ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
scanlock
BLOG HOME
カレンダー
<<2月>>
....123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
カテゴリ
なし(3)
盗聴器発見(1)
→リスト表示する
アーカイブ
2018年01月 (1)
2017年09月 (1)
2016年05月 (1)
→リスト表示する
最近の更新
kazu
テスト
kazu
春近し
前野岳洋
鯉のぼり・吹き流しはどう...
sano3661
寒さが
kortodarma
<以外の>
asobow
ららら♪ カバ殿さまが誕...
kortodarma
<友達>
sano3661
相変わらず
sano3661
いい天気ですが...
gsoy
また雪が降るかも!...
tonton
acting
最近の投稿
スペアナについての考察...
盗聴器発見の調査力ランキ...
探偵や盗聴発見専門業者な...
盗聴器盗撮発見調査と対策...
→リスト表示する
ブログパーツ
パーツはありません。
1 | 2 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁3件 1/2(4件)
2018/02/13 22:07:09 プライベート♪
なし
スペアナについての考察
近年、自社のホームページの紹介欄に様々な受信機を含む機材の数々をたくさん載せている業者が存在して居ります。
「いったいこれは何」と思う機材も多く見受けられます。実はそれらの多くは実際に盗聴器の発見には役に立たない物(盗聴器用測定器や盗聴器調査機材でも何でもない)が非常に多いと言う事をご存知ですか?

そして中には「世界最高の受信機」などと謳う業者も存在して居ります。実際に長年盗聴器の発見業務を続けていると高性能受信機の重要性(専用の高性能アンテナも含む)は感じられますが、ただ単に高性能受信機だけが有れば世界最高なのでしょうか?

そうでは有りません。高性能受信機は確かに盗聴電波を発見するために重要な機材では有りますが、それに付け加えてもう一つ無くてはならない重要な機材に「バンドスコープ(AOR社SDU5600等)」の存在が有ります。この特別の機材は高性能受信機の持つ受信特性をさらに飛躍的に実用的な物へと向上させる特別な専用の機械なのです。詳しく述べると受信機はスケルチと言う電気信号の閾値で受信を始めますが、このスケルチの機能も万能ではなく近年のデジタル波などで、受信しにくい電波が多く見受けられつきました。この様な非常に変化の激しい電波や弱い電波にはこの「バンドスコープ((AOR社SDU5600等)」)」は非常に有効な受信機の相棒と成ります。

ただ単に受信機の周波数だけを高めても肝心の周波数帯(100Khz〜3GHz)で見落としや大きな取りこぼしが出ていては、何の為の高性能受信機調査(大変時間の掛かる)なのか?と首をかしげたくなる業者も存在して居ります。


一方、スペアナは本物のスペアナ(スペクトラムアナライザー)でさえ有れば、何でもよいのか?と言う疑問が有ります。スペアナの性能は殆どが最高周波数で決まると言います。仮に3GHz対応のスペアナであればそのスペアナはいくら頑張ってもたかが3GHzまでの範囲でしか計測は出来ません。(特殊な方法で外部ミキサを使う方法もあるが実用的ではない)出来るだけ単独のスペアナで尚且つ最高周波数が高い測定器が必要に成ります。また測定機自体の感度も問題に成ってきます。

プリアンプを併用した高周波数型スペアナはその最高周波数までキッチリ正確に未知の電波を浮かび上がらせてくれます。又、盗聴器発見の様な微弱な電波を取り扱うには必ず利得の高いプリアンプの平行使用が必要不可欠と成りますのでこの点は必ず確認をしておいてください。

更に、スペアナには大きなスペアナと小型のハンディスペアナが販売されて居ります。大きなスペアナは主にほとんど動かす事の無い研究室で使う事を目的とした機材です。盗聴器の発見業務に使われるスペアナはいろいろな所で測定や調査を行いますので小型のスペアナが実用的で有効性も高い事は周知の事実でも有ります。(この小型スペアナは大型のスペアナに比べて値段が高いと言う欠点も有りますが、調査力の点では圧倒的に優れた機材です。)

盗聴器調査料金
盗聴器発見
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2018/01/29 16:02:59 プライベート♪
盗聴器発見
盗聴器発見の調査力ランキングサイトで1位を獲得!
弊社は国内に数ある盗聴器発見専門業者や探偵、警備会社の盗聴調査部門さらには、その他の盗聴調査機関全般において、盗聴発見力の総合調査力ランキングサイト様より、総合順位第1位(各種調査機材力の有効性、各国家資格の所持、過去の実績等が認められ)に選ばれて居ります。



弊社は、平成17年会社設立以来、弊社のモットーである、盗聴器発見業界において出来るだけお客様への御負担を少なく(低価格)、そしてより高い水準の調査(国際水準準拠の調査技術力)を目標に掲げ、国内最高水準の調査力(2017年現在)に近づくことを目的にしてまいりました。この度のこの栄誉は、地道に調査力、発見力の邁進と向上に尽力して来た結果、この様な栄誉を頂いております。

現在、弊社の調査機材力は他社の調査機材(国際基準の調査、圧倒的な機材力、最強の発見技術)と比べ、調査機材の質と量の両面、さらには調査の内容(スペアナ、NLJD、X線透視調査)の面でも異次元の圧倒的な優位性を維持致して居ります。(さらには専門的電気的知識、無線資格等も同様)



今後とも次なるな水準へのステップへとあゆみ続けますので、更なる弊社へのご支援とご協力を宜しくお願い致します。



盗聴器 発見

盗聴器 調査

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/09/15 20:37:34 プライベート♪
なし
探偵や盗聴発見専門業者など沢山存在していますがどのような業者を選べば良いか?
盗聴盗撮被害に遭われている方々、現在もストーカーや盗撮、もしかして自分の自宅にも盗聴器が仕掛けられているかも!と不安を抱かれている方々も大勢いらっしゃいます。
しかし実際に業者に頼んで調査をしてみても現実には「電波式の盗聴器やカメラなどは存在しませんでした。」などとさも被害者側の被害妄想と片付ける業者が多くこの様な事例が後を絶ちません。
この業者一体どこまで知っていてどの程度の調査能力(調査機材力)を持って要るのか?又どの程度れべるの調査をしてくれたのか?と言った疑問だけが残る結果となっているお客様が多いようです。

そもそも電界強度計(簡囲な盗聴発見器)、周波数カウンター、中級以下の固定受信機、周波数を絞り込んだ携帯型八木アンテナ(凡そ40〜50cm程度の王の字形状をしたアンテナ)などではそもそも発見できる盗聴器の種類は高々20〜30%
程度の発見結果しか出てこない。その程度の業者様があまりにも多すぎるのが現在の現状だと思います。

あなたはこの程度の発見率で10万円以上の料金を支払っている事実を理解されておられますか?料金に見合った調査ができる業者はまず調査機材1つ1つにまで吟味しつくした本物の機材(世界中の高額機材)を使うはずです。
更にはその業者自身をその技術の鍛錬の為に最低でも無線国家資格中級程度以上(1級アマ以上)のスキルも最低必要かと感じて居ります。

数ある盗聴発見業者の中でこの条件を備えた業者はなかなか見つかりにくいものです。あえて探すとすれば盗聴発見業者の調査力ランキング等の紹介サイトなども参考に成りそうです。


盗聴器
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ 1 | 2 | 次ページ≫ [最終]
プロフィール
scanlock
性別男性
年齢55歳
誕生
星座
地域兵庫県
自己紹介
特殊盗聴器、盗撮カメラの調査発見と対策は特殊盗聴盗撮対策の専門家まで兵庫県から全国を対象に出張致します。
ブログパーツ
パーツはありません。
お気に入り
お気に入りはありません。
ブログパーツ
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。