ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
vibcasa
BLOG HOME
Calendar
<<4月>>
...1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
Category
なし(28)
→リスト表示する
Archive
2018年11月 (2)
2018年10月 (2)
2018年08月 (2)
2018年07月 (2)
2018年06月 (2)
2018年05月 (2)
2018年03月 (3)
2018年02月 (4)
2018年01月 (6)
2017年12月 (2)
2017年10月 (1)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
tonton
バーチャルリアリティにつ...
tonton
ロシアとはどういう国なの...
tonton
難民や移民・宗教などにつ...
tonton
その時代の国民性など...
kazu
車の運転免許
kazu
好きじゃないけど、高齢者...
sano3661
暖かい日と
asobow
[速報] 高性能な立体マ...
Messages
もう一度飲もうと...
若いママさんでし...
事がいっぱいだ...
それも別に大した...
かなり知られて...
でも知っておくと...
電子書籍や音
野球は流れが大事...
海洋生物や人類にとって深...
珈琲に行ったら...
営業時間の関係...
それを承知で黙認...
管理に向かない...
自由気ままにメ...
奇妙な動物を飼...
自由律俳句の俳人...
関係になりますね...
人間なのではない...
寂しそうに見えた...
茶の三色用意
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁3件 1/1(1件)
2018/02/09 11:36:35 プライベート♪
寂しそうに見えた
 裕太と颯太が、自転車を降りると、玄関へと向かう。
この家には、何度足を運んだことだろう・・・と、
颯太はしみじみと思っていた。
あれから、半日しかたっていない・・・というのに、
荷物がすっかりなくなり、がらんどうになった家は、
なんだかひと気もなくなり、少し、寂しそうに見えた。

「ホントに明日、行っちゃうのかぁ」
颯太は今更のように、少し寂しそうに言う。
すると裕太も「うん」とうなづき、
「嘘みたいだな」と、ボソリと言った。
「この家、どうなるの?」
颯太が聞くと、
「しばらく、空き家になると思う。
まだ、買い手もつかないし。
もしかしたら、また、帰って来るかもしれないし・・・」
と、まだ あきらめのついていない声だ。
「帰ってこれれば、いいのにな!」
思わず、希望的観測で颯太が言うと、
「うん」と、裕太も短く答えた。
それから2人は、じぃっと家を見上げると、
「よし、行くか」
と言って、門柱をくぐり抜け、ドアへと向かった。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
お名前
URL
タイトル
コメント
※この番号を下記に「半角数値」で入力してください。
画像認証
  コメントの投稿時には画像認証に表示されている番号を入力してください。
  投稿記事が削除された場合は、同時にコメントも削除されますのでご了承ください。
  ブログの管理者が承認しないとコメントが反映されない場合もあります。
  宣伝を含むコメントは予告せずに削除いたしますのでご了承ください。
  その他、ソフトンハウス運営チームが予告せずに削除する場合があります。
  アダルト関係のリンクの掲載は利用規約違反とみなします。
  公序良俗に反するコメントは不正アクセスとして通報させて頂きます。
Profile
vibcasa
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。