ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
vibcasa
BLOG HOME
Calendar
<<2月>>
....123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
Category
なし(13)
→リスト表示する
Archive
2018年01月 (6)
2017年12月 (2)
2017年10月 (1)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
前野岳洋
鯉のぼり・吹き流しはどう...
sano3661
寒さが
kortodarma
<以外の>
asobow
ららら♪ カバ殿さまが誕...
kortodarma
<友達>
sano3661
相変わらず
sano3661
いい天気ですが...
gsoy
また雪が降るかも!...
tonton
acting
tonton
facial s...
tonton
black woman ...
Messages
自由律俳句の俳人...
関係になりますね...
人間なのではない...
寂しそうに見えた...
茶の三色用意
考え及んだのだった...
明るくざっくばら...
間違いはあるし...
栄養素がたくさ...
相手を映し出す鏡...
太平洋を埋め立てろ...
をするときであって...
強くて涙がこぼれないよう...
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁3件 1/1(1件)
2018/02/09 11:36:35 プライベート♪
寂しそうに見えた
 裕太と颯太が、自転車を降りると、玄関へと向かう。
この家には、何度足を運んだことだろう・・・と、
颯太はしみじみと思っていた。
あれから、半日しかたっていない・・・というのに、
荷物がすっかりなくなり、がらんどうになった家は、
なんだかひと気もなくなり、少し、寂しそうに見えた。

「ホントに明日、行っちゃうのかぁ」
颯太は今更のように、少し寂しそうに言う。
すると裕太も「うん」とうなづき、
「嘘みたいだな」と、ボソリと言った。
「この家、どうなるの?」
颯太が聞くと、
「しばらく、空き家になると思う。
まだ、買い手もつかないし。
もしかしたら、また、帰って来るかもしれないし・・・」
と、まだ あきらめのついていない声だ。
「帰ってこれれば、いいのにな!」
思わず、希望的観測で颯太が言うと、
「うん」と、裕太も短く答えた。
それから2人は、じぃっと家を見上げると、
「よし、行くか」
と言って、門柱をくぐり抜け、ドアへと向かった。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
Profile
vibcasa
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。