが出来ませんので、この話が切れている数分で観客の集中が切れないようにしないといけないため、一場面でなるだけ話が進む様にします。
登場人物紹介から状況説明や事件(出来事)を放り込んでいく。
全てセリフで。
(当然ですが小説の様な説明は出来ません)
なので、この場割がすごく重要で、だいたい一幕あたり5〜7場面なので(これ以上だと舞台予算の関係でセットが作れない)、場割を作る時が一番神経を使います。
場所と時間。
具体的に言えば

第一場「○○の家の居間 春のある日の午後」
第二場「○○のオフィス 前場の二日後」

という感じです。
どの場所にすれば登場人物をたくさん出せるか、時系列はどの順番で行けば物語がスムーズに流れるか。
そんなことを考えながら場割を作ります。

「箱書き」
これは上で作った「場割」におおよそ作ってあった内容の肉付けを行うことで、セリフじゃない小さなあらすじ作りです。
一場面を「箱」と認識しているので、内容を煮詰めることから「箱書き」というんじゃないのかな…?(これは僕の勝手な解釈です)
ちなみに箱書きを進めていくうちに、最初の場割が破たんすることもあるので、場割の修正をかけながら箱書きを進めます。
この箱書き、出来るだけ具体的な出来事やセリフなんかも書いていくので膨大な時間がかかることが普通。箱書きさえできていれば、本起こしはもうできたも同然です。
漫画でいえば、「ネームを切る」というやつでしょうか。

なお、僕はだいたいこの箱書きを書き終えた時点で力尽きて本にまで越せないことがしばしば…(笑)。
↑それぐらい大変なんですよ!!

僕の場合は上の戯曲の作り方がベースなんですが、ちょっと違う所もあります。

0.おおよその物語を頭の中で煮詰める(二ヵ月〜長い場合は1年位かけてゆくっり骨格をつくっていく)
1.タイトル決め(テーマ性を同調しながらなので時間がかかる)
2.登場人物決め
《この間に必要な資料集めも進めている》
3.あらすじ作り(これもかなり長いので時間がかかる)
4.あらすじからシーンを切って場割
5.箱書き
6.直筆で本を起こす(pcで清書する人はここで戯曲を打ち込んでいく)
7.書いた本をpcで清書(←ここで一回推敲しながら打ち込むので、そこそこ時間がかかる)
8.打ち込んだ戯曲をプリントアウトして再確認&推敲
9.推敲した部分を打ち直して再度プリントアウト
10.もう一度誤植を確認しながら推敲
11.誤植直しと推敲した部分を修正してプリントアウト
12.最終確認してokなら完成

推敲が多いですね…(笑)。
でも、こんな感じです。当時同じ戯曲スクールに通っていた友人には「めんどくさっ」と言われました…。
確かに。

さて、戯曲の話はこれぐらいにして。
ここのところ意外なことに(?)、恋愛小説にハマっている。
読んでいるとなんか甘酸っぱい気持ちになります…はるか遠い昔においてきた感情(笑)。
で、読んでいると書きたくなるんですよね…これが。
いや、一度も恋愛ものなんて書いたことないんですけど。
(戯曲も自分探しとかファンタジーとか動物中心だった)
書きたくなると止まらなくなる性分で…

1ヵ月ぐらい頭で煮詰めて書いてみています、今現在。
もうほとんど気の向くままに。
相変わらずタイトルと登場人物は決めていないと書けないので、まずはそこを決めて。
あらすじも恋愛小説だから、まあいいかと書き起こさず。
場割かわりの章を少し立てて。
書き始めたのは良いんですけど…

書き方がわからん!!(笑)

すっかり戯曲の書き方に慣れてしまったのでセリフのやり取り以外の説明のところがうまく書けない…。
心情部分もなんか変…。
戯曲でも説明部分でト書きという所がありますが、小説だとその比じゃないんですよね。
まあ、自己満足なところもあるからいいかと、書き進めていていったら、何となく文章のペースというか書き方が定まってきて、やれやれと思ったら。

途中で破たんした(笑)。

気持ちのままに書き殴っているのは気持ちいいんですけど、物語が思っていない方向へ進んで行ったり、書きこぼしがあったり…

で。
結局、戯曲づくりと同じで「箱書き」づくりをすることに。


ああ…もう学生時代のように思いつくまま書けない体質になってしまったのか…

鶏が先か、たまごが先か。
そんな心境です。


なお。
戯曲と同様、小説も僕は書いている姿はちょっと人には見せらません。
セリフをつぶやいたり、ニヤニヤしたり泣いたりとかなり痛い人になっているので一見怪しい人になってしまうので。
登場人物の感情の起伏がそのまま表に出てしまうので、書いているときは鶴の機織りです(笑)。
相方にもさすがに見せられません(←絶対に引かれるぐらい怪しい)

こんな状態ですが、さて、僕は挫折せずに書き上げられるんでしょうかね、この小説。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2012/06/28 20:20:54 プライベート♪
雑記
健康診断に行ってきました!
とうとう健康診断を受けてきました。
思えば去年の仰天数字(色々やばかった)を叩き出した健康診断、あれから1年間のダイエット。
検査結果は約3週間後、ということでまだ詳しい数値は分かりませんが、やるだけやったので後は神のみぞ知るという所です。

健康診断は、相方の会社の保険組合でやってます。
それまでは自分の職場の保険組合で健康診断をやってたんですが…まあ、今思えばテキトーな健康診断だったことは否めません。
以前の健康診断ではノーマルに身長・体重・視力・血圧・尿検査。
あとはお決まりのX線。
血液検査もあったにはあったんですが、なぜか貧血検査だけでいわゆる生活習慣にかかわるコレステロールやら中性脂肪やらは皆無。

結婚後に新たに受けた健康診断に愕然。
現在は身長・体重・視力・聴力・血圧・尿検査に便検査。
でもってX線に血液検査(糖代謝・脂質・肝機能)に心電図。
オプションで婦人科検診。
とりわけ衝撃的だったのは、肝機能。
大酒飲みじゃないのに、γーGTPが標準より高い。
常に「生活習慣の見直し及び改善を図りましょう」と書かれ続けています。
そんなに飲んでないのにー…(月に2〜3回飲む程度。量もそんなには飲まない)。
これ以上、何をどう改善すんねん!!と思ってました。
いや、今もそう思ってますが。
これはもう、遺伝的に肝機能が弱いということにしてます(父も酒もタバコもやらないのに数値が悪い)。

ですが、去年は中性脂肪がグーンと上がってしまい(まあ体重も年々上がってたんですが)、とうとう糖質代謝に以上アリ判定をくらっていまいまして。
(コレステロールは正常なので、思いっきり体重と運動が原因)
で、1年間、この日のために(?)ダイエットしてきました。

さて、検診当日。
どきどきの血液検査を終えて、まずは血圧。
ボーっとして図ってたんですが。

ん?


上が100そこそこ。


下は…60切ってるやんけ!!


低血圧やん!!
(うちは父は高血圧、母が低血圧という全うな血圧の持ち主は僕ぐらいだった)

視力検査は、まあ、こんなもんかーというところ(あ、でも去年より落ちてるな)。
聴力検査は大丈夫そう(一度ひどい外耳炎をやらかして高音域が聞こえなかった)。
心電図は…結果がくるまで分かりません。
ちなみに去年は「右軸偏位」とかかれB判定です。
(父と姉が不整脈もちなので、なんかあるのかもしれない)
そして、身長と体重…。


おおー!

体重が去年より8kg落ちたぞー!!やったー!!

と思ったら、検査をしているお姉さんが心配そうに


「体重がだいぶ落ちてますけど、大丈夫ですか?(病気を心配している)」


あー…そう来るか。でも、まあ、一年でそんだけ減ったら心配しますわね。
「ダイエットしたんですよー」と言ったら、安心した顔になってもらえましたが。

その後は、婦人科検診。
乳がん検査はエコーなので、にゅるにゅる気持ち悪いんですが、「異常はないと思いますよー」と。
子宮検査はこれも検査待ちなので何とも。
診察状態では異常は認められなかったようです。
やれやれ。

詳しい検査結果は約3週間ほどおあずけなので、また今度。


検診前まで禁酒(一応気にして1ヶ月ほど取らないようにしていた)とそれなりな食生活をしていたので、
まあ、
とりあえず、


結果が来る前に「とんかつ」をガッツリ食いました。


うまかったー…。



TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ 1 | 2 | 3 | 次ページ≫ [最終]
プロフィール
KEI
性別女性
年齢
誕生7月4日
星座かに座
職業バイトくん
地域関東在住
性格やや男っぽい
趣味ペーパークイリング
特技賞状書ける
自己紹介
SE→舞台関係→税理士事務所スタッフ、と共通性の無い職業についている。現在は主婦も兼業。
アーカイブ
2018年01月 (1)
2017年12月 (1)
→リスト表示する
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。