ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
トトロ2
Parts
パーツはありません。
Calendar
<<11月>>
...1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
Messages
フラワースクールでの貴重...
秋も深まる時期に多い展覧...
よくわからない虫に刺され...
歯ブラシだけではだめ! ...
花に囲まれて、横浜の観光...
無農薬米を作り昔の食材を...
SONIC STAGEシ...
パソコンソフトの買取方法...
付き合う前の男女と、その...
お気をつけあそばせ、事故...
母と娘が仲良いとは限らな...
水性ウレタン塗料が私のピ...
温かくならない安いオイル...
フォトエッチング加工って...
自分自身のメンテナンスは...
アメリカで会社を設立...
ショッピングで改めてダイ...
事故車専門のオークション...
クローゼットにすのこと除...
安めの金額で念願の一戸建...
→リスト表示する
Latest Blog
kortodarma
<逃げる>
前野岳洋
大晦日と年越しソバと新年...
kortodarma
<迷子>
taka
8才の誕生日
tonton
お笑いの分野ではどうなの...
kortodarma
<対策>
asobow
バイキンマンが 虫歯で...
sunya
hasunoha参加5年...
kortodarma
<柿>
前野岳洋
すっかりととのった正月準...
tonton
知らされていない情報が多...
[最新順表示]  13 件
 [リストを表示] 1頁30件 1/1(13件)
2017/08/29 09:52:39 プライベート♪
ライフスタイル
フラワースクールでの貴重な経験
私はフラワースクールとあまり縁がないのですが、私の母が何度か行っていたことがあります。
どうやら友人に誘われたみたいです。

講座のたびに母が持ち帰ってくる作品は、それはそれは綺麗で華やかなものばかりでした。
家には花そのものがあまりなかったもので、母がフラワースクールに通うようになってからは、見違えるほど家の中が華やかになり、不思議なかんじでした。
母と一緒に行った友人の人の家に何度か行ったことがあるのですが、一言で言えば、色が溢れている家でした。
花の色、匂い、とにかく凄くて圧倒されました。
花が本当に好きなんだなと思ったと同時に、母はこういう人と行って疲れなかったのだろうかとも思いました。
そもそも母はそんなに花が好きではないのです。

ですが、感想を聞いてみると、作ることそのものは好きだからとのことでした。
それを聞いて、花が好きではない母がそれなりに楽しかったのだから私も行ってみようと思い、行ってみることにしました。
行って分かったのは、私にはこういう才能は皆無なのだなということでした。
見るからに残念な作品になってしまったのです。
ですが、作ること自体は楽しかったですし、貴重な経験が出来たと思っています。
ただ、あまりにも稚拙な作品を作ってしまったため、恥ずかしかったです。
それでも行ってよかったと思います。

自分の知らない世界がそこにはあって、フラワースクールでないと出会えない人たちにも出会えたのですから。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/08/21 09:49:52 プライベート♪
ライフスタイル
秋も深まる時期に多い展覧会などの絵画鑑賞:楽しみ方
秋になると、至るところの美術館や画廊、ギャラリーで展覧会が有名、無名を問わず開催される時期になりますよね。「絵画鑑賞ってどう楽しめばいいのかわからない。」あるいは、「予備知識が無いし.....。」などと臆して、興味があるけど観に行く勇気が無い人もいるかもしれません。そこで簡単な絵画を楽しむ”コツ”をちょっとご紹介しましょう。

まず国立美術館や都立や市立美術館などで開催されるのは、海外や国内の非常に有名な作家の作品の企画展が多いです。入場料、閲覧料を払えば誰でも楽しめますが、普段絵画にあまり接してきたことの無い人にとっては、ネックとなるのが「絵を見て何を楽しめばいいのだろうか?」ではないでしょうか?そこで、まずこれはちょっと観てみたいという展覧会があったら、インターネットを活用しWikipediaなどでも良いので、作家の生涯やその時代背景を少し調べておくと良いです。

芸術作品と言うとまるで高尚で敷居が高いようですが、描いている作家はすべて特に学歴の高い、有識者や学者ではありません。どちらかと言うと18世紀の画家はあまり生活に恵まれた人は稀で、半数以上は人から依頼を受けて作品を描いています。そこでその作家の結婚とか、失恋とか生活の背景を知ると、実はその作品を描いている時のリアルな作家の心模様が展覧会の作品でも感じることが出来ます。当時、貧しいながらも一人の女性に夢中になっていたり、浪費で借金を抱えたり、私生活で色々悩んでいると、面白いように当時の作品には色濃く反映しているものです。日本の展覧会では会場での写真撮影や筆記は出来ないことが多いですが、自分で調べた作家の半生や、時々の出来事をメモに日付や年号と共に会場に持って行って、作品を見ながらそのメモを参考にすると、非常に面白い作品の楽しみ方が出来ると思います。

また会場では必ずその作家の時代背景や生涯についての、プロフィールなども掲げてありますから、絵画を観る前に様々な「文字情報」を頭に入れておくと、案外有名作家の人間性や私生活も触れることが出来て大変面白いです。秋に開催される多くの展覧会も、「芸術だし、キチンと観ないと!」と身構えるよりも、「描いている作家も結局自分と同じような悩みを抱えているんだ。」と知ることが出来れば身近に感じられるものです。
これも立派な「絵画鑑賞」ですよ。

昨今ではレンタル絵画などもあり、より身近に感じてる方も多いのではないでしょうか。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/07/14 08:20:10 プライベート♪
ライフスタイル
よくわからない虫に刺されてしまいました。
先日、川沿いを散歩していたら服の上から虫に刺されたみたいなのですが、それがなかなか治りません。
刺された場所を良く見たら、2か所刺された場所がありました。

刺された場所の周りは赤くなっていますが、それも数日経ってもあまり良くなっていないようです。
最初は虫刺されの薬を塗ったのですが、染みるだけであまり効果は見られませんでした。

特に刺し口が擦れるとチクッと痛みを感じるので、ばんそうこうを貼って、直接触れないようにしています。
虫の正体が何なのかわからないのですが、ネットで調べてみたのですが、特定はできませんでした。

ブトは以前も刺されたことがありますが、かなり痒くて赤く膨れ上がったような気がします。
刺されたのか噛まれたのかわからないような感じです。

衣服の上からハチに刺されたのかもしれないとも思いました。
しかし、以前ハチに刺された時は、刺し針に刺されたような激痛だったので、これも違うと思いました。

家族が言うにはダニではないかという話でしたが、ダニの場合はここまで広範囲に赤く広がらないような気がします。
考えれば考えるほど、調べれば調べるほど、何の虫なのかがわからなくなってしまいました。

それでも何かしら治療をしていかないと、いつまでたっても虫刺されは治らないと思います。
虫刺されの薬が効かないならば、傷薬の方が効果があるのかもと思ってしまいます。

太ももの後ろの方なので、自分で処置するのもなかなか大変な場所です。
虫刺されの薬も種類はいろいろあるので、その中で効果があるものがあるかもしれません。

免疫力があれば、虫刺されの症状も早めに改善していくかもしれません。
まずは滋養をつけて、解毒作用のあるものを食べるようにしています。

少し痛いくらいで激痛ではないし、痒みも全くないのが不思議です。
おそらく服の上から刺されたので、被害が少なかったのかもしれません。

昨年も良くわからない虫に刺されました。
その時もかゆいというよりも痛い感じがしました。
もしかしたら、似たような虫だったのかもしれません。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/06/15 17:33:35 プライベート♪
ライフスタイル
花に囲まれて、横浜の観光スポットをひたすら歩く
会期が残り1週間を切ったところで「第33回 全国都市緑化よこはまフェア」へ行きました。このイベントは、国土交通省の提唱のもと、1983年から全国各地で毎年開催されている花と緑の祭典です。第33回の2017年は横浜市内の2か所、みなとガーデンと里山ガーデンで開かれました。私が行ったのはみなとガーデンです。

スタートはグランモール公園からです。普段よりも花がたくさん飾ってあるような印象はありましたが、さっと通り過ぎるだけにとどめておきました。
次は運河パークと新港中央広場です。どちらかといえば見頃を過ぎてしまった花が多かったような気がします。
さらに象の鼻パークへ進むと、企業や団体が出展した、個性豊かな庭園がたくさん並んでいました。ガーデンベアの庭やトピアリーがかわいらしかったです。
その後は日本大通りへ進み、色とりどりの花壇を眺めながら横浜公園へ向かいました。もともとあった並木が木陰を作っていたので、歩いていて気持ちが良かったです。

横浜公園の展示で面白かったのは、ベイスターズガーデンです。野球選手をイメージしたトピアリーは、ものすごくインパクトがありました。横浜公園を散策した後は日本大通りを再び歩き、山下公園へ向かいました。
山下公園と、その後に行った港の見える丘公園では、とにかくバラの花でいっぱいでした。さまざまな品種のバラが咲き乱れていて、いかにも5月の終わりの時期らしいです。そして港の見える丘公園のローズガーデンを一通り散策したところで、元町・中華街駅から帰ることにしました。
個人的には、港の見える丘公園のローズガーデンが、みなとガーデンの中で一番よかったと思います。イベントのためにわざわざ作ったのではなく、もともとあったものをイベントでうまく生かしていたからです。

振り返ってみると、グランモール公園から港の見える丘公園まで、長い時間をかけて長い距離を歩いたものです。とはいえ、色とりどりの花を見ながら横浜の主要な観光スポットを回れたのはよかったと思います。達成感がありました。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/06/11 14:46:53 プライベート♪
ライフスタイル
無農薬米を作り昔の食材を復活させよう
最近とみに無農薬という言葉を聞きます。もちろん農薬を使った作物よりも安心できますし、味も良いのでしょう。しかし、農家はなかなか無農薬にしようとは思いません。なぜなら、とても手間が掛かり収穫量も減ってしまうからです。実際の農作業を見ていると、無農薬ではやっていけないことが良く解ります。

それでも、無農薬米を作っている人たちはいます。以前に農薬を使っていた場合は、何年か田んぼを使用せず、農薬をすっかり取り除くか、土を全部入れ替えなくてはいけません。その費用も大変な事でしょう。しかし、人間への安全を考えた場合、無農薬であることは重要だと思います。昔にはなかった(あるいは発見されなかった)病気が増えているのは農薬のせいなのかもしれません。もちろん私だけの考えです。しかし、科学物質があふれるようになってからアトピーやアレルギーが増えたのも事実です。人間が食べるものは全て体の中に残っていきます。もし、農薬がそうなったらと思うとなんと怖いことかと思います。
お米を無農薬で作る場合、田植えの後も草取りなど作業が大変に増えてきます。それを、鴨が行っているところがあります。田んぼの中を鴨が泳いでいるのです。そうすることで、草もなくなり虫もいなくなるそうです。見ていると、こちらまでほのぼのするのは気のせいでしょうか。遠い昔はこうしてお米を作っていたのです。

コウノトリの繁殖を始めた豊岡市も無農薬米を作っています。そうしたところ、コウノトリのえさのドジョウが増えて繁殖に成功したと言います。
農薬を使っていなかった時代、田んぼにはドジョウやタニシがいました。それを捕って食べたものです。今は養殖のドジョウやタニシしか食べられません。更に、稲が実るとイナゴが沢山やって来ます。これも、佃煮にすると大変美味しいです。カルシウムやたんぱく質も多く含む食材です。しかし、これも今は養殖です。無農薬米を作ると言うことは、昔からある食べ物を復活させることでもあるのかもしれません。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/05/02 22:02:50 プライベート♪
ライフスタイル
付き合う前の男女と、その後の変化
男女が付き合う前のデート、って微妙ですよね。
そもそもまだ付き合ってないのだからそれが「デート」と呼んでいいのか、難しいところです。
片方はただなんとなくの暇つぶしに会ってる(そもそもそんな人とは、わさわざ自分の時間を費やして会ったりしたくないですけど…)。
片方は特定の相手と楽しい時間を過ごしたいと思っています(またそれ以上の発展を期待している)。
堅い事を言ってしまうと、後者の意識が両方に備わってこそ、初めて「付き合う前のデート」と呼ぶのかなと思います。

初めに告白があって、デートを繰り返していくのと、付き合う前にデートを繰り返していくのはどっちが楽しいのでしょうか。
どちらもそれぞれに展開する楽しみがあって、ワクワクするのには間違いないと思います。

付き合う前であれば、自分に対して脈はあるのか、今日で3回目のデート…そろそろ告白するタイミングなのか、いつ告白されるのか、付き合って欲しいと言われるのか、お互いの気持ちに探りを入れながらとるコミュニケーションはとても楽しいです。
告白があってからは、お互いが両思いである事は確認済みだから、どれだけ自分や相手がお互いを愛しているかの確認や、相手をより深く知る為の気付きや反応などを見て、それもまた新鮮で楽しいです。

ただ、「付き合う」という行為はとても楽しいですが、楽しいばかりではない場面もあります。
お互いに相手の気持ちに気付く事が出来なかったり、独り善がりになったり付き合いが長くなるとそうなってしまう事もあります。
誰よりも自分を分かってくれる存在だと思い、相手に執着したりすると、相手も疲れてきてしまいます。
「付き合う」物語には色々なストーリーがあってはじまったり、終わったりするから上記のケースだけでは語れないし、悲しい終わり方をしても、また誰かと付き合いたいと思うのが、男女なのかなと思います。
いつも初心を忘れずにお互いを思いやることを大切にして行きたいなと思います。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/03/05 17:11:59 プライベート♪
ライフスタイル
母と娘が仲良いとは限らないこともある
母親と娘の関係って一般的には仲が良いイメージなのでしょうか。
私は母親と気が合いません。
物心ついたときから好きじゃないです。

母に頬を叩かれることはしょっちゅうありましたし、今なぜ叩かれないとならないのかが分かりませんでした。
家出を初めて考えたのが幼稚園の時です。
家に帰りたくないと思って公園にいたのですが、だんだんお腹が空いて来てしまって、そんな時に母が「ご飯だよ」と家から声を掛けて「はーい」と返事して帰りました。

そういうところが子供ですよね。
多分、母はその時に私が家出を考えていたことなんて気が付いていなかったことでしょう。
私は一人っ子なんですけど、世間一般で言う甘やかされて、なんでも買ってもらえると言うことは私には関係ないことでした。
母は男の子しか欲しくなかったそうなんです。

女の子は嫌いらしく、小学6年生まで、無理やり母に髪の毛をスポーツ刈りのようにカットされていて、毎回鏡を見ては泣いていました。
中学時代も高校時代もお弁当は自分で作ってましたし、お小遣いももらってませんでした。
ただ、親戚が多かったのでお正月に集まった時にお年玉が、かなり貯まるんですね、それで服とか買ってました。
父は溺愛では無かったですが、優しかったです。
友達の親子関係を見てると羨ましく思い、自分は結婚したら絶対に女の子を生んで親子で出かけたりして、仲良くするんだと決めてました。

今、子どもは男の子と女の子がいます。
母は息子には溺愛です。なんでも買ってあげてます。
娘にも少しは買ってあげてます。
やはり孫と言うものは娘とは違うようで、私に対してしていたような事はしませんね。
それは心配してたのでホッとしました。
ただ、やはり贔屓はあります。

なんせ、息子自身が特別扱いされてる事を認識してて、それは大人になった今は嫌だそうです。
そして私は娘とは超が付く程、仲が良い親子になりました。
親ばかですが、可愛くて仕方ありません。
娘は小さい頃より私にそっくりと言われてました。
その言葉を言われるたびに、自分の子供の頃と重ねて(母はこんな可愛い子供を可愛いと思わなかったんだ)と思いましたね。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/02/17 17:54:42 プライベート♪
ライフスタイル
温かくならない安いオイルヒーター
先日新潟の実家に遊びに行きました。冬は雪下ろしや寒さ対策が大変な土地です。これだけ科学技術が発達しているのに雪下ろしは地道に、雪をどかす、溶かすしかないのです。雪国に住んでいる人の高齢化が進んでいるので何か画期的な雪下ろしの方法が発明されないかな?と実家に帰るたびに思います。
そんな雪国の実家では父が最近オイルヒーターを購入しました。朝日新聞の広告に載っていたオイルヒーターと温風ヒーターのセットで1万円だったそうです。でもほとんど使っていないというのです。全く部屋が温かくならないというのです。実際にオイルヒーターをつけてみましたが、確かにオイルヒーターの醍醐味である輻射熱による温かさを全く感じませんでした。

私は「中国製でセットで1万円のオイルヒーターが本物のわけないよ〜」と父に言いました。セットの商品の温風ヒーターは洗面所を温めるのにそれなりに重宝しているのでまあ仕方ないという感じでした。

でもこの広告に上手く乗せられる感じは私でも騙されるかもしれないなと思いました。事実か客観的な見方かをきちんと区別できるかどうか問題だと思うのです。
朝日新聞に広告を出しているから商品を信用できるか?というと、そうではないと思うのです。朝日新聞は、私も記事を信頼して読んでいます。でもそこに載っている広告は新聞社とは全く関係がない会社の広告です。だから朝日新聞の広告の商品だから信用できるかというと否だと思います。
同様に千昌夫さんが広告塔となっている商品だから本物のオイルヒーターだと思うのもどうでしょうか?でも所詮広告塔ですからね。もしこれがデロンギ社のオイルヒーターというなら信頼できるメーカーなので大丈夫だと思うのです。
まあ1万円の勉強代だと思うしかないですね。

でも購入者の95%が満足をしているとか言われるとついつい信用して買ってしまうかもしれませんね。でも何をもって満足かというのは人それぞれなので、冷静に見るとこれも事実ではないのです。親のふり見て我がふり治せで私も気を付けたいなと思いました。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/02/09 17:52:29 プライベート♪
ライフスタイル
フォトエッチング加工って何?実は自宅でも出来るんです!
フォトエッチングという言葉を聞いたことはないでしょうか?あまり耳馴染みのない言葉かもしれません。これは薄板金属加工の工法の一つなのですが、そもそも「エッチング」って何?と思う方も多いと思います。そこで、この「フォトエッチング」について、少し説明してみようと思います。

<エッチングとは>
エッチングとは、クッキーの型抜きのように、一枚の板からポンポンとくり抜くのではなく、「エッチング液」などの化学薬品による化学反応や、腐食作用を応用して被加工物を溶解加工する加工方法です。目的とする加工形状に、塗装するときと同じように表面を部分的に被覆保護する「マスキング」処理を施します。その上で、エッチング液などの腐食剤によって不要部分を除去することで目的の加工形状を得ることができるのです。

<フォトエッチングとは>
フォトエッチングとは、エッチング加工の一つで、フォト、つまり写真や画像のような細かい物を板金にマスキングすることができます。一般にレジストフィルムというものが用いられ、「フォトレジストエッチング加工」とも呼ばれます。簡単な言い方にすれば、板金に写真などのデータを印刷して、その表面にフィルムを貼り、周りを溶かす(エッチング加工)と製品が出来上がる、というような作業工程からなる工法です。かなり複雑で精密なものを得意として、扱う素材が薄ければより効果を発揮します。
メリットとしては、金型や冶具が不要で、低コストに抑えられる点が挙げられます。また、取り回しが容易なため、「試作品」のような極小発注にも臨機応変に対応できるのも強みとされています。これは金型などは、その「型」を製造しなくてはなりませんが、「プリント」するだけなので、切り替えがスムーズに行われるからです。

このような特殊工程に触れる機会はあまりないと思います。しかし、調べてみるとご自宅でもキットさえあれば体験可能のようなのです。もし、少しでも興味を持たれたのならば、キットを購入してきて、ご自身の手でアクセサリーなどを作成してみては如何でしょうか?小さい板金にイニシャルを刻んだり、簡易的なものならばすぐにでもできるかもしれません。大切な人への贈り物にしたらビックリされるかもしれませんよ。

http://www.oemcorp.jp/
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2016/10/08 18:42:37 プライベート♪
ライフスタイル
クローゼットにすのこと除湿剤を置きたい
今日は晴れたのでクローゼットを換気していました。あと、明日着る服を選んでいたら、畳んでおいておいた服がすごく湿気ているのでビックリしました。かなりクローゼットのなかが湿気ているんです。

確かにこのところ天気もあまりよくなかくて、それでいて蒸し暑いという、湿気の高い状態だったので、すごく湿気がたまってしまったんでしょうね。

湿気は前から気になっていて、ダイソーで除湿剤を探していたんです。そうしたら、水がたまるタイプじゃなくて、シートタイプで繰り返し使えるという除湿シートみたいのがあったんで、それを買ってみました。一応それを入れておいたんですが、それでは無理なぐらい湿気が多かったんでしょうね。

やっぱり水がたまるタイプの強力な除湿剤を買おうかなと思いました。といっても100円台で3個ぐらい入っているので安いんですけどね。前にドラッグストアにあったんですが、まだあるといいなと思います。

話は少しそれますが、秋服を久しぶりに引っ張りだしてみて広げてみたら、毛玉が大量についている黒い服を見つけて仰天しました。こんなに毛玉がついているなんて気づかなかったです。

それはGUの服で、素材的に毛玉ができやすいんでしょうが、着る前に毛玉に気づいてよかったなと思いました。毛玉はT字カミソリでとるのが得意なんで暇なときに毛玉をきれいにとろうと思います。

あと、服を直接クローゼットの床に重ねているのもよくないと思うので、ダイソーにあるヒノキのすのこを買おうかなと思います。それを置いて、そのうえに服を置けば風通りがよくなって少しはいいかなと思うんですよね。でもすのこのサイズとクローゼットのサイズをきちんとはかっていかないといけませんね。

あと、湿気がたまっている要因のひとつとして、服が増えてぎゅうぎゅうになっていて、風通りが悪くて湿気がたまりやすい状態であることがあると思うんです。

着ない服は整理したほうがいいなと思いました。風通りは本当に大事ですね。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2016/09/29 18:39:54 プライベート♪
ライフスタイル
安めの金額で念願の一戸建てが購入できました
田舎育ちの私たち夫婦は一戸建てに憧れがありました。どうにかして一戸建てを建てようと頑張ってお金を貯めることにしました。とにかく節約です。何とか頭金ぐらいまで用意できたころから土地探しが始まりました。

土地と建物で幾らまでと決めていたので、土地にかけれるお金も決まってきます。このぐらいの坪数でこの金額でと探していると、不動産屋さんから提案されるのはすごい土地ばかりでした。例えば、絶壁の上にある土地。これは自分で擁壁を作らなければいけなく、その擁壁代は土地代を遥かに超えてしまうような感じでした。次に紹介されたのは、車が入れない家です。家の近くまでは太い道路があるのですが、そこからは車が入れない細い道です。駐車場を借りて、そして家まで歩いてくださいとのことでした。
こういう土地は家を建てる重機とか入るのかなと思ってしまいました。

これではいけないと、もう少し土地にお金をかけて、家のほうを少し安く作るように価格設定し直しました。それで、やっと車が家まで入れる平地の土地を手に入れることができました。

次は、その上に建つ家です。住宅展示場を見に行くと素敵な家がたくさんありました。ですが、大手の住宅メーカーさんだと家の値段が予算内にはおさまりません。ですので、住宅展示場で自分の建てたい家の構想を練って、そのプランを持って中小のハウスメーカーさんを幾つか回ってみました。

大手さんから中小の住宅メーカーさんに変えただけで、家の建築費が大幅に削減できます。あとは、自分が建てたい家をどこが一番安く作ってくれるのかです。そこで、同じプランで中小のハウスメーカーさんに見積もりを作っていただきました。もちろん価格だけではなく、屋根は断熱塗料にしますか、内装のこれをつけますとか、ここはサービスですという提案があるので、それも踏まえてトータルでどこが安いのか選びました。

そして、今は自分が間取りなども全部考えた家に住んでいます。住宅展示場で見ていいなあと思ったもの、例えば中庭が真ん中にあって、どの部屋も日差しが入るようにしているところや、キッチンの近くに自分用の書斎のようなスペースを設けたりするところも取り入れてみました。中小の住宅メーカーですが、しっかりと作ってくださり、とても快適に過ごしています。家はとても高い買い物ですが、工夫次第で自分の考えていた予算内におさめることができると思います。一生に一度しか建てられない家なら、自分好みの家を建ててみたいですよね。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2016/09/07 18:37:49 プライベート♪
ライフスタイル
私の最近の悩み・・・。
私、このままでいいのでしょうか・・・。
まずは仕事から。
特にやりたいこともなかったので、待遇が良かった会社に18歳の時に就職。
事務をしています。
気がつけば7年目。年上の部下が増えました。
その年上の部下の出来が悪く、毎日悩まされています。
年上だし、強く言えないし。泣

一人でじっと耐えています。
どちらかというと、この年齢だったら大人にもっと色々なことを教わりたいなぁと思っています。
そんなに尊敬できる上司はいません。
早く結婚して専業主婦になりたいと思うばかりです。

あとは1つだけ嬉しい?悩みもあります。
やりたいことが見つかってきたような気がします。
私は資格を1つも持っていません。
なので、今の事務の仕事に役立つ、簿記や秘書検定の勉強を始めました。
他には車の免許が欲しいです。(彼と結婚が決まったら。笑)
彼は地方の人なので結婚したら、お嫁さんと地元に帰って親と暮らすと言っていました。
自分は今の彼と結婚したいです。
地方に行くなら車が必ず必要になります。
なので免許が欲しいなぁと思うようになりました。
他には、介護の仕事に興味を持ちました。
たまたま見たドキュメンタリー番組で介護職の特集をやっていました。
人に必要とされる仕事ってかっこいいなぁと思いました。
きっとやりがいがあるんだろうなぁと感じました。

今の仕事は、お金をもらうためだけに、毎日適当にこなしています。
やりがいは感じていません。
毎日このままではもったいないなぁと思っています。
毎日が充実した日々ってなんて素敵なんでしょう!
そんな生活に憧れます。
お金と時間があったら介護についても調べてみようと思います。

今日も仕事楽しくな〜い頑張るぞ〜。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2016/05/21 13:49:19 くらし
ライフスタイル
トトロに会いたいな (^^♪
こんにちは。
ブログをはじめました。

トトロが大好きです。
トトロに会えてらいいな〜ぁ♪
猫バスに乗れたらいいな〜ぁ♪
といろいろな事を思いながら書いて行きたいです。

よろしくお願いします。(^^)
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  13 件
Profile
トトロ2
性別
年齢
誕生
星座
Favorite
お気に入りはありません。
Category
パソコン・スマホ(2)
ペット・動物(1)
ライフスタイル(13)
仕事(2)
車・バイク(2)
住まい・住宅(1)
美容・健康(6)
→リスト表示する
Archive
2017年08月 (2)
2017年07月 (2)
2017年06月 (3)
2017年05月 (2)
2017年04月 (1)
2017年03月 (1)
2017年02月 (3)
2017年01月 (2)
2016年10月 (3)
2016年09月 (6)
2016年08月 (1)
2016年05月 (1)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。