ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
mikamik
BLOG HOME
Calendar
<<9月>>
..12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
Category
なし(42)
雑記(4)
歯についてアドバイス(1)
歯科の健康(6)
歯科の情報(6)
歯科器具(3)
歯肉炎と歯周炎(2)
虫歯(2)
明るい(1)
恋愛(1)
→リスト表示する
Archive
2020年01月 (2)
2019年12月 (2)
2019年11月 (3)
2019年10月 (2)
2019年09月 (4)
2019年08月 (6)
2019年07月 (6)
2018年02月 (1)
2018年01月 (1)
2017年11月 (2)
2017年09月 (2)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
sano3661
スッキリしない...
sano3661
ここ数日で
Messages
歯科用消音エアーコンプレ...
根管治療とは??...
歯科用ハンドピースの分類...
根管治療の重要性...
歯科用LED光重合照射器...
当クリニックで扱っている...
標準化なイランプント手術...
歯内療法とは
矯正歯科について...
歯科超音波歯周スケーラー...
唾液検査でわかること...
ホワイトニングをしている...
根管長測定器が誤差を出す...
歯を白くするホワイトニン...
歯科の治療が痛くないのに...
歯科用LED光重合照射器...
ホワイトニングの6つの問...
ホワイトニング...
その歯の激痛は「歯」が原...
歯科用ハンドピースの消毒...
→リスト表示する
[最新順表示]  1 件
 [リストを表示] 1頁3件 1/1(1件)
2019/09/24 17:36:38 プライベート♪
唾液検査でわかること
むし歯菌の数
むし歯菌が多いと、歯の表面に歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯の健康を損なう事が知られています。

酸性度
唾液の酸性度が高いと、口腔環境は酸性となり、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすいことが知られています。

緩衝能
唾液には、むし歯菌や植物由来の酸を中和する機能(緩衝能)がありますが、その働きが弱いと、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすいことが知られています。

白血球
歯と歯ぐきの間で細菌や異物が増加すると、生体の防御作用により唾液中の白血球が増加することが知られています。

タンパク質
口腔内細菌や、歯と歯ぐきの間にあるバイオフィルム(プラーク)の影響により、唾液中のタンパク質が多くなることが知られています。(口腔内カメラ

アンモニア
口腔内の細菌総数が多いと、唾液中のアンモニアが多くなることが知られており、口臭等の原因になるといわれています。(歯科診療ユニット
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ [最新順表示]  1 件
Profile
mikamik
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。