ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
robinson
BLOG HOME
Calendar
<<12月>>
...1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
Category
なし(39)
→リスト表示する
Archive
2021年11月 (5)
2021年10月 (4)
2021年09月 (4)
2021年08月 (5)
2020年01月 (2)
2019年12月 (2)
2019年11月 (2)
2019年10月 (1)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
tonton
2021年11月の動画関...
tonton
国語教育や文学の役割・学...
tonton
文化にお金を使っている国...
tonton
江戸時代の力士、人足や大...
tonton
詐欺にかかりやすい理由と...
asobow
さあ&#128516; ...
tonton
2021年10月の動画関...
Messages
直交ロボットのデメリット...
金属3Dプリンターで造形...
産業用ロボットを活用して...
3Dプリンターの造形方式...
協働ロボットが必要とされ...
サーボモーターとステッピ...
コンデンサモータとは...
ナノレベルの3Dプリント...
BLDCモータとは?...
産業ロボットと協働ロボッ...
3Dプリンターと従来工法...
ステッピングモータの基本...
ステッピングモーターとは...
サーボモータとは...
3Dプリンターの素材、P...
3Dプリンタ活用の基礎...
なぜPLAは3Dプリンタ...
ステッピングモータの種類...
サーボモーターの特徴(メ...
金属3Dプリンターのメリ...
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁3件 1/1(1件)
2021/10/08 17:25:15 プライベート♪
3Dプリンターと従来工法(切削加工)の違い
これまでの試作品や治具の製作には、一般的に切削工法が用いられることが多かったのですが、1点あたりにかかるコストが高いなどの理由から、3Dプリンターが普及し始めました。
ここでは、3Dプリンターに用いられる3Dプリント(積層法)と従来工法の切削加工との違いを詳しくご説明します。

3Dプリント(積層法)とは
3Dプリント(積層法)とは、3DCADデータをもとにスライスされた2次元の層を一層ずつ重ねていくことで、立体物を造形する加工方法のことです。
立体物の余分な部分を削ったり切ったりして完成品の形に近づけていくのではなく、3Dプリンターで立体物を造形した時点ですでに完成品の形をしているのが積層法である、とお伝えするとわかりやすいかもしれません。
例えば球体を造形する際、3Dプリンターにデータを流し込んで造形を始めれば、初回の造形でデータ通りの球体ができあがります。そこに後追いで手を加える必要はありません。

切削加工とは
一方、切削加工とは、さまざまな工具を使って物体を切り削り、目的の形に削り出していく方法です。
大きめの材料から不要な部分を取り除く手法で、「除去加工」とも呼ばれています。
手間はかかりますが非常に高い精度を誇っており、実際の製品と同じ材料で試作をしたり、最終製品のパーツを製作したりする際に利用されることが多いです。
ただし、後述しますが、複雑な造形には向いていません。

----------------------------------------------------
skysmotor.comバイポーラステッピングモータ中空ステッピングモータなどを販売している専門的なオンラインサプライヤーです。お客様に競争力のある価格、または効率的なサービスを提供しております。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
Profile
robinson
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。