ソフトンハウス・トップへ
tonton
できごと
こんなこともありました。
BLOG HOME
こんなこともありました。
Calendar
<<12月>>
......1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Category
グッズ(3)
テレビ(4)
ドローン(1)
なし(4)
ニュース(24)
ミステリー(4)
ロボット(1)
映画(1)
音楽(14)
外国(2)
気象(2)
恐怖(1)
経済(1)
省力化(1)
乗り物(1)
政治(5)
装飾(1)
動画(22)
日記(9)
日常生活(8)
→リスト表示する
Archive
2018年11月 (4)
2018年10月 (4)
2018年09月 (8)
2018年07月 (3)
2018年06月 (4)
2018年05月 (3)
2018年04月 (6)
2018年03月 (3)
2018年02月 (4)
2018年01月 (3)
2017年12月 (1)
2017年11月 (1)
2017年10月 (2)
2017年09月 (4)
2017年08月 (2)
2017年07月 (1)
2017年06月 (2)
2017年05月 (1)
2016年05月 (1)
2016年03月 (1)
2016年02月 (2)
2016年01月 (2)
2015年12月 (2)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
kortodarma
<答え>
asobow
新元号にスタート 10万...
sano3661
今年も
kortodarma
<国会>
kortodarma
<タダ>
gsoy
今年もやっと冬がきた...
kortodarma
<だいこん>
tonton
ラジオ番組について2....
tonton
ラジオ番組について1....
tonton
英語がわかるようになれる...
tonton
省力化及びアイデア・グッ...
Messages
ラジオ番組について2....
ラジオ番組について1....
英語がわかるようになれる...
省力化及びアイデア・グッ...
自動販売機(Vendin...
面白ライブカメラ2....
最近印象に残った音楽につ...
最近印象に残った音楽につ...
よく耳に入って来る企業...
大きな彫刻その他...
保存食や非常食について...
自然災害の多い昨今...
島 アイランド...
箱庭ミニチュアガーデン盆...
キャンピングやハイキング...
100均ショップなどでの...
移動手段いろいろ...
いかにも人間臭い動物たち...
集中豪雨を始めとする異常...
主に小学生によるジャズや...
→リスト表示する
[新着順]  [最初] ≪前ページ 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁3件 27/37(109件)
2015/04/22 18:41:39 プライベート♪
ニュース
Droneが早速ニュースになった
今のところドローンを飛ばすにも規制がなくて、そういう状況の中で早くも総理が外遊中に官邸にドローンが落下して微量の放射線が感知されたニュースが流れた模様。誰が飛ばしたか判明せずその特定を進めているとか。これも想定内といえば想定内になる。

このような場合これまでの例ではあらゆることを想定するという思想が無いために規制はまず起こってみないと分からないし規制のしようがないというのが政府の言い分だろう。
これは米国が販売を解禁してしかも宅配便で使うことが目的のように説明がなされていたがこの1月にはホワイトハウスへも落下していて、この件については妨害目的ではなかったことが分かったらしい。

しかし開発は軍事目的で無人戦闘機を製造し実用として過去用いられて来たもの。
作る側と利用する側が意図を同一にするとは限らない。このようなものは空撮とか映像では威力を持つかもしれないが、少なくとも運搬を目的にする場合は50キロぐらいの重さのものが運べなくてはむしろ経費がかかるという感じがする。

もちろんこれぐらいの重さであれば1キロぐらいのものが運べるものとは規模も違ってくる。それによってバッテリー容量やその持ち時間、飛距離も違ってくるし、被災地などへ食糧や飲料を運ぶような重いものを運ぶとなるならむしろヘリコプターのほうが実用性があるとも言える。但し命の保証はあるかもしれないが。

冬山登山での遭難などで果たして活躍するだろうか。現在の規模では子供用の趣味のラジコンヘリを飛ばすようにも見える。こんなのが多く飛ぶようになると衝突落下で買い替えや損害賠償などが多発して、保険料を支払うことは目に見えている。

米国と違って隣家との距離は近く電柱の数は多いし電線が張り巡らせているところを交わしながら飛行するのでは事故も起きかねない。

本日のニュースを聞くとふと飛躍した考えにも至るというもの。軍事目的で作られたものが軍事やテロに利用されないかどうかという問題もある。これは何とかハードと違って自殺行為ではないので爆弾を作れる場が整っていると世界に広まりはしないかも気になるもの。各地で予想外のことが多発するぐらいなら製造販売は禁止すべきとの結論も出る。

購入者は製造番号と持ち主が分かるような届けも必要になるのではないかという気がする。銃社会の米国で銃を売るのと同じ感覚を覚えるもの。この売り出し方には他の国においては問題になる部分も多くあるのではと感じるけれど実際はどういう方向へ行くのだろうか。  http://aimall.web.fc2.com/movie_drone.htm
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2015/04/10 18:17:36 プライベート♪
ニュース
ニュースによるとこんなことが行われたとは想定外
韓国で親善試合を行うために当地に滞在していた埼玉県の高校のサッカー部員22人が試合終了日にソウル市内の複数の店舗でベルトや財布など70点額にして28万円相当の万引きを行っていたことが分かった模様。
大体こんなことを行う人物は事件のテレビ報道など見なくて、何に気をつけなければならないのか理解してない場合が多いと見られる。

少し前に仁川での元オリンピック選手がアジア大会で窃盗容疑で略式起訴され、この件では少なくとも多くの人々が注目しているというのに、この支持する力をそぎ落とそうとするような行為をやってくれたことになる。

あの事件も何か不自然なものがあるように思えるのだけれど。2015年に入っての裁判では前回通訳者がうっかりミスで法廷に出席しなかったと思っていたら、今回の法廷にも出席していないという。翻訳者の翻訳での伝え方もこの事件では重要な立場であり、当時間違った方向付けがなされたことも否めない。

当選手の監視カメラ映像も元本ではなく、映像をビデオカメラで撮った2次的なものであり不鮮明さは隠せない。原本は3時間にも及ぶらしいが、普通なら時刻表示がなされるので時間の経過が掴めるが、それが無いのでつなぎ合わせても分からない。

午前11時50分というのは正確なのか、しかし当人の姿は通路を通過するときには割合ユニフォームも鮮明に分かるけれども、遠方の位置から監視カメラが捕らえた映像では人らしき姿は確認できるものの当人であるのかどうかは判別し難い。 
建物の外部へ出て行く映像は2人映っておりその1人が左側にいてバッグらしきものを上に持ち上げる姿は確認できた。
遠方からの映像は黒っぽい影であり、これは専門的に解明する方法があるのかどうかは不明ではある。例えばもっと鮮明であれば拡大してピクセル単位でそのユニフォームの柄まで一致するかどうかも解析できるかもしれないが、不鮮明で区別が付かない。

サムスン電子等はこのような会場の監視カメラも引き受けているかと思いきや、相当前のカメラを引き続き使用している可能性もある。

プールで泳ぐ人もいたぐらいの中で犯行ができるかという疑問、少なくともカメラに関心がない人にとっては望遠レンズの取り付けられた一眼レフカメラの本体を盗もうと思ったら取り付け元のボタンを押して回転しなければ本体が外れないはずで、素人では時間もかかりまごつくもの。

1つの場所で行われたとしたら当人の弁によると人物が当人と合わせて2人映っていなければならず、これは3時間の映像を全部見ると現れているはずとの予測はつくのだけれど。

今となってはそのときにやってないと主張していたらどれぐらいの不利な状況に置かれることになったかはある程度は分かるが、1000万円ぐらい費用がかかると脅されたことも事実らしい。これも外国人が不利になることを承知でそういうことが告げられたとしたら問題ではある。冤罪といわず弁護士側も有無を言わせない進め方で良いところへ持って行って欲しいものではある。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2015/02/28 12:25:23 プライベート♪
テレビ
Droneがテレビに登場した
ドローンは現在発明されたものでもなく古くは1988年頃から我国でも農薬散布等に使用されていたらしい。

youtubeにおいても以前から見られていた。無人戦闘機は実用化されて実践にも使われていた。米国はここへ来て、見えるところならこれを使用して良いとして解禁したとされる。

用途としては宅配荷物の運搬とか、原発事故の跡地でこれを利用して作業を行うとか、映画の俯瞰撮影や追跡撮影に使う、あるいは検知して動く防犯カメラその他にいろいろアイデアがありそうだけれど果たして思った通り使えるものなのか。

原発など事故が起こったら人が近づけないようなものを作ったのがそもそも間違い。よってロボットを使うとなっても、持ち帰ったものに手を触れられないとしたら使い勝手も悪いし、ロボットにそんな人間のような作業が出来るとも思えない。途中でこけて起き上がれないとか力不足、あるいは電力不足になったらどうするのかという問題もある。

燃料電池を動力源として時間にして2時間超飛行できるとされるけれど重いものを遠くへ運ぶ場合問題はないのか。沢山飛ばされるようになると空中事故も起き易いし、そうなると修理や買い替えが必要になる。150メートル以下の高さで飛行できるとされるけれど、空中での飛行時間も通算で確認しておかないと重いものの運搬では飛行途中で落下もあり得るし1回の飛行に1回の充電が必要になるとすると事業としては沢山これを用意する必要がある。

これまでにハリウッド映画で込み入った雑木の間をぬっての追跡シーンはどうやって撮るのか興味も持っていたし、K-POPのライブなどでは会場の上部から自由自在に人物を撮るシーンが見られたが、舞台から後部に向かって撮る場面ではヘリコプターらしきものは映っていなかったので不思議にも思っていたもの。正体はこれだったのかもしれない。

もしガラス張りの家の中が見えるようにこれを飛ばしたり、落下したものが盗難に会ったりする可能性もある。何らかの取り決めも必要になってくるが、これが果たして善意で守られると思って良いものかあやふやなもの。宅配中に落下した場合には顧客に荷物が届かないことになり損害賠償問題にも発展する可能性もある。こんな事故を何回も起すとなると対応しきれなくなってしまうことも想定できる。

宅配荷物の場合には重いものはダメだとすると、例えば離島の場合はカナフレックスのような円筒状のものを海底に沈めてそこをリニアモーターカーで車両を繋いで運搬するような方法のほうが利用価値があると思われるけれど。

セキュリティの問題や法整備の問題も残されているようだけれど、果たして実用性があるのかどうかはよく判らない。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [新着順]  [最初] ≪前ページ 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 次ページ≫ [最終]
Profile
tonton
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。