ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
kingbes
弊店のoffice2013 激安通販。ご購入した正規品をネット最安値で販売しています!
BLOG HOME
office2013 激安購入するお客様はみんな100%、大満足!ご購入した正規品をネット最安値で販売しています!http://www.kingbestsoft.com/
Parts
Microsoft Windows 10 64bit 日本語 [ダウンロード版]
Windows7 Home Premium 64bit SP1 日本語 [ダウンロード版]
Microsoft Office Project Professional 2016 日本語
Microsoft Office Professional 2013 64bit [ダウンロード版]
Windows 8.1 Professional 64bit [ダウンロード版]
Office Professional 2010 plus
Category
なし(6)
→リスト表示する
Archive
2017年07月 (1)
2017年06月 (1)
2017年04月 (3)
2017年03月 (1)
→リスト表示する
Calendar
<<7月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
Latest Blog
sano3661
この暑さ
asobow
この「女子中学生」をご存...
taka
最近の佑くん!...
sunya
往生院六萬寺・岩瀧山・滝...
tonton
主に小学生によるジャズや...
tonton
最近のドローン情報...
tonton
音楽打楽器や演奏形態...
tonton
最近の政治や国際情勢...
sano3661
サッカー
Messages
「Windows 10」...
「Windowsが勝手に...
「Windows 10 ...
「アクションゲームツクー...
Windows10を快適...
スタートメニューのタイル...
→リスト表示する
1 | 2 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁3件 1/2(6件)
2017/07/14 17:46:18 プライベート♪
「Windows 10」の機能アップデート
米国時間4月20日、Microsoftは今後、Windows 10とOffice 365 ProPlusの機能アップデートを、毎年3月と9月の2回提供すると発表した。

 Windows 10の次期機能アップデート「Redstone 3」は2017年9月にリリースされることになる(これまで、「Redstone 3」のリリース時期については「2017年秋」という情報しかなかった)。この情報に基づくと、「Redstone 4」は2018年3月に提供されるだろう。

 また同社は、これまでOffice 365 ProPlusに年間3回の機能アップグレードを提供してきた。Office 365 ProPlusのアップグレードも、今後は年に2回になる(Microsoftはこれまで、毎月の更新プログラムを通して定期的にOffice 365に対する新機能を追加していた)。Windows 10とOffice 365 ProPlusの機能アップデートに対するサポート期間は18カ月となる。

 Office 365のマーケティング担当コーポレートバイスプレジデントRon Markezich氏は、今回アップデートサイクルの変更を行ったのは、予測可能性を向上させるためであるのと同時に、「Office Pro PlusとWindows 10は、合わせて導入されていることが多い」ためだという。

 また、Smart Scaleに加え、セキュアなリモートアクセスを提供するNetScaler Gateway Serviceも含まれているとのこと。

 XenDesktop Essentials ServiceおよびXenApp Essentials Serviceは、1ユーザーあたり12ドルで、25ユーザーから購入可能。なお、XenDesktop Essentials Serviceの利用には、Windows 10 Enterprise E3/E5またはWindows Virtual Desktop Access(VDA)のユーザーライセンスと、Microsoft Azureの利用料が別途必要になる。またXenApp Essentials Serviceの利用には、Microsoft RDS CALまたはMicrosoft Remote Accessの利用料と、Microsoft Azureの利用料が別途必要になる。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/06/29 17:18:47 プライベート♪
「Windowsが勝手に再起動」の恐怖から解放

 米CNETは、今春配信予定のWindows 10の「Creators Update」で、小さくて見落としがちなアップデート告知リマインダーがPCに表示されなくなることを把握している。現在は、このリマインダーが表示された後、アップデートのインストール時間が来るとPCを制御できなくなる。


 何も選ばずにこの画面を表示したままPCを放置しておいても、Windowsは自動的に再起動したりはしない。カウントダウンは始まらないのだ。

 そして、例えばPCでしばらくかかる仕事を先に終わらせたい場合などに「Snooze」ボタンを選べば、半永久的にアップデートを停止しておける。

 システムが上記の説明通りに動作すればoffice2013 激安、望み通りではないだろうか。OSに「いや、今は本当にPCを使っていたいんだよ」と知らせ、OSににそれを尊重してもらえるシンプルな方法だ。

 リマインダーはうっとうしくなりそうだろうか? そうかもしれない。だが、アップデートは、特にセキュリティアップデートはあなたの味方だ。永遠にアップデートしないでいるより、PCでの作業がそれほど必要ではないタイミングを選んで積極的にアップデートを(「Restart Now」あるいは「Pick a time」を選択して)インストールした方がいい。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/04/26 16:16:53 プライベート♪
「Windows 10 Creators Update」使い勝手を高める細かい新機能追加
 Creators Update は、その名称のわりにはクリエイティブな用途に集中してフォーカスしているわけではない。実際、目新しい新機能としては、3D対応、HoloLensなどのMRデバイス対応、そしてゲームモードの追加くらい、また、EdgeのUXが多少変わったくらいのもので、エンドユーザーがデスクトップでアプリケーションを使って作業するという面では、そんなに大きく変わった感じがまったくない。これまで1607を使ってきたユーザーならoffice2013 激安、特に違和感なく使い続けることができるだろう。

 おそらくは、もっとも面食らうのは従来のコントロールパネルを呼び出す方法が隠蔽に近い形になってしまったことだろうか。設定アプリからコントロールパネルアプレットに遷移する項目もまだたくさん残っているので、コントロールパネルそのものがなくなったわけではない。

 1607の環境ではスタートボタンを右クリックしたときのコンテキストメニューの中にコントロールパネルがあったが、1703ではなくなってしまっている。ただ、「ファイル名を指定して実行」で、「control」を実行すれば、お馴染みのコントロールパネルが開くので、ここだけは頭の中においておいたほうがよいかもしれない。

 設定アプリにはいろいろと手が入っている。どこにいったのかわからなくなるというよりは、わかりやすく整理したという印象だ。

 たとえば「システム」→「ディスプレイ」を開くと、これまでよりも大幅に設定項目が増えている。これまではサイズの変更と向きを設定できるだけだったが、「色」、「夜間モード」、「カラープロファイル」、「複数のディスプレイ」などをこの1箇所で設定できるようになった。

 夜間モードは色温度を暖色にして、睡眠を妨げないようにする時間帯を指定することができるというもので、デフォルトはオフだが、オンにすると、日の入りから日の出までは夜間モードになるなど芸が細かいoffice2013 激安。もちろん任意の時間帯を設定することもできる。

 「システム」→「ストレージ」では「ストレージセンサー」が新設された。これによって一時ファイルやごみ箱の中味などを自動的に掃除してくれる。具体的にはアプリで使用されていない一時ファイルを削除したり、30日間以上ごみ箱にあったファイルを削除するように設定ができる。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ 1 | 2 | 次ページ≫ [最終]
Profile
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。