ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
vibcasa
BLOG HOME
Calendar
<<6月>>
.....12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Category
なし(20)
→リスト表示する
Archive
2018年05月 (2)
2018年03月 (3)
2018年02月 (4)
2018年01月 (6)
2017年12月 (2)
2017年10月 (1)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
sano3661
サッカー
asobow
わあ、あっ、ばあ!!...
sano3661
梅雨入り
gsoy
2018年サッカーワール...
kortodarma
<入り口>
kazu
事故
sano3661
ここのところ
kortodarma
<同じで>
tonton
日頃気になることや疑問な...
tonton
ハンガリーとはどういう国...
tonton
ロボット映画その他...
Messages
海洋生物や人類にとって深...
珈琲に行ったら...
営業時間の関係...
それを承知で黙認...
管理に向かない...
自由気ままにメ...
奇妙な動物を飼...
自由律俳句の俳人...
関係になりますね...
人間なのではない...
寂しそうに見えた...
茶の三色用意
考え及んだのだった...
明るくざっくばら...
間違いはあるし...
栄養素がたくさ...
相手を映し出す鏡...
太平洋を埋め立てろ...
をするときであって...
強くて涙がこぼれないよう...
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁3件 1/1(1件)
2018/03/13 13:13:26 プライベート♪
奇妙な動物を飼
ヨーロッパには特殊な動物としての「キメラ」伝説がある。
キマイラとも呼ばれるこの動物は、ライオンの頭と山羊の胴体、
そして毒蛇の尻尾を持つ。
ギュスターヴ・モローが描いた「キメラ」像は、
背に翼を持ったケンタウロスであり、その容貌たるや、まさに美青年。
ほとんど裸体を思わせる若い女性が翔び上がるキメラに身体を預けている。
古代ギリシャにその源泉を持つケンタウロスは、
半獣神や牧神とも呼ばれ、上半身が人間で下半身が獣として描かれている。
こういった、いくつかの動物が混ぜ合わさった存在は良くある話。
そんな土壌から生まれたものなのかカフカの『愛玩動物』と題する短編小説がある。
この小説は「私は奇妙な動物を飼っている」というところから始まる。
その奇妙な動物は、半分が仔猫で半分が仔羊。父から相続した遺産のひとつと語る。
飼うつもりがなく飼い始めたが不思議なことに、自分の仕事に行き詰まった時、
ふと見ると、この動物の髭の先から涙がこぼれ落ちていた。
「コイツは人間の心を持っている」そう思うと、この動物が愛おしく思えてくる。

猫といえば「猫の目のように気まぐれ」などの表現がある。
羊といえば「太っている。おとなしい」と形容されるのが一般的。
今の国際情勢は刻々と変化し、ここしばらくは猫と羊の様相があるようだ。
「老いぼれ」とののしったり、「チビのロケットマン」などと揶揄したり。
方やミサイルを飛ばしたり核開発したり。
そんな脅しはダメだとばかり空母を差し向けたり一触即発の感じもあった。
それが急転直下、会談する運びになったようだ。
まさに、猫の目のように気まぐれ。

このカフカの小説、最後のところで、
「この動物は、相手がうまく取り計らってくれることを暗に哀願したりする」
と結ばれている。
これから行われる会談はそんな「哀願」が見えるようでもある。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
Profile
vibcasa
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。