ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
yojiyoji556
BLOG HOME
Calendar
<<3月>>
.....12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
Category
なし(10)
→リスト表示する
Archive
2019年02月 (1)
2019年01月 (1)
2018年12月 (1)
2018年11月 (1)
2018年09月 (1)
2018年07月 (1)
2018年06月 (1)
2018年04月 (1)
2018年02月 (1)
2018年01月 (1)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
sunya
「ツォンカハ&#1244...
gsoy
まだ桜が見えるよ!...
sano3661
4月になりました。...
asobow
令和元年 10万円にスタ...
tonton
非日常性について...
tonton
食事風景
tonton
記憶に関することについて...
tonton
デジタルビデオ...
sunya
「小池龍之介さんの解脱失...
Messages
釣りで一番楽しかった思い...
ルアーフィッシングの醍醐...
釣りスポットを発見!...
初めてのブラックバス釣り...
海釣りへ仲間と行ってきま...
三浦半島でシロギスのボー...
アユは釣って良し食べて良...
手長エビ釣りが天竜川の密...
沖でドラゴンタチウオがヒ...
夜の電気ウキ釣り...
→リスト表示する
1 | 2 | 3 | 4 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁3件 1/4(10件)
2019/02/04 22:59:55 プライベート♪
釣りで一番楽しかった思い出
大学生の時間のあるときに行った釣りがとっても楽しかったなと思います。結果からいうと、大きなコイ匹しかつれなかったのですが、なんとも楽しい釣りの思い出です。

それは、大学3年生のころ、友達と湘南に釣りに行きました。夜に湘南に到着して、そこから釣り始めました。夜釣りということで、それなりの装備はしていったのですが、釣り方は、昼間と同じだろうといういことで、普通に防波堤から釣り糸を垂らしていました。

このなにが素晴らしかったかというと、大自然の中、夜の静かな海というのが本当に最高でした。静かに波の音だけが聞こえて、釣り糸が垂れているという状態です。

時間は、たっぷりあったので、次の日の、正午くらいまで釣りをするつもりで来ていました。

それから、夜の間中、友達とくだらないことを話しながら、ひたすら、釣り糸を垂らしているという状態です。本当に、こんな時間を共有したら、友達と仲良くなるよなと今でも思います。

そして、夜明けがやってきました。夜明けまで、誰も一匹もつれていない状態でした。それでも、夜明けの景色があまりに素晴らしく、楽しんでいる自分がいました。

もちろん、釣れたらもっと楽しいと思うのですが、釣れなくても最高の思い出になったなと思いました。

それから、昼間になるまで、釣り糸を垂らし続けました。しかし、エサが食べられることはあるのですが、一向に釣れません。

そんな状態で10時間近く続いたので、友達がようやく場所を変えようかと言ってきました。もう少し、川に近いところにしようといいました。

そして、場所を変えてすぐ、正午くらいになるころに、一匹のコイが連れました。とても大きなコイです。釣れるという感覚を味わえただけでも感謝でした。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2019/01/16 22:58:07 プライベート♪
ルアーフィッシングの醍醐味
今回はこれから海釣り、もしくはルアーフィッシングを始める方や興味がある方に私が経験してきたルアーフィッシングについてお話を聞いていただければと思います。

私が釣りに興味を持ち始めて10年ぐらい経ちます。今思い返せばやり始めた頃と今現在では、ルアーフィッシング界も時代が少しずつ変わったのではないかと思います。(各地域差はあると思いますが・・・)

私がルアーフィッシングを始めた頃は、シーバスフィッシングが主流でした。シーバスフィッシングといえば河口からショア(磯や防波堤)まで幅広い範囲で楽しめる釣りで、ルアーも様々なしゅるいがあり、フローティングミノーと呼ばれる表層をまるで小魚のように泳ぐものがあったり、シンキングミノーという沈みながら泳ぐものもあります。

また個人的に一番楽しかったルアーがトップという水面の上に浮かびながら泳ぐもので、日中であればバイト(ルアーを飲み込む事)の瞬間が見えるので非常に迫力があり最もテンションがあがる瞬間でした。

またそのシーバスフィッシングも河口や港湾内などでする方は夜間や早朝にするようでランカーといった80cmを超える大物が釣れるのが醍醐味だそうです。

またそのシーバスフィッシングも人口が増えてきてやりにくくなってきたので、ショアジギングというジグ(鉛やタンぐステンでできたルアー)を使って青物(カツオ・サバ・ハマチ・ヒラマサなど)を狙うルアーフィッシングに変えました。

ショアジギングはシーバスフィッシングと道具が違いロッドもラインもリールも大きくて高いものに変えないとできません。

あと釣れる場所も磯がメインとなり河口や港湾じゃ狙った魚がいませんし、釣れる可能性も低くなります。

ただ釣れた時の魚の引きや衝撃はシーバスフィッシングの比にならないぐらい強く、癖となり釣れなくてもまた行きたくなるような釣りでした。

私もルアーフィッシングしかしたことがないので、エサ釣りのことがよくわかりませんが、一つだけ言えることが誰でも気軽に始めれるのはサビキ釣り(オキアミを使ったアジメインの釣り)かエギング(エギというルアーを使ったイカ釣り)だということです。

釣りを始めるときは、まず自分がエサ釣りなのかルアーフィッシングなのか吟味したうえで極めて行くのがいいかもしれませんね。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2018/12/04 22:58:26 プライベート♪
釣りスポットを発見!
仕事柄、営業なので彼方此方へ出かけることがあり、けっこう出張も多いので新幹線に乗って出張先へ行くことも多いです。

こないだ出かけた出張先は、海の近くだったので、ちょっと仕事帰りに立ち寄ってみると釣り好きな方が沢山いたので、釣りの様子や釣れる魚や餌について色々と聞いてみました。

そしたら、やっぱり釣り好きだとわかったようで、朝早くから釣りやってるから、一度来てみたら〜と誘いを受けたので興味を持ちました。みなさん、お近くの方ばかりではなく、遠方から車で来ている方もいるようで、駐車場も教えてもらったし、釣り情報をもらったので今度の休みを利用して行くことにしました。

営業をしているとこうして今まで知らなかった釣りスポットを発見することができるので、なかなか良いですね。ちょっとした楽しみになっています。普段は、なかなか情報収集するのが大変ですし、ネットで情報を集めるとしても行って現場を見ていないので想像と違ったなぁという印象を受けることも多々あります。ですが、こうして釣りスポットを発見すると、仕事が休みになるのが楽しみになり、出かけるのが待ち遠しくなります。

釣りスポットを知って、やはり出かけることができたので、とても満足していますね。今度、釣りスポットへ出かける時にはカメラを持って行き、写真を撮ってブログに掲載するつもりです!ブログは釣り仲間が見ているので、けっこう釣りスポットを開拓して写真をアップすると皆、そこへ行くようになり、集まる機会になるし、楽しいですよ!

私の日常生活の一部として釣りスポット開拓は楽しみになりました。やはりこうした自然を感じながら釣りをするのはリフレッシュできるし良いですね!
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ 1 | 2 | 3 | 4 | 次ページ≫ [最終]
Profile
yojiyoji556
性別
年齢
誕生
星座
Parts
つりよかでしょう。
釣行前の参考にしています。

海水温表
海水温でタイミングを見ています。

tide736.net
釣行時に潮汐をみるならこれですね。

缶バッチファクトリー
オリジナルグッズを作成しました。

Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。