ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
cobotreviews
BLOG HOME
Calendar
<<8月>>
......1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Category
なし(1)
→リスト表示する
Archive
2020年07月 (1)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
sano3661
人は
asobow
ここだけの話ですが…!!...
sano3661
梅雨は
tonton
最近の動画関連や情報...
tonton
電子出版のメリット・デメ...
tonton
世界のOSやソフト...
tonton
価格比較
tonton
米中間で戦争が起こるのか...
tonton
米中間で戦争が起こるのか...
お疲れぷろぐらま
仮想世界をつくりたい...
お疲れぷろぐらま
仮想世界
Messages
新型コロナウィルス対策と...
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁3件 1/1(1件)
2020/07/06 23:19:22 プライベート♪
新型コロナウィルス対策として使用されている産業ロボット
世界中で無数の人が新型コロナウィルスの脅威に晒されています。この危機的状況を打開するために厳格な対策が必要とされます。様々な組織で採用されている一つの対策がロボットの活用です。
そんなロボット需要の高まりにより、産業ロボットメーカーは有効なソリューションを提供できるよう努めています。現在、ロボットは病院や食料品店、倉庫などで作業をサポートするために利用されています。

新型コロナウィルスについて
新型コロナウィルスは人間がまだ抗体を持たない感染力の強いウィルスです。そのため、ウィルスにさらされた人は誰もが感染し、重篤な症状を引き起こすことも、死に至る可能性もあります。感染リスクの高い場所の一つは医療機関です--そこでは医療従事者は高い感染リスクのもとで働いています。
医療従事者がウィルスに晒されるリスクを軽減することは可能か

患者との接触を削減することで、感染リスクを軽減することができます。そこで登場するのが産業 ロボット です。一部の医療機関では、医療従事者ではなく、ロボットが患者と接触し病気の診断をするのです。

可動性のあるロボットを活用すれば、医師がこれを行う必要はありません。産業ロボットメーカーは投薬することのできるロボットも開発しました。これにより、看護師は重症患者の側にいる必要がなくなります。ロボットの導入により、医師や看護師は彼らの専門性が最も必要とされる優先順位の高い仕事に集中することができます。

ロボットの導入により医療機関のキャパシティーを強化できるだけではなく、感染リスクを軽減することにもつながります。医療現場にはしばしば軽視されがちな日常業務がたくさんあります。
中には従業員を危険に晒すような作業もあります。部屋の清掃や、ゴミの収集、薬の配布や配膳、壁や床の消毒などです。現在、産業ロボットがこれらの業務を行うことで、従業員がウィルスに晒されるリスクを軽減しています。
注意事項をきちんと守れば、産業ロボットがこれらの業務を代行し、患者から従業員への感染を防ぐことができます。

遠隔医療を活用した治療やケア
新型コロナウィルスは世界中の医療従事者や医療システムに影響を及ぼしています。ロボットを活用した遠隔医療は患者と医療従事者のコミュニケーションを助けます。時間を節約できるだけでなく、感染の可能性がある患者を隔離状態にしたままでのやり取りが可能になります。
さらに、ロボットは患者の重要なデータを取得することができ、医者はそれらを元に診断を行えます。例えば、ある武漢の病院では、5Gを使用したロボットが感染拡大を抑制し、従業員の負担を軽減しています。

ロボットを活用した配送

新型コロナウィルスは強い感染力を持つことから、専門家は人と人との接触を最小限に留めることを推奨しています。ロボットには感染のリスクがないことから、様々な産業ロボットメーカーが医療機関内での使用を目的とした配送用ロボットを開発しています。
ロボットはオンラインで買い物をする人や、自宅で自主隔離をする人々へ必需品を届けるのにも活用されています。配送会社の中には接触を避けた配送のためにロボットや自走式の乗り物を利用しているところもあります。
今回のウィルスの大流行の中、多くのスタートアップが感染拡大防止のために様々なアイデアを生み出しました。例えば、中国のスタートアップはロボットを利用して食事や医薬品を配送する技術を開発しました。また、食品配送サービスを提供する会社でも隔離施設にいる人々に食事を届けるために産業ロボットが利用されました。

倉庫でのロボットの活用

オンラインの小売業者をサポートする倉庫では、配送作業を自動化するのにロボットがとても便利です。中国最大のeコマースプラットフォームの一つ、Alibabaの物流支社は、倉庫に産業ロボットを導入しています。武漢やその他の中国の様々な地域に医療品を寄付する上で大きな効果を発揮しました。

殺菌ロボット

新型コロナウィルスの広まりにより、多くの産業ロボットメーカーが感染リスクの高いエリアで使用する殺菌ロボットの開発、販売を始めました。これらのロボットは使用するエリアに紫外線を放出するよう特別に設計されています。
患者や医療従事者を感染のリスクに晒さずにバクテリアやウィルスを除去できるのです。これらのロボットは医療従事者や遠隔で操作できるので、安全が確保できます。新型コロナウィルス以外にも病院での感染により死亡するケースは数多く存在します。そのため、感染防止策の自動化はロボットが効果的に活用できる分野の一つと言えます。

結論

医療機関は新型コロナウィルスのような感染力の強いウィルスの感染源になってしまう可能性があります。医療従事者の感染リスクが高い作業をロボットに任せることで、医療機関の能力を飛躍的に改善し、医療従事者がウィルスと戦うのに最適な環境を作ることができます。

詳細はこちら: https://www.universal-robots.com/ja/
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
Profile
cobotreviews
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。