ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
vibcasa
BLOG HOME
Calendar
<<5月>>
..12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
Category
なし(16)
→リスト表示する
Archive
2018年03月 (3)
2018年02月 (4)
2018年01月 (6)
2017年12月 (2)
2017年10月 (1)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
asobow
10万円貯金に ディズニ...
sunya
智慧と福徳
sano3661
今日は
kortodarma
<隙間>
sano3661
ゴールデンウィーク...
kortodarma
<F1ドライバー>...
sunya
岩瀧山・滝行場・敷石発見...
tonton
1990年代以降テーマパ...
tonton
アイデアグッズ あっても...
tonton
世界の美術館巡り 短時間...
gsoy
日本の民間ロケットの幕開...
Messages
管理に向かない...
自由気ままにメ...
奇妙な動物を飼...
自由律俳句の俳人...
関係になりますね...
人間なのではない...
寂しそうに見えた...
茶の三色用意
考え及んだのだった...
明るくざっくばら...
間違いはあるし...
栄養素がたくさ...
相手を映し出す鏡...
太平洋を埋め立てろ...
をするときであって...
強くて涙がこぼれないよう...
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁3件 1/1(1件)
2018/01/29 16:08:39 プライベート♪
考え及んだのだった
そういえば、用務員のイジサンが言っていたではないか。
裕太の引っ越し先は、仙人たちの故郷である・・・と。
これは、あくまでも推測であるが、もしかしたら、オジサンも
そうなのでは、あるまいか?
先生は、ふと、考え及んだのだった。
すると、これは重要な手がかりに、なるに違いない。
そう思うと・・・岸本先生は、あることを思いついた。

まずは、ひとまず作戦を練ろう・・・
そう考えて、一旦家に帰ることにした。
まずは、頭の中を整理して、それから出直そう・・・と思った
からなのだ。
(吉川先生に、相談するのもいいな)
先生はそう思った。
三人寄れば文殊の知恵ではないけれど、
1人よりも、2人で考えた方が、いいアイディアが
浮かぶような気がしたのだ。
「しかし、あの用務員さん。
 なんだって、気付いたんだろう」
そう独り言を言う・・・・
そうして、手の中のお守りを見つめ・・・
これを埋めたのは、一体誰なんだ、と考えていた。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
Profile
vibcasa
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。