ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
Microsoft Office
BLOG HOME
Microsoft Office 2016
Calendar
<<9月>>
.....12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Category
なし(8)
→リスト表示する
Archive
2017年02月 (4)
2017年01月 (2)
2016年12月 (2)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
tonton
UFOや宇宙人の疑問 続...
前野岳洋
お食い初めは百日目か百二...
sunya
「往生院・日想観法要」再...
asobow
いないいない ばあから、...
kortodarma
<気概>
kortodarma
<紙>
sunya
『無常を考える』平成29...
tonton
UFOの目撃情報は信じら...
kortodarma
<士農工商>
sunya
「末法味わい薄けれども教...
前野岳洋
結婚礼法の発生と発達...
Messages
なお、Windows 8...
Windows 10を得...
Windows Brid...
Windowsが7>10...
Windows 10のM...
今回、Microsoft...
MOS Excel 20...
OneNote印刷ドライ...
→リスト表示する
1 | 2 | 3 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁3件 1/3(8件)
2017/02/28 17:08:49 プライベート♪
なお、Windows 8で登場した「Windowsストア」は、Windows 10でも健在
なお、Windows 8で登場した「Windowsストア」は、Windows 10でも健在。
今後は、パソコン、タブレット、スマートフォンといったマルチデバイスに、アプリだけでなくゲーム、音楽、映像コンテンツなどを提供する統合的なマーケットにしていくと表明しています。
*多くのユーザーが経験する“初めてのアップデート”、混乱なく進むか以上、これまでWindows 10で知っておくべきポイントについてまとめてきましたが、中でも最も注目したいのが、多くのユーザーが使用しているパソコンにオンラインで届けられる初めてのWindowsになるということではないでしょうか。
これまで、Windowsはパソコンメーカーがプリインストールして拡販することで普及が拡大し、多くのユーザーはパソコンを買い替えることで新しいWindowsを手に入れてきました。
一方で、こうした拡大手法がパソコン需要の低下などもありユーザーの分散を招き、新しいWindowsのライバルは“過去のWindows”だと言われてきた背景でもあります。
今回マイクロソフトは初めてWindowsが既存ユーザーに無償提供するという方針転換に踏み切ったのは、過去のバージョンに分散しているWindowsユーザーをWindows 10に集約し、今後の成長戦略の土台作りをしたいというマイクロソフトの思惑もあるのではないかと考えられます。
しかしこうした方針転換は、無償で最新の環境を手に入れられるという良い面がある一方で、多くのユーザーに“使っているパソコンのOSをアップデートする”という初めての経験を生み出すことになります。
7月29日以降、混乱なくアップデートが進むか、特にリテラシーの低いユーザーがWindows 10へのアップデートをスムーズに進められるかどうかは注視する必要があり、メーカーはユーザーサポートの体制を十分整える必要があると言えるでしょう。
(THE PAGE)↑いよいよ明後日29日(水)にアップデートがはじまるね。
ソフトやバンキングや周辺機器のウインドウズ10への対応情報が整ってからでないとできないね。
PCに入っているよく使う重要なアイテムがすべてWin10に対応してからアップデートする予定。
話は変わって土曜に届いた中小企業庁からの封書。
今朝、内容に答えて記入し今日郵便配達人さんに渡す予定。
追伸:夜は1957年米映画「OK牧場の決斗」を観た。
<西部に名高いワイアット・アープとドク・ホリデイの物語を描いた映画には過去に、ジョン・フォードの名作「荒野の決闘」があるが、これは娯楽派のJ・スタージェスがヴィスタヴィジョンとテクニカラーという視覚的進歩を得て作り上げたアクション味たっぷりの痛快娯楽活劇。
 牛泥棒のクラントン一家を追ってフォート・グリフィンにやって来たダッジ・シティのマーシャル、ワイアット・アープ(バート・ランカスター)は、町民からリンチされそうになっていた賭博師ドク・ホリデイ(カーク・ダグラス)を、彼の情婦ケイト(ジョー・ヴァン・フリート)の協力で救い出す。
以来、ドクとワイアットにはある種の信頼関係が築き上がる。
ダッジ・シティで女賭博師ローラ(ロンダ・フレミング)と出会ったワイアットはやがて彼女と共に第二の人生を歩もうと決意するが、そこへトゥームストンの町で保安官をしている兄バージルから救援の報が届けられる。
クラントン一家との対立がいよいよ本格化してきたのだ。
office 2016 プロダクト キー
こうして、ワイアットは今や固い友情で結ばれたドクと共にトゥームストンへ向かった……。
 タイトルにある“OK牧場の決斗”をクライマックスに、ドクとワイアットの友情物語を中心とした構成ながら、間断なく展開させた見せ場で飽きさせない造りになっている。
フランキー・レインの歌う主題歌も、オープニングだけでなく大きく物語が転換する箇所にも挿入され、活劇譚の雰囲気を盛り上げる。
優等生的なワイアット・アープを無難にこなすランカスターに比べ、アウトサイダーらしいドク・ホリデイを狡猾に演じるダグラスが光る。
若き日のD・ホッパーがクラントン一家の末弟に扮し、イイ味を出している。
>史実として名高い1881年アリゾナ州トゥームストンであったアープ兄弟とクラントン一家のOK牧場の決闘を題材にした西部劇映画。
ジョン・スタージェス監督の映画は「荒野の七人」「大脱走」など大好きなものが多い。
Windows 8.1のVivo book X202EにWindows 10をインストールしてみた。
本来であれば、Windows 10の入手からアップデートの通知を待って行いたかったのだが1日待っても来なかったのでテストのためMSDNサブスクリプションからダウンロードしてインストールしてみた。
途中、Windows Media Center Editionにしていたので、Medeia Centerの削除の通知が出たもののそれ以外には普通にインストールできた。
Windows Media Playerに対応したDRM保護掛かったファイルなどもちゃんと再生できた。
但し、Windows 10の標準ブラウザーのMicrosoft Edgeにはお気に入りは引き継がれないのでインポートが必要になる。
別ブラウザーからお気に入りをインポートするを選びます。
さて、もう1つ気になることはWindows 10をISOイメージのセットアップのインストールする際にプロダクトキーを入れていないのだが、Windowsはライセンス認証されていますと表示されていることである。
ついに明日になりましたね、Windows10のアップデート開始Windows8とWindows7のいいとこどりな新しいシステムというところでどちらかといえば世の中的にまだ期待は高まっている方かとは思いますが、僕はあまり期待はしていませんまず、Windows10の提供方法のやり方。
Microsoftが新しいシステムを広めたい気持ちは分かりますが、Windows7やWindows8.1のパソコンにWindows10の広告を出すことが気に入りません。
この広告、10にあげる要件が整っていないパソコンに表示される上、ユーザーの混乱がさけられないと思うからです。
特に、パソコンの使い方に不慣れな人がこれを見たら「えっ、なにかクリックしないといけないの?」と間違って押してしまうことは間違いありません。
しかも、アップデートすると賢いのか迷惑なのかはわかりませんが、Windows10に対応しないソフトが消えてしまうこともあるそう。
このように、本来アップデートしなくても良い人にまでアップデートが広がりすぎるのはどうかと。
アップデートして結果が悪ければ、当然ながらMicrosoftはもちろん、パソコンメーカーの信頼もガタ落ち間違いなし。
microsoft office professional 2016
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/02/22 14:48:36 プライベート♪
Windows 10を得てPro 4は以前と比べものにならないくらい強力になった
Windows 10を得てPro 4は以前と比べものにならないくらい強力になった。
なんども同じことを言うなと叱られそうだが、事実なので止むをえない。
Microsoft Surface Pro 4 TabletopSurface BookとSurface Pro 4を同時にテストすると両機種の差異が非常によくわかる。
:・ Surface Pro 4はタブレットのハイブリッドであり、そのとおり、ユーザーのタブレットないし軽量ノートをリプレースしようとしている。
・ Surface Bookはノートのハイブリッドであり、メイン・マシン、ないしセカンド・マシンの位置を占めようとしている。
両製品のサイズ、モニター、バッテリー容量、キーボード、価格などがこれを裏付けている。
・ Surface Pro 4はより小型で、軽く、持ち歩きに便利、Bookに比べて価格が安い。
・ Surface Bookはより大型で、重く、持ち歩きに不便で、Pro 4より価格がはるかに高い。
つまりユーザーのニーズによってどちらの製品が適切か決まることになる。
これだけでは多少漠然とした解説かもしれない。
office 2016 エディション
たしかに両製品ともカテゴリーとしてタブレットとノートの境界線上に位置しており、注意深く観察しないと違いを見失いがちだ。
ところがうまくしたもので、実際に使ってみると両者はまるで違う。
Pro 4はデスクトップで使う製品で、おそらくは普段は強力で大型のモニタが接続されているだろう。
Surface Bookをタブレットとして使ってみると、いささか違和感がある。
私は発売前にお蔵になってしまったSurface Mini以外のSurfaceはすべてテストしてきた。
その上で言うが、Surface Pro 4はこれまででダントツに最良のSurfaceだ。
私が前回のSurface Pro 3に感じていた最大の不満はWindows 8.1とキーボードの設定方法だった。
今回Type Coverは大きく改良されて使いやすいキーボードになった。
とはいえ専用キーボードを好むコンピュータ・オタクも多いだろう。
仕事でタイプしているならほんのわずかの能率の差も大きく影響する。
Surface Pro 4のキーボード、いわゆるType Coverはこの種の製品として断然最良だ。
機能としては見たとおりだが、キータッチや信頼性などどこにも妥協の跡が感じられずまったく申し分ない。
もちろん極めて薄型のキーボードを叩いている感触はある。
比較を続けるならPro 4のタイプカバーはSurface Bookの専用キーボードのレベルにほとんど達している。
ほとんど、ということはやはり多少そこに差がある。
頑丈なノートパソコンの筐体をカバーで完全に再現するのは無理だ。
またSurface Bookのキーボードはフルメタル製だ。
デメリットここまで読んで「お前は壊れてレコードプレイヤーか? さっきから同じことばかり言っているぞ」という感想をもたれたのであれば申し訳ない。
だがSurfacePro 4はこれまでの不満を一気に解消するような製品に仕上がっているのも事実だ。
もし読者があらゆる作業が可能なフルパワー・マシンを求めているならPro 4は向かない。
毎日外出しており、そのつど重いマシンを担いていくのが気が進まないならPro 4は好適だ。
しかしあくまでニッチ・デバイスだということには留意されたい。
しかしそういう機能上の点はあまり重要な問題ではない。
www.keygoodjp.com
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/02/15 15:26:18 プライベート♪
Windows Bridgeを受け継ぐ「Desktop App Converter」
●Windows Bridgeを受け継ぐ「Desktop App Converter」 Build 2016では、UWPの可能性を切り開く3つの施策が発表された。
 1つ目は「Desktop App Converter」だが、この説明をするには前回のBuild 2015までさかのぼる必要がある。
MicrosoftはBuild 2015で「Windows Bridge」を大々的に発表した。
これは、他のプラットフォーム向けにアプリを開発するデベロッパーらを、UWP(Windows 10)の世界へと誘導するための施策だ。
 ただし、既報のように、Windows Bridgeの試みは事実上頓挫し、2016年は既に「Bridge」と呼ばれる単語をセッションでも見つけることはできない。
 今回のBuild 2016では、残る「Windows Bridge for Classic Windows apps(Project Centennial)」のみがDesktop App Converterに名称を変え、未提供だったWindows Bridgeとしては唯一生き残った形だ。
 その詳細は後日フォローする予定だが、Desktop App ConverterはWin32/.NETをベースに開発されたアプリケーションの「.msi」ファイルを「.appx」形式のファイルに自動コンバートするツールだ。
 「.appx」形式に変換することにより、Windowsストアでのアプリ配布やUWPのアプリで求められる「管理機能下での動作」が可能になるが、一方で内部的にはWin32/.NETコードを内包してUWPとは別のプロセスとして動作しているため、実行にあたっては「Win32サブシステム」が要求される。
 つまり厳密にはUWPではないため、Windows 10 MobileやXbox Oneなどの環境ではDesktop App Converterを通じて変換されたアプリは動作しない。
将来的なUWP移行を見込んでの中間的なソリューションであり、徐々にWin32の依存を減らしていくのがMicrosoftの希望とみられる。
●Visual Studioユーザーに「Xamarin」を無償提供 施策の2つ目は「Xamarin」だ。
Windows 8.1アップデート
2016年2月にMicrosoftが買収を発表した製品だが、.NET+C#をベースにAndroid/iOS/Windowsなどでのクロスプラットフォーム開発環境を提供する。
Windows Bridgeが外部プラットフォームから開発者を呼び寄せるのが狙いだったとすれば、Xamarinは既存のWindowsデベロッパーに他のプラットフォームへと進出する機会を提供する。
 デモではWindows用のUWPアプリだけでなく、AndroidやiOSエミュレータも動かしてコード検証を行っている様子も紹介されており、こうした用途をカバーする。
さらにVisual Studio利用者にはCommunity Editionも含めてXamarinの無償利用権が提供される点もポイントで、これまで有償でライセンスを購入する必要があったXamarinだが、買収効果が一番大きく現れた部分だ。
●全く新しい「HoloLens」向けアプリという可能性 ポイントの3つ目はAR対応ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」だ。
従来のPCやスマートフォンなどとは全く異なる分野でデベロッパーらの可能性を試す仕組みであり、UWP活用の最も大きな市場となるかもしれない。
 こちらはBuild 2016の会期中に、開発キットの出荷が開始されたことが報告され、パッケージならびにその内容物の紹介が行われた。
HoloLensの活用事例を模索するパートナーとして、新たに日本航空(JAL)が加わっており、その旨の発表は後日同社からも改めて行われるだろう。
 このほか、プレス関係者や一部のBuild 2016参加者には「HoloLens Academy(HA)」の名称でVisual Studio+Unityを活用したアプリ構築と、HoloLensを体験できるセッションが用意されており、実際に筆者も体験してみた。
 この様子は写真公開禁止とされているため、直接記事で紹介することはできないのだが、幾つか使えそうな画像要素が入手できた段階であらためて記事にしたい。
2015年にBuildやE3で体験済みの記者らの体験記と合わせてみると、解像感も向上してレスポンスや認識力も確実に上がっており、大きく進化したという話だった。
 特に面白かったのは、複数のユーザーを同時にサーバに接続しての共有と連携システムだ。
本来であればHoloLensの装着者本人にしか認識できないオブジェクトが複数人で同時に確認可能であり、さらに相手を攻撃してそのフィードバックを体験できたりと、現実と仮想空間の中間で互いに協調して作業が行える。
 当面、公式にHoloLensが日本へ持ち込まれる予定はないようだが、もし機会があれば、ぜひ体験していただきたい。
   (ITmedia PC USER)↑2015年7月29(水)にWin10が無償で提供開始された。
www.keygoodjp.com
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ 1 | 2 | 3 | 次ページ≫ [最終]
Profile
Microsoft Office
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。