ソフトンハウス・トップへ
セブン
人間万事塞翁が馬?失敗体験記
BLOG HOME
3000万の貯金が30万に!なぜこんなことに?・・・私のかなり痛い失敗記録
Messages
東京ショック
発表
メンバー
タイトル
決起大会
集団心理
会場
ネットワークビジネス...
時流に乗った利権の話...
一本の電話
突然の失業
暗雲
2002年、当時八百屋...
→リスト表示する
Latest Blog
gsoy
今年もやっと冬がきた...
kortodarma
<だいこん>
tonton
ラジオ番組について2....
tonton
ラジオ番組について1....
tonton
英語がわかるようになれる...
tonton
省力化及びアイデア・グッ...
asobow
あっ! わあぁ! アン...
kortodarma
<報告>
kazu
当然のことながら〜...
kazu
最高温度13℃の予定...
kortodarma
<猿>
ナックメディカル
私はこれで、薄毛を治しました。それがこのシャンプー! ナックメディカル エクセレージュシャンプー http://nakku.co.jp/
Profile
セブン
性別男性
年齢42歳
誕生1967/3/3
星座うお座
血液A型
身長170cm
職業育毛シャンプーの販売
地域福岡
趣味ドラム
チャーム短髪
長所研究熱心
短所見栄から墓穴を掘ることがある
特技耳ロウソク
自己紹介
ナックメディカル 中川栄治と申します。仕事は育毛シャンプーの販売です。http://www.nakku.co.jp/趣味はドラム、ヤマハに通って5年目になります。
今日
今月
累計
1 | 2 | 3 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁5件 1/3(14件)
2009/12/18 09:00:11 プライベート♪
なし
東京ショック
「歴史的発表ってどんな内容なんだろう・・・」


東京のホテルの部屋で

私は明日の発表に胸膨らませていました。


「なんとか、ここまで来れた・・・」


部屋の中に居る仲間の顔を見回しました。


「これが勝ち組メンバーか・・・」


私は、その夜興奮のあまり寝付けませんでした。



翌朝、マネージャーフォーラムの開かれる会場に移動

そこには3000人が集まっていました。


「これが全国のマネージャー以上の資格者か・・・」


勝ち組への切符を手にした人達

皆、今から聞かされる発表を楽しみに目を輝かせていました。



主催会社、社長の登場


会場内、割れんばかりの拍手


しかし次の瞬間、社長の言葉に会場内は凍りつきました。


”最近、ありもしない利権などという

 与太事が拡がって会社は大変迷惑している”


”このままでは消費者問題になりかねない”


”この度、社名を変え一からビジネスをやり直すことにした”


”事業参加費用は20万円、現会員は特別に10万円とする”




「なにを、しゃべっているんだ?・・・この男は・・・」

頭の中が、真っ白になりました。


「俺が、この3年、金と時間と情熱を費やしてやってきたことは

 与太事だったのか!」


「こんな発表を聞くために東京まで旅費を使ってやって来たのか!」


私を否定した知人達の顔が頭に浮かびました。


「彼らが正しかったのか・・・

 騙されていたのは俺だったのか・・・

 本当の馬鹿は俺だったのか!」


夢が砕け散った瞬間でした・・・









TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2009/12/17 08:32:39 プライベート♪
なし
発表
「メンバーを当てにしていては話にならない!」


活動費ばかり増え一向に結果に結びつかない日々

ついに私はこう決断しました。

しかし知人には全て断られ話を持っていくところのない現状です。

そのため私は新たな人脈発掘のための行動を起こしていました。


地元のアマチュアバンドにドラムで参加

しかし機材の出費に飲み事と、ここでも活動費は増える一方

それが結果に結びつくことはありませんでした。


そんな焦りが続いた、ある日

主催会社の発表が出ました。


”○月○日「マネージャーフォーラム開催」”

”事業第1ステージ終了、第2ステージ新規事業発表”

”マネージャー以上の資格者は必ず全員出席”

”歴史的発表に、ご期待ください”


この内容に興奮と焦りが私を襲いました。


「ついに来たか・・・」


その日の夜、急遽この発表についての勉強会が開かれました。


「3ヶ月後の東京で開かれるマネージャーフォーラム

 この東京行きのチケットは”勝ち組入り”への切符です!」


「皆さん、悔いのない3ヶ月を過ごしてください!」


講師の言葉に、私は凍りつきました。

背中に冷たい汗が流れるのが自分でわかりました。


「この3年、マネージャーになることだけ考えてやってきた・・・

 そのための投資と思って今まで金をつっこんで来たんだ!

 泣いても笑っても残り3ヶ月

 今まで使った金と時間をドブに捨てれるのか?・・・

 勝負するしかない!」


私は、この時必要実績数分の200万自腹を切ることを覚悟しました。


「株と利権で、こんなもの後でユックリ取り戻せるじゃないか・・・」


翌日、銀行で200万振込み、こう呟きながら

私は興奮と笑いに顔を歪ませました。


「俺もついに勝ち組への切符を手に入れたぞ!」


そして3ヵ月後の東京行きに夢を膨らませました。


その東京で絶望の底に突き落とされるなど

この時、夢にも思わずに・・・


















TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2009/12/16 08:33:10 プライベート♪
なし
メンバー
事業参加より1年が過ぎました。


その頃私にも10名のメンバーができましが

それが収入に繋がることはなく

相変わらずの貯金持ち出しの日々が続いていました。


”1年間の鳴かず飛ばずの日々、

それがいまや県外にメンバーを持つまでになった人”


会場で、このように成功例として紹介されることがよくありました。

今まで会場では見向きもされなかった私に皆が寄ってきます。


「最近がんばってますね!」

「どのようにして成功されたんですか?」


私は苦笑いをしながら胸の中でこう叫びました。


「何が成功なものか!」


いまだに収入はない

月1度、熊本や沖縄のメンバーに会いに行くだけで10万は掛かる


「マネージャーになるまでの投資なんだ、これは・・・」


自分にそう言い聞かせる日々・・・


「なぜ俺が成功例に取り上げられるのか?・・・」

「グループ100人以上を持つリーダー達がいるじゃないか!」


しかし仲間の前でのマイナス発言はタブー

この不満を私は口にすることはできませんでした。


グループ100人以上のリーダー達

彼らが私より悲惨な日々を過ごしているなど

この時知るよしもありませんでした・・・






TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2009/12/15 08:39:11 プライベート♪
なし
タイトル
株の発表後、ビジョン中心の勉強会が増えました。

今後の事業展開についての勉強です。


講師の話に熱が入ります。


「会社が株を公開したということは

 ネットワークビジネスは2〜3年後には終わります」


「次は一般ユーザー相手の事業へと変わります」


「その事業は今持っているタイトルによって

 利権に天と地の差がでます!」


「マネージャーにだけは絶対になっておいてください!」


会場が一気にざわめきました。


「株主兼マネージャー代理店か・・・悪くないな」


「この2〜3年の勝負、活動費に金を突っ込んでも

 株で回収できる!」


「俺は絶対にマネージャーになってやる!」


体が熱くなっていくのが自分でもわかりました。


大きく道を踏み外した瞬間

後にどれほどの後悔が待っているとも知らず

私はやる気に燃えていました・・・

TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2009/12/14 08:20:21 プライベート♪
なし
決起大会後、相変わらず結果の出ない日々が続いたそんなある日

主催会社の”緊急発表”の文字に目が止まりました。


「何事だろう・・・」

内容を確認すると


”米国PINK OTC市場に株式公開”

” 第三者割り当て株募集”

”限定1万口”


文面の中でこれらの文字が私の目に飛び込んできました。

12年間、八百屋のことしか知らない私は何のことだか理解できません。


その日の夜、勉強会は急遽この説明となりました。

講師は興奮しながら一気に説明を始めました。


アメリカで株の公開はどれだけ難しいことなのか

今PINK OTC市場に日本から、どんな企業が公開しているのか

どれも、日本人なら誰でも知っている超有名企業の社名が読み上げられました。


「私たちの会社は、これらの企業と肩を並べる程になったのです!」


会場内が一瞬どよめきました。


さらに講師は叫びました。

第三者割り当て株とは取引先である我々代理店しか買えない株

公開前の株など通常一般人には絶対手に入らない


”借金してでも買うべし”


全身に鳥肌がたちました。


「俺は今、人生最大のチャンスを目の前にしているのかもしれない・・・」


株購入の資格者は今月実績者のみ!


翌日、私は身内に名義借りの承諾をもらい銀行に向かいました

自腹で40万円振り込み

そして株購入上限額一杯の140万円をさらに振り込みました。


「これで人生勝ち逃げだ・・・」


散々非難していた知人達の顔が頭に浮かびました。


「馬鹿な奴らだ、全く・・・」


興奮に身震いし顔が、にやけるのが自分でもわかりました。


本当の馬鹿は自分だった

後に、そう思い知らされることになるとも知らずに・・・

この時、私は幸せの絶頂の中に居ました・・・
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ 1 | 2 | 3 | 次ページ≫ [最終]
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。