ソフトンハウス・トップへソフトンハウス・写真の旅へソフトンハウス・家族だワンにゃんへソフトンハウスTOP 
kaede555
BLOG HOME
Calendar
<<7月>>
......1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Category
なし(4)
→リスト表示する
Archive
2017年03月 (2)
2017年02月 (2)
→リスト表示する
Parts
パーツはありません。
Latest Blog
零の旅人
ちょっと新潟まで...
kortodarma
<連れて>
前野岳洋
仲人としての最初のロきき...
kortodarma
<アリとセミ>...
asobow
スマホ、ひとり遊び、ぐに...
kortodarma
<ミサイル>
kortodarma
<タダ>
guntaro
既に7月Σ(・∀・|||...
kortodarma
<回文>
guntaro
今年もやりますでござるの...
kortodarma
<実感>
Messages
メイクの欠点
ネイルケア
化粧の良いところ...
メイクの良いところ...
→リスト表示する
1 | 2 | 次ページ≫ [最終]
 [リストを表示] 1頁3件 1/2(4件)
2017/03/03 21:29:26 プライベート♪
メイクの欠点
残業、終電帰りの食事会、見逃せない深夜のスポーツ観戦・翌日の幼稚園のお弁当や食事の支度…。皮膚に良くないと知ってはいても、実は満足できるだけの睡眠を取れない人が大半を占めると思われます。
なんとかしたいとの一心で自己流のマッサージをする人もいますが、ことさら目の下は弱くて繊細なので、ゴシゴシ力任せの粗っぽいマッサージは逆効果になります。
動かずに硬直した状態では血行も滞ります。その結果、目の下の部分を始め顔の筋繊維の力が低下します。そこで顔中の筋肉も適切なストレッチをしてあげて、時折緊張をほぐすことが大事です。

更に、肌のたるみに大きく影響しているのが表情筋。これはいろいろな表情を操る顔に張り巡らされている筋肉のことです。皮膚のコラーゲンと同じように、この筋力も老化とともに衰えてしまいます。

メイクの欠点:ランチタイムには化粧直ししなければいけない。クレンジングしてすっぴんに戻った時のギャップ。メイク用品にかかるお金が案外馬鹿にならない。ノーメイクだと人に会えないある種の強迫観念。
白くきれいな歯を維持するために、奥歯の裏側まで入念にみがくことを忘れないで。キメ細やかな泡立ちの歯ミガキ粉と毛先の口当たりが優しい歯ブラシで、ゆっくりとケアをしましょう。

女性が読む雑誌においてまるでリンパ液の滞留の代表格のように語られる「浮腫」には大別すると、体の中に病気が潜んでいる浮腫と、何も病気を持っていない健康な人でもみられるむくみがあるのだ。

深夜残業、終電帰りの飲み会、深夜に至るスポーツ中継・翌日のお弁当作りや朝食の支度…。皮膚に悪いと知ってはいても、実のところ理想とされる8時間もの睡眠時間を持てていない人が大半を占めているのは明らかです。
皮ふの乾燥の要因の一つである角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の減量は、アトピー患者などの先天的な要素によるものと、老化現象やスキンケアコスメや洗浄料による後天的要素によるものの2種類に分かれます。

日本皮膚科学会の判別基準は、@酷い掻痒感、A特殊な発疹とその広がり方、B慢性と反復性の経過、3項目すべて合っているものを「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」といいます。
軟部組織マニプレーションというのは周辺の筋肉や骨が災いして位置が不安定にあってしまった臓器を元々収められていなければいけない場所にもどして臓器の作用を正常化するという治療法です。



ダイエットに効果的ということで名を馳せたデトックスとは、身体の中に蓄積してしまったあらゆる毒を体の外へ出すというシンプルな健康法で正式な医療行為ではなく、代替医療に大別される。「取り除く=解毒」という意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」の短縮形であり、本来は肝機能にまつわる言葉である。

歯のビューティーケアが肝心と捉える女性は増加しているものの、実際にやっているという人はそう多くはない。その理由としてもっとも多いのが、「自分だけではどのようにしてケアすればよいのかよく分からない」というものらしい。
スポーツなどで汗をたくさんかいて体のなかの水分量が減ると自然に尿量が減らされて体温を調節する汗用の水分が溜められるため、この余剰分の水分がそのままあのむくみの原因になると考えられています。

肌の弾力を司るコラーゲンは、特に春から夏にかけての強い紫外線に当たってしまったり何らかのダメージを何度も受けてしまったり、心や体のストレスが積もり積もって、潰され、行く行くは生成することが難しくなっていくのです。

とりすぎ注意!葉酸の効果とサプリの選び方
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/03/03 21:28:08 プライベート♪
ネイルケア
普通は慢性へと移行するが、最適な加療によって患部が抑制された状態に維持されれば、自然寛解(しぜんかんかい)も予期される疾患だ。
リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という造語には、肉体的に損傷を受けてしまった人のリハビリと同様、顔や体の外見にダメージを受けた人がもう一度社会へ踏み出すために学ぶ手技という意味があるのです。

美容外科というのは、由緒正しき外科学の一種で、医療目的の形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作る、surgery…外科)とは別種のものである。加えて、整形外科学と間違われがちだがこれとはまったく分野の違うものだ。

湿疹や掻痒が特徴のアトピーとは「場所が限定されていない」という意味を持つアトポス(ギリシャ語)を語源とし、「遺伝的な因子を持った人だけに症状が出る即時型アレルギー反応に基づいた病気」を表すものとして名付けられたと言われている。

体に歪みが生じると、臓器は互いに圧迫し合って、つられてそれ以外の臓器も引っ張り合うので、位置異常、内臓の変形、血液や細胞の組織液、ホルモンの分泌にも芳しくない影響をもたらすということです。

辛い湿疹や掻痒が出るアトピー性皮膚炎の主因には、1.腸内・皮膚・肺・口腔内等の細菌叢(フローラ)、2.遺伝、3.栄養面での要因、4.環境面でのトラブル、5.1から4以外の考え方が主流だ。

爪の伸びる様子はまるで木の年輪のように刻まれるというものであることから、その時点での健康状態が爪に出ることがよくあり、毛髪と共通するように目に入って気付きやすいため健康のバロメーターとも呼ばれているようだ。

コラーゲンは、一年中降り注ぐ紫外線を受けたり化粧品による刺激を長期間に渡って受けてしまったり、精神的なストレスが徐々に積み重なったりすることで、損傷を受け、行く行くは生成されにくくなってしまうので注意しなければなりません。
美容外科医による手術を受けたことについて、恥だという気持ちを抱く方も結構多いため、施術を受けた人たちの名誉とプライバシーに損害を与えないような心配りが必要とされている。

ネイルケア(nail care)というものは、手足の爪のお手入れのこと。ヘルスケア、美容、ファッション、医学的な処置、生活の質の保全というような多岐に渡る活躍の場があり、今やネイルケアは確立された分野となっているのは言うまでもない。

ビタミンA誘導体であるトレチノイン酸を用いた治療は、頑固な濃いシミを数週間単位という早さで淡色にするのに格段に優れた治療法で、原因不明の老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・女性ホルモンと関わりがある肝斑(かんぱん)・赤く残ってしまったにきび跡などに最適です。
化粧の悪いところ:昼にはお化粧直しをする必要がある。すっぴんに戻った時に毎度訪れる落胆。コスメの出費が結構痛い。メイクしてからでないと外出できないという強迫観念に近い呪縛。

ダイエットで一躍名を馳せたデトックスとは、体の中に澱のように溜まった不要な毒素を排出するという健康法のひとつで民間療法や代替療法に分類されている。「detoxification(解毒)」を短く言い表した言葉です。

早寝早起きはもちろんのこと、週2回以上楽しい事を続ければ、心身の健康力は上がると考えられています。このような症例も起こり得るので、アトピー性皮膚炎に悩んでいる人は皮膚科の専門医を受診して相談しましょう。

美容成分としても名高いヒアルロン酸は人間の細胞と細胞の間に多数存在し、水分を蓄えたり衝撃を吸収するクッションの働きをして大切な細胞を防護していますが、老化とともに体の中のヒアルロン酸は年々少なくなるのです。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
2017/02/18 15:23:42 プライベート♪
化粧の良いところ
化粧の良いところ:メイク後は自分の顔立ちを少しだけ好きになれる。顔のニキビ・クスミ・毛穴の開き・ソバカス・ひっかき傷等を隠すことが可能。時間をかけて素敵になっていくおもしろさやドキドキ感。

メイクの利点:新しいコスメが出た時の物欲。素顔とのギャップがおもしろい。様々な化粧品にお金を費やすとストレスを解消される。メイクをすること自体に好奇心を抱ける。

メイクアップの欠点:涙が出るとあたかも修羅のような怖い顔になってしまう。わずかにミスしただけで派手になってしまい自爆してしまう。顔の造形をごまかすのにも甚だ苦労する事。

アイラインやマスカラなどのアイメイクを落とすときに化粧をしっかり落としたい一心で強く洗い続けていると肌が荒れたり発赤などの炎症を起こして色素沈着が起こり、目の茶色い隈の一因になるのです。

日中なのに、いつもはさほどむくまないはずの顔や手がパンパンに浮腫んだ、十分な睡眠を取っているのに下肢のむくみが取れない、といった場合は疾患が潜んでいる可能性があるので内科医の迅速な処置を直ぐ受けることが大切です。

足などの下半身は心臓から離れているため、重力の関わりでリンパ液の移動が滞留するのが一般的だろう。むしろ下半身に起こる浮腫は、リンパが少しだけ悪くなっているという表れ程度のものだと捉えたほうがよい。
この国では、肌色が明るく黄ぐすみや目立つシミが出ていない状態を好ましく受け止める慣習が現代より前からあり、「色の白いは七難隠す」という有名な諺もある。

美白(びはく)という美容法は2000年以前に美容研究家で化粧品会社創業者の鈴木その子が必要性を説いてブームになったほどだが、それよりももっと前からメラニンが原因の様々な皮ふトラブル対策に対し用いられていたようだ。
美容雑誌でまるでリンパ液の滞留の代名詞であるかのように表現される「浮腫」には大別して、体のどこかに隠れている病気によるむくみと、健康面で問題のない人でも発生するむくみがあるということだ。

歯の美容ケアが肝心と感じる女性は多くなっているが、行動に移している人はまだ少数だ。その理由の中で最も多いのが、「自分だけではどのようにケアすればよいかいまいち分からないから」ということだ。

美容の悩みを解決するには、とりあえず自分の内臓の状態を把握してみることが、問題解決への近道といえます。果たして、一体どんな手段を用いれば自分の内臓の具合がみられるのでしょうか。

メイクの悪いところ:皮ふへの影響。毎日の化粧が面倒くさくてたまらない。化粧品を買うお金がやたらめったらかさむ。肌が荒れる。お直しやメイクをする時間がもったいないこと。

デトックスというのは、専用の健康食品の使用及びサウナで、そうした人体の有毒な物をできるだけ体の外へ流そうとする健康法のひとつの事を言うのだ。
皮膚の美白指向は、90年代の初めから徐々に女子高校生などに人気を博したガングロなど、不自然なほど極度に日焼けする独特なギャル文化への警鐘ともとれる思いが入っているのだ。

頭皮のケアは通称スカルプケア(scalp care)とも言われているお手入れ方法です。スカルプは髪の問題の代表である「抜け毛」「うす毛」にとても深く繋がっていると同時に、顔のたるみにも影響を及ぼしているのです。
TB(0) | 記事URL |コメント |通報
画面TOPへ 1 | 2 | 次ページ≫ [最終]
Profile
kaede555
性別
年齢
誕生
星座
Parts
パーツはありません。
Favorite
お気に入りはありません。
Parts
パーツはありません。
今日
今月
累計
掲載情報などの無断転用・転載を禁止します。著作権は 株式会社ソフトウエア開発 に属します。
本サイトに関するお問い合わせ、広告等の掲載依頼は ソフトンハウス運営チーム までご連絡ください。