ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
xrp
暗号通貨・キャッシュレス時代が訪れるかも!?
暗号通貨・キャッシュレス時代が訪れるかもしれません。AIなども益々普及して未来はどうなるのでしょうか。朝日豊貴(札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡)
Calendar
<<8月>>
....123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Latest Blog
sano3661
セミが
tonton
3DCGアニメーション...
tonton
かつての3DCGクリエー...
tonton
裁判員裁判について...
tonton
ものの値段について...
Messages
国内のブロックチェーン活...
ビットコイン(BTC)の...
最近の仮想通貨市場は低迷...
キャッシュレス化が進む日...
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁10件 1/1(1件)
2019/08/10 16:05:02 プライベート♪
仮想通貨
国内のブロックチェーン活用サービス市場の調査結果
民間シンクタンクの矢野経済研究所は国内のブロックチェーン活用サービス市場の調査結果を公表した。


調査結果によれば、今年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模(事業者売上高ベース)は、171.5億円となる見込みで、初めて100億円の大台を突破する。
これは凄い勢いではないかと思う。


2022年度には、市場規模が1235.9億円にまで拡大する見込みで、2017〜2022年度の5年間の年平均成長率は108.8%になるとのことだ。
いつまで右肩上がりで行くかは不透明だが。


当初ビットコインを実現するために考案されたブロックチェーン技術の応用の可能性は、暗号資産や金融領域に留まらない。


例えば、サプライチェーンの透明性と効率性を向上させ、コスト削減や書類チェックの工数削減に繋がることや、権利証明などにブロックチェーンが有効に機能することが様々な実証実験から明らかになっている。


実際に、大手損害保険会社の東京海上日動火災保険とNTTデータが行なった実証実験では、貿易で発生する書類(保険証券など)のやり取りや入力業務で大幅なコスト削減効果が確認できたという。


実証実験と効果検証フェーズを経て、様々な分野でブロックチェーンを活用したプロダクトの商用化が進む見込みだ。


なお、ブロックチェーンは大きく3つのレイヤーに分類され、ベースとなるレイヤー1ではビジネスモデルやIoT(Internet of Thing)などの特定用途向けの基盤が開発されており、その上位層となるレイヤー2では、Lightning Networkなどのようなレイヤー1を補完・拡張する技術の研究開発が進んでいる。


中国の司法がBTCを初めて合法バーチャル資産と認定
ビットコインをめぐる裁判で、杭州地方裁判所はビットコインをバーチャル財産として合法性を認めた。
世界各地で暗号資産の存在について徐々に進んできているのではないか。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
お名前
URL
タイトル
コメント
※この番号を下記に「半角数値」で入力してください。
画像認証
  コメントの投稿時には画像認証に表示されている番号を入力してください。
  投稿記事が削除された場合は、同時にコメントも削除されますのでご了承ください。
  ブログの管理者が承認しないとコメントが反映されない場合もあります。
  宣伝を含むコメントは予告せずに削除いたしますのでご了承ください。
  その他、ソフトンハウス運営チームが予告せずに削除する場合があります。
  アダルト関係のリンクの掲載は利用規約違反とみなします。
  公序良俗に反するコメントは不正アクセスとして通報させて頂きます。
Profile
xrp
性別
年齢
誕生
星座
自己紹介
キャッシュレス化が進む日本!AIの発達による想像もできない程の素敵な未来が訪れるでしょう。朝日豊貴(札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡)
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。