ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
かつての酸素
BLOG HOME
Calendar
<<7月>>
...1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
Category
破任凭咯(1)
→リスト表示する
Archive
アーカイブはありません。
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
kazu
ちょっと一息
お疲れぷろぐらま
核融合と月
sano3661
快晴♪
asobow
飛び出す あっ ぷっ ...
tonton
最近の動画関連のもの...
tonton
映画や舞台、音源やライブ...
tonton
欲望について
tonton
タイムスリップ過去はどう...
tonton
未来予測
sano3661
久々に
零の旅人
大洗海岸
Messages
春樹の話をした...
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁3件 1/1(1件)
2014/12/31 12:51:36 ニュース全般
春樹の話をした
約3年前、2012年のお正月に私はニーチェの『ツァラトゥストラ』を読んでいた。
ニーチェのせいにするわけではないけれど、2012年は滅茶苦茶な一年になった。今でもそのツケを払っている。きっと一生、あのツケを払い続けることになるだろう。

年始に読むべき本について考えいる。

今、部屋にあるのは三島由紀夫と川上弘美の本だけ。
キルケゴールもあったのだけれど、先ほどゴミに出した。約2年ほど親しくしていた人から誕生日に貰った本だったけれど、彼にひどく傷つけられ、私もまた彼をひどく傷つけ、もう会うことはないだろうから。

社会人をやっていると、悪いと思っていなくとも謝ることや、心から詫びても「誠意が感じられない」なんて言われることがあって、ああ理不尽だなあと思うのだけれど、そうしないと生きていかれない。

彼はとても正直な人だから、謝らなかった。彼は自分の非を一切認めなかったし、私が何に腹を立てているのかについても、理解しようとしなかった。「私より、多くの本を読んでいるのに、どうして他人の気持ちが分からないの?」彼は「分かりません」と答えた。おしまい。

彼はしばしば「人とどう接して良いか分からない。何を話して良いのか。人が怖い」と言っていたけれど、少なくとも私の前では、ただの寡黙な男だった。

渋谷にあるアメリカン調のBARで「あ、ピニャコラーダ。村上春樹が好きな先輩が、よくこのお酒の話をしていた」と言うと、「実は僕も、村上春樹が好きなんです」と話し始めた。ひとしきり話し終えた後、「あ…」と恥ずかしそうにする彼に「ねえ、本当に、人と話すのが怖いの?それとも、私のこと、ロボットか何かだと思っている?」と笑って訊ねた。「人間だと思っています。人が怖いのは本当です。あなたは、裏表が無さそうだから」といったことを言われた。私、その言葉で、彼が気を許せる数少ない人間のひとり、と思い上がってしまったみたい。

彼とのことは、もう良い。

そうそう、ニーチェやキルケゴールより村上春樹の方が、よっぽど役に立つ。

数か月前にも、東京大学文学部卒の男の人と村上春樹の話をした。

議題は『ノルウェイの森』の直子とミドリについて。
「若い頃は、直子のような、今で言う“メンヘラ”な女の子を救いたいと思うのだけれど、自分にはその力が無いことに気付き、ミドリのような女の子に惹かれていくものなんだよ、男は」と、彼は言った。「じゃあ、今から苺のショート・ケーキを買ってきてくださいな。窓からぶん投げてあげる」なんて言うと「それも、やっぱり嫌だなあ」。

私、『ノルウェイの森』を読んで、19歳で「私のこと傷つけないでね。私これまでの人生で十分に傷ついてきたし、これ以上傷つきたくないの。」なんて言うミドリを、明るくハツラツとした女の子だと認識する男の人、好きじゃあ無いなあ、浅はか過ぎると言おうとしたら、カフェのフロアでお皿が割れる音がして、話が途切れてしまった。


私の好きな作家は三島由紀夫と太宰治。
共通点は自殺したところ。だから何となく、話すのに気後れする。

今年、初めて、三島由紀夫について話が盛り上がった時はとても嬉しかった。上野のBARで、外国人の同僚と。「好きな曲を流しますよ」と言われ、数少ない私の知っている洋楽の中から、カッコ良さそうな曲を選曲して。アナログ・ジュークボックス。

学生時代はどんなことを学んでいた?なんて話で「俺は三島由紀夫の研究をしていたんだ」と聞き、三島由紀夫の作品しか知らない私は思わず食いついた。男らしさ、日本人らしさに拘った三島由紀夫と、自分を重ねて生きてきたことについて、うんうんと聴き入った。客は私たちだけで、選曲した曲が延々と流れ続ける。私の知らない三島由紀夫と、隣にいる彼の人生について考える。その後に見た夜桜を、来年も彼と見ることは無いだろう。次の春までに再び、三島由紀夫で盛り上がれる相手と出会えるかしら。


ひとしきり書いたけれど、私、男の人と喧嘩してばかり。
年始はくだらない漫画でも読んで、お腹抱えて笑っちゃおう。
太陽に向かって
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
Profile
かつての酸素
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。