ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
cari777
Favorite
かりるーむTOP
空室一覧
社長紹介
記事一覧
検索ランキング
社長twitter
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
BLOG HOME
Calendar
<<4月>>
...1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
Category
なし(8)
→リスト表示する
Archive
2020年02月 (2)
2020年01月 (3)
2019年12月 (2)
2019年09月 (1)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
tonton
バーチャルリアリティにつ...
tonton
ロシアとはどういう国なの...
tonton
難民や移民・宗教などにつ...
tonton
その時代の国民性など...
kazu
車の運転免許
kazu
好きじゃないけど、高齢者...
sano3661
暖かい日と
Messages
メーカーや企業と協力しつ...
祝 アカデミー賞受賞!『...
変な(ユニークな)名の高...
全国に広がる、コラボ店!...
より良い社会を!改正動物...
UHA味覚糖のラインナッ...
京都 洛陽三十三所観音霊...
二階建てバス 保護猫カフ...
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁3件 1/1(1件)
2020/02/18 14:25:42 プライベート♪
祝 アカデミー賞受賞!『パラサイト』 cari.jp
 以前個人のブログに本作品のレビューを書いたのですが、このたびのアカデミー賞受賞を祝して転載させていただきます。
 公開からかなりたっていますが、ネタバレまくりなので映画未見の方は読まないことをおすすめします。



☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
(以下ネタバレ)

 今年第1発目に劇場で観たのは、ポン・ジュノ監督作品『パラサイト』でした。

 序盤、一家が素性を隠し次々と金持ちの一家に入り込んでいくくだりは会話が中心で、しかもなんとなく先の展開が読めるので若干もたつく印象を受けました。大学生の友人から家庭教師の仕事を紹介されるくだりとか金持ちの娘との色恋沙汰とか……。

 もっとすっきり、テンポよくしてもよかったような。それに、やることなすこと計画どおりにいきすぎてちょっと違和感もありました。

 貧困問題と家族がテーマということで、いちばん近いイメージの映画をあげると、やはり是枝裕和監督の『万引き家族』です。

 『万引き〜』が登場人物一人ひとりの内面をじっくり掘り下げていたのに比べれば『パラサイト』は人物の造型はやや浅い感じです。まあストーリーの面白さで引っ張るタイプの作品なので欠点というほどでもないですが。取り上げる題材は似ていてもジャンルは別の作品かと思います。

 さて前半はだいたいこちらの予想したとおりに進みますが、途中から驚きの展開となります。これから観る方はぜひ予備知識なしで観ていただきたい。

 中盤からはスリル満点なのですが、いってみれば閉ざされた空間での隠れんぼで、敵味方が行ったり来たりするあたりもサスペンスものではありがちかもしれません。じゅうぶんスリリングですが。

 そしてその先、さらにまた驚く展開。

 この作品のキャッチコピーとして「予測不能」というフレーズがあちこちで使われてますが、これは嘘偽りありませんね。ふつうの映画の三本分ぐらいのアイデアをぶち込んでます。

 それにしてもこの作品に出てくる貧困問題、なりすましの詐欺、水害、無差別殺人などが、すべてわが国でも身近に起きているという……ポン・ジュノ監督は物語の構想を練るにあたって日本の社会事件をリサーチしたのではないかと思うほどです。

 登場人物の内面の掘り下げが浅いなどと書いてしまいましたが、例外もあります。「匂い」についての部分です。

 金持ちの父親が自分の雇った運転手から感じる「匂い」は、もちろん「貧しさの匂い」です。何の匂いなのか定かではないのですが、それは確実に「いい香り」ではない。貧困につながる臭気です。

 どんなに努力したところでその匂いは拭えません。ここまでくると「匂い」と「貧しさ」は同じものを意味していることに気づきます。

 自分の持つ体臭って、指摘されるまでなかなか分からない。同じように自分が当たり前だと思っていた暮らしは、金持ちのそれと比較したとき、はじめてその貧しさに気づかされるのです。

 原因がわからず、消臭剤でも消えない匂い。それは生まれたときから当然のものとして身についている貧しさと同じなのです。どうしようもない運命です。

 この「匂い」が引き金となり、クライマックスで運転手の父親の感情が爆発します。

 「なりすまし」から「隠れんぼ」、そして「惨劇」へ。予測不能の物語はどこに着地するのか、興味津々で成り行きを見守っていましたが……。

 うーん、夢オチかあ。フィニッシュはちょっと決まらなかったような……。

 息子が父の発信するモールス信号を見つけたのって、ただの偶然ですよね? もし気づかなかったらどうなってたんだろう。

 ただの偶然じゃなくてなにか伏線があったのかな。この作品、けっこうこまかい伏線もきいてるので。それともモールスのくだりからすでに夢なのか……。

 あとどうでもいい不満ですが、物語のほとんどが金持ちの豪邸内部で進行するので、ロケーションにこだわる自分としてはやや残念でした。豪邸の中もモデルルームみたいで生活感があまりなかったし。それとも金持ちの生活ってあんな感じなのか……。

 とにかく、これから観るっていう人がうらやましいね。繰り返しますがぜひ予備知識なしで! 観たあとはぜひこの文も含め、ネタばれレビューの数々を楽しんでください。

--

written by 塩こーじ

かりるーむ株式会社(cariroom)
TOP http://cari.jp/
社長紹介 http://cari.jp/pr/
空室一覧 http://cari.jp/room/
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。